知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!交通事故証明書ってなに?


『 交通事故証明書について理解してみよう 』


交通事故後に必要となる書類のひとつに


交通事故証明書


というものがあります。

必ず耳にするものなので、何が書かれていて、どのように取り寄せるのかを把握しておくと安心だと思います。


そこで今回は、この書類のことについてまとめました。( 最終更新:2015年1月 )


交通事故証明書ってなに?


交通事故証明書とは、交通事故が起きたことを警察が証明する書類のこと です。

人身事故では、被害者は自賠責保険の被害者救済手続きを行いますが、その際にもこの事故証明書が必要になります。

ちなみに、この証明書には以下のようなことが書かれています。


  • 事故の発生日時
  • 発生場所
  • 当事者の住所・氏名
  • 相手方の自賠責保険会社・証明書番号


以下のサイトで見本を見ることができます。




この書類を見る際に注意しなければならないのは、「 事故が発生したことの証明 」 をしているのであって、事故が起きた原因や過失割合などを証明するものではないという点です。過失割合などについては示談の話し合いの際に決めることになります。

詳しくは、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


交通事故証明書はどこでもらえるの?


自動車安全運転センターに申請をすることで作成してもらえます。( 記事の下で詳しく説明します )


交通事故証明書の交付申請ができる人は?


申請が可能なのは以下の人たちです。

  • 被害者
  • 加害者
  • 証明書の交付を受けて正当な利益のある人( 家族など )


交通事故証明書の申請には期限があるの?


あります。


  • 人身事故は事故発生日から 5 年
  • 物件事故は事故発生日から 3 年


が経過すると、原則として交通事故証明書は発行してもらえません。


交通事故証明書の申請方法は?


まずは申請書をもらい、必要事項を記入してから手数料を添えて申請します。申請書は以下の場所でもらうことができます。


  • 警察署
  • 交番
  • 駐在所
  • 自動車安全運転センター事務所
  • 損害保険会社


これらの場所に備え付けてある 申請書 ( 振替払込取扱票 ) か、窓口申請用紙 に必要事項を記入します。

そして、所定の手数料を添えて、郵便窓口か センター事務所 の窓口に直接申し込みます。手数料は、証明書 1 通に着き 540 円です。

申請後は通常 10 日 ~ 2 週間程度で申請者に郵送されるか、センター事務所で直接渡されます。

ちなみに、インターネットで申請することも可能ですよ。




注意事項を確認してから申請してみましょう。


交通事故証明書の「人身事故」と「物件事故」の違いは?


人身事故とは、人が怪我をしたり、あるいは死亡した場合の交通事故 のことです。人身事故として扱われた事故では、人身事故の交通事故証明書が発行されます。

一方、物件事故とは、人の死傷をともなわない物の損傷のみの交通事故 のことです。物件事故として扱われた事故では、物件事故の交通事故証明書が発行されます。

もし、物損事故として届け出て後日障害が出た場合は、自動車保険を使うことができません。なぜなら、保険を使うには人身事故の事故証明書が必要だからです。

この場合は、病院で診断書をもらってから再度警察に出頭し、人身事故へ切り替える必要があります。


交通事故証明書 についてはこんな感じです。

一通り把握しておくと どのような書類なのかもわかるので、いざ耳にした時も理解できると思います。

参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために



保険について理解する



事故車の対処について



専門家へ相談する前に






スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク