知らないと恥をかく一般常識の壁

年金の基本!わかりやすいQ&A形式で解説


『 国民年金について理解してみよう 』


20 歳になると毎月納めていかなければならない国民年金ですが、結構知らないという方も多いと思います。 ← 私

そこで今回は、年金なんて気にも留めていなかったという方でも一から学べるようにわかりやすくまとめました。( 最終更新:2011年4月 )


保険料っていくらなの?


平成 22 年度の国民年金保険料は、性別・年齢・所得に関係なく一律 15,100円 / 月 です。


昔の納付額は月額 13,860 円だったけど増えたの?


増えました。


  • 平成17年4月 ~ 平成18年3月までは月額 13,580 円
  • 平成18年4月 ~ 平成19年3月までは月額 13,860 円


と徐々に増えていて、平成 22 年度からは月額 15,100 円になります。

今後も国民年金保険料は増えていく予定で、平成 29 年度まで毎年月額 280 円ずつ引き上げられ、最終的には月額 16,900円 まで上がる予定です。

しかし、実際の保険料は物価の伸びなどで決まります。これは急速な少子高齢化と、その時の経済状況に対応するためです。

年金の納付と給付のバランスをとり、できるだけ保険料が上がるのを抑え将来の保険料額を明確にするために、このような政策がとられたようです。

ちなみに、基礎年金の国庫負担を 1/3 から 1/2 に引き上げることで、どの世代でも納付した保険料の 1.7 倍以上の年金が受け取れる試算となるようです。


国民年金はどうやって支払えばいいの?


日本年金機構から送られてくる


納付書 ( 国民年金保険料納付案内書 )


で納めることになります。

納付場所も、平成 14 年 4 月から


  • 全国の金融機関 ( 銀行・農協・漁協・信用組合・信用金庫・労働金庫 )
  • 郵便局 ・ ゆうちょ銀行
  • コンビニ
  • 日本年金機構の窓口


で納めることができるようになりました。ただし、市役所(支所)の窓口では納付案内書を発行したり、保険料を納めることはできないので注意してください。

なお、口座振替(自動振込)も可能です。ちなみに、口座振替の申し込みや引き落としには一切手数料が掛かりません。また、毎月の保険料を当月末払いにすると、1 ヶ月 50 円の割引が適用されます ( 翌月末払いだと割引されません )。

口座振替の手続きは、社会保険事務所や金融機関・郵便局でできるようなので、気になる方は相談してみましょう。

国も国民が納付してくれるように、いろいろと考えて対応しているようです。


保険料は、まとめて納めることもできるの?


できます。これを 保険料の前納制度 といいます。

保険料を前納した場合、その期間に応じて保険料が割り引かれるので、若干ですがお得になります。

たとえば、平成19年11月 ~ 平成20年3月分 を前納すると…


  • 月別保険料計 : 14,100 × 5 = 70,500 円
  • 前納額 : 70,040 円


となり、460 円お得になります。


経済的に苦しいときは免除はしてもらえるの?


免除してもらえます。詳しくは 「 年金保険料を払えないときはどうしたらいいの? 」 でまとめました。


免除されていた保険料は後で納めることはできるの?


できます。詳しくは 「 年金保険料の後払いができる追納制度とは? 」 でまとめました。


未納期間があるけど今から納めることはできるの?


国民年金の保険料は、納付期限から 2 年以内であれば納めることが可能です。

納付期限から 2 年を過ぎると、時効になってしまうので納めることができなくなります。ただし、2 年という期間は 2011 年以降からは 10 年以内に引き伸ばされる予定です。

これは将来年金がきちんと支払ってもらえるのかという不安が蔓延したことや、社会保険庁による杜撰な管理、グリーンピア問題といったことが重なり、年金制度そのものに対する不信感が強まった結果、年金保険料の未納者が増えてしまったからです。

加えて、未納者が増えれば年金制度は成り立たないとも言われてきたため、不信感はさらに強まりました。しかし、実際は未納者がいても年金制度は成り立ちますし、将来年金制度も破綻はしません。となると、困るのは不安を煽られて一時的に払わなくなった未納者です。


 な ん で ?


払わなかった分は将来の年金の受取額に影響するからです。つまり、もらえる額が減ってしまうわけですね。

これだと将来への不安から消費を抑えたりすることにも繋がり、経済に悪影響が出てしまいますよね。

そこで、2 年だった期間を 10 年に広げることで、不安を理由に払わなかった人も払えるように変えるわけです。この辺りは以下の書籍でも解説されているので参考にされてください。



厚生年金保険に入ると国民年金はどうなるの?


厚生年金保険が適用されている事業所 ( 会社など ) に勤めれば、自動的に国民年金に加入することになります。これを


国民年金 の 第 2 号被保険者


といいます。

この保険料は、自分が加人している厚生年金保険が国民年金の費用を負担しているので、自分で金融機関などに出向いて国民年金の保険料を納める必要はありません。

つまり、会社が天引きして払ってくれていると考えればわかりやすいかと思います。そのため、会社勤めで厚生年金に入っている方は、国民年金のことは心配しなくて大丈夫です。


結婚した場合どうなるの?


現在、第 1 号被保険者 ( 国民年金に入ってる人 ) が、厚生年金や共済組合に加入している人と結婚して扶養されることになったら、


第 3 号被保険者


となるので、扶養される人は保険料を納める必要はありません。つまり、旦那さんが勤めている会社が給与から天引きして保険料を払ってくれるということです。

結婚して旦那さんに扶養されることになったら、14 日以内に 「 第 3 号被保険者関係届 」 に年金手帳などの必要となる添付資料を添えて、旦那さんの勤める会社、または共済組合に提出しましょう。


学生も保険料を納めなければならないの?


20 歳以上であれば、学生でも国民年金制度に加入して年金保険料を納付しなければなりません。

しかし、基本的に学生は所得がないので、学生納付特例制度 の手続きをして承認されれば、学生の間は納める必要はありません。( 学生を未納から守る免除制度とは?

でも、これは 「 納めなくてもいい 」 ということではなく、「 払うのを延期させているだけ 」 なので勘違いしないように注意しましょう。学生本人が社会人になったら、納めてない分を少しづつ納めていかなければなりません。

ちなみに、この先延ばしすることを 猶予 と言います。


海外在住の人はどうやって納めるの?


海外に居住していても、日本国籍の方であれば国民年金に任意加入することができます。

これから海外に転居されるのであれば、市区町村役場の窓口 で任意加入の手続を行いましょう。一方、既に海外に住んでいるのであれば、日本で最後に住んでいた地域を管轄する日本年金機構で行います。また、日本国内に住所を有したことがない方も、日本年金機構の窓口で行うことができます。

納付方法は以下の 2 通りです。

  • 国内にいる親族等の協力者が、本人の代わりに納付する
  • 日本国内に開設している預貯金口座から口座引落する


付加保険料ってなに?


自営業の方などは国民年金に加入していますが、厚生年金や共済年金と違って将来もらえる金額が少なくなっています。これだと老後の生活が心配ですよね。

そこで、国民年金の加入者も将来もらえる金額を多くするために、追加でお金を納めることで将来もらえる年金額を増やすことができます。このときに支払うお金を 付加保険料 といいます。

国民年金の保険料は、平成 22 年度は月額 15,100 円ですが、これ以外に月額 400 円を追加で納めると老齢の基礎年金に付加年金が上乗せされます。ちなみに、これは積立の年金になります。

受け取れる付加年金額は、


  • 付加年金額(年額) = 200円 × 付加保険料を納めた月数


です。

付加保険料を納めることができるのは、農業や自営業などの国民年金の第 1 号被保険者のみです。厚生年金などに加入している人は納めることができません。

付加保険料を納めることを希望する方は、日本年金機構に問い合わせてみましょう。


年金について簡単にまとめるとこんな感じです。

参考にしてください。


お金を賢く運用してみよう



買い物の支払いも 賢くしてみよう



不要なものを賢く処分してみよう






スポンサーリンク



保険と年金の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク