知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!物損から人身へ切り替え方は?!


『 物損事故から人身事故への変更に仕方を把握してみよう 』


交通事故に遭っても、誰も怪我人がいなければ物損事故で警察に届け出ることになります。

しかし、後から身体のあちこちに痛みが出てくることもあります。

この場合は、物損事故から人身事故への切り替えを行わなわなければなりません。

でも、どのように行えばいいのでしょう?


そこで今回は、この方法についてまとめました。( 最終更新:2015年1月 )


物損事故から人身事故へ切り替える方法は?


人身事故への切り替えを行う際は


人身事故証明書入手不能理由書


という書類の提出が必要となります。

たとえば、あなたが運転している車が自転車に乗っている A さんと軽くぶつかってしまい、A さんが道に倒れてしまったとしましょう。

その際、A さんは怪我もなく、自転車が少し壊れてしまった程度の事故だったので物損事故で届け出をしたとします。

しかし、後から A さんが腰に痛みを訴えて病院に行き治療をしてもらったら、腰の骨にひびが入っていたと診断されました。

この場合、車を運転していたあなたが加入している自賠責保険を利用して治療をすることになるかもしれません。

しかし、物損事故で届け出を出していたら、交通事故証明書には怪我人がいない事故として記載されることになるので自賠責保険は使えません。( 交通事故証明書ってなに?

これでは困りますよね。


そこで、人身事故に切り替えなければならないわけですが、その際に提出するのが 人身事故証明書入手不能理由書 です。つまり、人身事故として届け出ることができなかった正当な理由を届け出る必要があるわけです。

ここで認められる正当な理由とは、時間がたってから怪我の症状が出たといったものです。事故が起きた当初はわからなかったけど、後から痛みが出て、病院で診てもらったら怪我をしていたといった場合は認められるようです。

ただし、事故が起きた当初から怪我をしていることがわかっていたのに物損事故で届け出たなど、不正な届け出であった場合は認められないようなので注意しましょう。


ちなみに、この書類は物損事故で届け出たものを人身事故に切り替える際に使うものなので、警察に届け出をしていなければ変更すべきものがないことになりますからこの手続きはできません。

ですから、どんなに軽い物損事故でも必ず警察に届け出るようにしましょう。刑事罰や交通違反の点数を免れようと届け出をしないでいると、万一の際には保険が使えず、多額の賠償費用を自費で払わなければならなくなります。

また、軽い怪我だからと言って物損事故で届け出ることもよくありません。なぜなら、人身事故への切り替えが認められなければ、治療費を自費で払わなければならなくなるからです。

どんな事故でも、不正はせずにきちんと届け出ることが大切だと思います。


物損事故から人身事故へ切り替える方法についてはこんな感じです。

尚、物損の慰謝料がもらえるのかといった疑問を抱かれる方もいると思います。これについては 『 物損の慰謝料はとれるの? 』 でまとめましたので、こちらを参考にしてください。

参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために


  1. はじめての交通事故!Q&A形式でわかりやすく解説!
  2. 事故発生時の正しい対処法は?
  3. はじめての示談、確認すべき注意点は? お勧め
  4. 加害者に請求できる損害賠償と損害賠償額は? お勧め
  5. 過失割合は どうやって決まるの?
  6. 過失割合ゼロだと保険会社は交渉しないの? お勧め
  7. 示談が上手くいかないときの対処方法は? お勧め

  8. 事故車の 「 修理 」 と 「 買い替え 」 の判断基準は? お勧め
  9. 水没車の 「 修理 」 と 「 買い替え 」 の判断基準は?

  10. 自賠責保険 と 労災保険 はどちらを使えばいいの? お勧め
  11. 自賠責保険 と 労災保険 の両方に請求できるの? お勧め
  12. 治療で 健康保険 や 労災保険 は使うべき?
  13. 任意保険に入らないとどうなるの? お勧め
  14. 全国無料相談窓口一覧表
  15. 法律相談の基本!弁護士の 探し方と 選び方は? お勧め




スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク