知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の株式投資入門!儲けるにはいくら必要なの?


『 株で儲けるには、いくら必要なのか把握してみよう 』


前回の 『 株を始めるには、いくら必要なの? 』 では、数千円からでも利益を出すことができるということを説明しました。

でも、もっと大きな利益を出して遊興費や、場合によっては生活費の足しにしたいという方もいると思います。

では、こうした目的のために利益を出すには、いくらの投資資金が必要になると思いますか?

今回は、このことについてまとめました。( 最終更新:2016年10月 )


株で儲けを出すには、いくら必要なの?


前回の記事で紹介したような 数千円 ~ 数万円 の利益では物足りないという人は、投資額を大きくする必要があります。

では、一般的にどのくらいまで増やせばいいのかというと、


100 万円 程度


と言われています。

もちろん、30 万円 や 50 万円 の投資額でも良いのですが、いろいろな要素を考えると やはりこれくらいの投資額が妥当だと考えています。

では、なぜ 100 万円 という金額が必要になるのでしょう?

これには以下の 4 つ の理由があります。


  1. 儲けを大きくするため (同時にリスクも大きくなる)
  2. 手持ち金に余裕を持たせるため
  3. 複数の銘柄をバランスよく買うため
  4. 買い増しが出来るようにするため


では、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.儲け ( リターン ) を大きくするため


一つ目の理由は、儲けを大きくするためです。

たとえば、1 万円 の株を 1 株 買って、その株価が 1 ヶ月後に 1 万 1 千円 になったとします。

もしこの時点で株を手放せば、千円の利益を得ることができますよね。( ここでは手数料は考えません。 )

でも、1 株 ではなく 10 株 買っていたらどうでしょう?得られる利益は 10 倍 の 1 万円 になりますよね。

これが 100 万円 だったらどうでしょう?得られる利益は 100 倍 の 10 万円 ということになります。

つまり、投資金額が大きくなればなるほど、株価が上がったときのリターンが大きくなる ので手持ち金がたくさんあった方が儲けは大きくなるわけです。

そして、実際に株取引をしたらわかると思いますが、1 万円 の株を買って 1,000 円 程度の利益を得られることはよくあります。

半月、あるいは 一ヶ月 で 10 万円 の利益が得られるということは、遊興費や生活費の足しになる程度の収入が得られるということです。

そのため、単純計算ですが だいたい 100 万円 くらいの投資資金があればいいと考えています。


 た だ し 、


注意しなければならないのは、この逆もあるという点です。

つまり、株価の動きを見誤ったら損をするということですね。もちろん、下がったときに手放さなければ この損害は


評価損


と呼ばれるものなので、持っている限りは また上がる見込みもあります。

そのため、株価が買った時の値段まで上がってから売れば損をすることはありません。でも、その間は新たに資金を用意しない限り株の売買はできなくなります。

なので、投資資金は一極集中させるのではなく、複数の会社の株を買って投資資金を分散するようにすると良いかもしれません。( これについては 三つ目 の理由で説明します。)


2.手持ち金に余裕を持たせるため


二つ目の理由は、手持ち金に余裕を持たせるためです。

たとえば、あなたの投資資金が 50 万円 だとしましょう。

前々から買いたいと思っていた 一流企業である A 社 の株価が、徐々に下がってきて 40 万円 になったとします。あなたは


「 よし今が買いどきだ! 」


と思って株を手に入れた場合、手持ち金の 8 割 を使ってしまうことになりますよね。

ここまでは別に問題ありません。問題なのは その株を買った後で、他に目を付けていた会社の株価が下がってきたときです。

A 社 よりもずっと前から買いたいと思っていた B 社 の株価が大きく下がってきて、現在 30 万円 とかなりの割安で買える状況になったとしましょう。

せっかくのチャンスが到来したので買いたいと思うかもしれませんが、既に A 社 の株を買ってしまったので 手持ち金は 10 万円 しかありません。

すると、大きく儲けられるかもしれない機会を目の前にして、ただ指を加えて見ているしかないわけです。。

もし、手持ち金が多ければ ここでさらに買うことができますよね。より儲けられる可能性を増やすという意味でも、投資資金に余裕を持たせておくことは必要だと言えます。

これが 二つ目 の理由です。


3.複数の銘柄をバランスよく買うため


三つめの理由は、複数の銘柄をバランスよく買えるようにするためです。

一つ目の理由でも触れましたが、一つの会社の株に全ての資金を投入するのは賢明とは言えません。

なぜなら、リスクを伴うからです。

投資資金を一極集中して株価が上がれば問題ありませんが、下がった場合は目も当てられない状況となるかもしれません。そのため、


バランスよく分散して投資すること


が大切です。その際に、


業種を分けて複数の 会社の株 ( 銘柄 ) を買う


のが良い買い方とされています。たとえば、


  • 不動産 関連の株
  • 銀行 関連の株
  • 通信業 関連の株
  • 小売業 関連の株


といったように、違う業界の株を買うようにするわけですね。

なぜだと思います?


これは一般的に株が業種ごとにまとめて動く傾向があるからです。( もちろん違う場合もあります )

たとえば、不動産関連の会社である C 社 の株に人気が集中して大量に買われたとします。

すると、それに釣られて他の不動産関連の会社の株も買われることとなり、業界全体の株価が上がることがあります。

もしあなたが複数の株を買っていたとして、それが全て不動産の株だとしたらどうでしょう?

不動産関連の株価が全体的に上がった場合は嬉しい状況となるかもしれませんが、下がった場合は持株の多くが同時に下がってしまうことにもなりかねません。

こうしたマイナスの状況を避けるためにも、業種を分けて複数の銘柄をバランスよく買う必要があるわけです。

その際に 資金 がたくさんあった方が銘柄も選びやすくなるのですが、この目安として 100 万円 程度あれば、ある程度余裕をもって買えると考えています。

これが 三つ目 の理由です。


ちなみに 「 業界 」 の見分け方は、Yahoo!ファイナンス で銘柄のページを開くと会社名のすぐ上に


  • 銀行業
  • 化学
  • サービス業


といった形で書かれているので、これを一つの目安としてみるといいかもしれません。もちろん、さらに細かく分類できるので、自分なりに企業を分類してみましょう。


4.買い増しが出来るようにするため


四つ目の理由は、株価が下がったときに買い増しが出来るようにするためです。

たとえば、あなたが 1 万円 の株を 10 株 持っていたとします。

その株価が下がって、6 千円 になったとしましょう。

この時点で この会社の株を 10 株 買い増ししたとします。すると、


1 回目: 1 万円 × 10 株 = 10 万円
2 回目: 6 千円 × 10 株 = 6 万円



となりますが、これらは同じ銘柄なので合算されます。つまり、株価は 2 つ の金額の中間値となり、以下のように平均値が株価となるわけです。


( 1万円 - 6 千円 ) ÷ 2 = 2 千円 の差額
1 回目: 1 万円 - 2 千円 = 8 千円
2 回目: 6 千円 + 2 千円 = 8 千円



となり、


8 千円の株を 20 株 保有


していることになります。

要するに、もし高値で買ってしまっても、買い増しすることで株価を下げることが出来るわけです。これを


ナンピン買い


と言います。

この ナンピン買い を必要に合わせて行えるように、手持ち金に余裕があった方がいいというのが四つ目の理由です。

ただし、ナンピン買いには賛否両論あるので、よく理解したうえで行なうようにしましょう。ちなみに、私はナンピン買いはめったにしません。


これらの理由から 遊興費 や 生活費 の足しになるくらいの利益を出すためには、ある程度の資金が必要になるということが わかっていただけたかとと思います。

でも、もしあなたが初心者なのであれば、最初は欲を出さずに、


1 万 ~ 10 万円 程度


の少額投資で知識と経験を養ってから投資資金を少しずつ上げていく方が、リスクを抑えながら株取引を続けることができる思います。

最初から たくさんの資金を使って取引をして大きな損を出してしまうと、その後 続けたくても続けることは難しくなりますからね。

なので、数百円 ~ 数千円 の利益をコツコツ出して、貯金していく感覚で始めてみると良いと思いますよ。

大きな金額はある程度の知識と経験が備わってからでも遅くはないというのが私の考えです。

ちなみに、少額投資に最適な証券口座については




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。

では、実際に口座を開いて株を買おうとした場合、どの会社の株を買えばいいのか見極めていく必要があるのですが、一体どのように行えばいいと思いますか?

このときも闇雲に選ぶのではなく、ポイントを押さえて選んでいく必要があります。そこで次回は、『 銘柄を選んでみよう 』 です。


初心者の株式投資入門


  1. 株をはじめる前に、株ってなに?
  2. 株はどこで買えるの?
  3. 株で儲ける仕組みと方法は?
  4. 株のリスクと注意点は?
  5. 株を始めるには、いくら必要なの?
  6. 株で儲けるには、いくら必要なの?
  7. 銘柄の選び方と考え方は?
  8. 株の注文方法と取引の流れは?
  9. 少額投資向けの証券口座の選び方は?

パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



株式投資の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク