知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!治療を受ける際に健康保険や労災保険は使うべき?


『 交通事故の際、健康保険や労災保険を使った方が良いケースとは? 』


交通事故で怪我をすると病院で治療することになりますが、その際に使う保険には、


  • 自由診療 ( 自賠責保険を使った診療 )
  • 保険診療 ( 健康保険や労災保険を使った診療 )


の 2 種類あると前回の記事で説明しました。( はじめての交通事故!Q&A 形式でわかりやすく解説!

2 つあるということは、どちらかを選ばなければなりません。


一般的に、交通事故に遭った場合は加害者が加入している自賠責保険を使うことになります。自賠責保険は自由診療ですから、健康保険や労災保険を使ったときよりも良い治療を受けられることがあります。

そのため、使えるのであれば自賠責保険を使った方が良いのですが、場合によっては健康保険や労災保険を選んだ方が良いこともあります。

それはどんな時だと思いますか?


意外と わからない方も多いと思います。 ← 私

そこで今回は、健康保険や労災保険を使った方が良い交通事故のケースについてまとめます。( 最終更新:2015年1月 )


どんなときに健康保険や労災保険を使った方がいいの?


健康保険や労災保険を使った方が良いとされるのは以下のような場合です。


  1. 相手が任意保険に加入していないとき
  2. ひき逃げ や 加害者が自賠責保険に未加入のとき
  3. 自分にも非があるとき


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.相手が任意保険に加入していないとき


加害者が自賠責保険には加入しているけれども、任意保険には加入していないというときは、健康保険や労災保険を使う方が良いかもしれません。

自動車保険には限度額というものが設けられています。つまり、「 事故の際はこの金額まで補償します 」 という金額が設定されているというとこですね。

この限度額は、治療費はもちろん慰謝料などの金額も含めたものです。

もし、治療費が高くなってしまうと保険で慰謝料をカバーすることができなくなり、超えた分については加害者が自費で支払うことになります。

加害者に支払い能力があれば問題ありませんが、そうでなければ慰謝料を払ってもらうことは難しくなります。

そのため、加害者が自賠責保険にしか加入していないのであれば、健康保険や労災保険を使って治療し、できるだけ自賠責保険を使わないよう被害者側が配慮することが必要となります。


ちなみに、自賠責保険の限度額は 120 万円です。

金額だけ見ると十分なように思えるかもしれませんが、実際は治療費だけで 120 万を超えてしまうこともあります。そのため、自賠責保険の補償額は少ないということを認識しておかなければなりません。

ただし、健康保険でカバーできる治療の範囲は限られているので、心配な方は事前に専門家へ相談されることを お勧めします。( 専門家の相談窓口は記事下で紹介します。 )


一方、加害者が自賠責保険と任意保険の両方に加入していて、任意保険の補償額が無制限となっているのであれば、上記の心配はいりません。詳しくは、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

では次に、自賠責保険に未加入のケースについても見てみましょう。


2.ひき逃げや加害者が自賠責保険に未加入のとき


ひき逃げ や 加害者が自賠責保険に加入していないときは、健康保険 か 労災保険 を使うようにしましょう。

なぜなら、このような場合は自賠責保険を使うことができないからです。加害者が自賠責保険に未加入の時はもちろん、ひき逃げで加害者を特定できないときも使うことはできません。

ですので、健康保険や労災保険を使わざるを得ません。


ちなみに、こうしたケースでは被害者は加害者から損害を補償してもらえないので、泣き寝入りするしかないと思われるかもしれませんが、その必要はありません。

こうした場合に備えて国が、政府保障事業 というものを用意してくれているので、こちらに請求することができます。詳しくは、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


3.自分にも非があるとき


あなたにも非がある場合も、健康保険や労災保険を使った方が良いかもしれません。

なぜなら、あなたにも過失がある場合は、示談交渉の際に過失相殺で減額されてしまうことがあるからです。( 過失相殺ってなに?

自賠責保険は自由診療なので治療費が高くなることが多いのですが、健康保険や労災保険では治療費を抑えることができます。詳しくは、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


健康保険と労災保険を使った方が良いとされる交通事故のケースについてはこんな感じです。

個々の事故によっても変わってくると思うので、念のため事前に専門家に相談されることを お勧めします。

相談窓口 や 弁護士の探し方 については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために



保険について理解する



事故車の対処について



専門家へ相談する前に






スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク