知らないと恥をかく一般常識の壁

オンボードグラフィックの基本!種類と性能の違いは?


『 オンボードグラフィックについて理解してみよう 』


以前に書いた 『 グラフィックボードの種類と性能の違いは? 』 では、パソコンにグラフィックボードが搭載されていなくても、画像や映像を表示ができるものもあるということを説明しました。

こうしたものを


オンボードグラフィック ( onboard graphics )


と言います。

グラフィックボードなしで画像を表示するなんて、一体どういった仕組みになっているのでしょう?気になる方もいるかもしれません。 ← 私

そこで今回は、このオンボードグラフィックについてまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


オンボードグラフィックってなに?


オンボードグラフィックとは、


マザーボード ・ CPU ・ チップセット などに グラフィックチップ ( GPU ) などのグラフィックスコントローラを付加することで、グラフィックボードを使わずに画面表示ができる機能のこと


です。

わかりやすく説明してみましょう。

まず、パソコンの頭脳に当たる部品のことを


CPU


言います。

そして、CPU や メモリー など PC の心臓部となる重要な部品は、小さな四角い板 ( 基盤 ) に乗せてパソコンに搭載されます。この板のことを


マザーボード


と言います。

CPU や メモリ は互いにデータのやり取りをするのですが、マザーボードにはこのやり取りを管理する部品も一緒に乗せています。この部品のことを


チップセット


と言います。


一般的にディスプレイへ画像を表示させるためには、グラフィックチップGPU と呼ばれる画像処理をするための頭脳が必要です。

この頭脳を マザーボード や CPU、あるいは チップセット に備えることもあります。これを


オンボードグラフィック


と言います。 ( 『 GPU の基本!グラフィックチップってなに? 』 )


もっとわかりやすく説明すると、まず、あなたの自宅にある身近なゲーム機を思い出してみてください。

ゲーム機本体だけ持っていても、ゲームは楽しむことはできませんよね。

ゲームをするには、ゲームソフト や カセット などを本体に差し込まなければなりません。

同様に、パソコンもディスプレイに画像や映像を表示させるには、グラフィックカードと呼ばれるカセットを差し込まなければならないわけです。

でも、これを差し込まなくても画像を表示できるようにしたものもあります。つまり、ゲームソフトを予めゲーム機に搭載するようなものですね。

言い換えると、グラフィックス機能 ( 画像処理の頭脳 ) をマザーボード上に直接搭載したり、CPU や チップセット に内蔵したりしするわけです。これを


オンボードグラフィック ( onboard graphics )


と言います。ちなみに、この他にも以下のような呼び名がありますよ。


  • 内蔵グラフィックス ( internal graphics )
  • オンボードビデオ
  • 内蔵ビデオ


一緒に覚えておくと混乱することもないと思います。

では、オンボードグラフィックの メリット と デメリット についても見ていきましょう。


オンボードグラフィックのメリットは?


オンボードグラフィックの利点は以下の 2 つ です。


  1. 省スペースでも搭載できる
  2. 価格を抑えられる


もし、あなたのパソコンをの使い方が Web 検索 や メール、Excel や Word などの文書作成など一般的なものであれば、グラフィックボードは必要ありません。わざわざ高いお金を払ってまで搭載されたパソコンを買うのはもったいないです。

特に、軽量化 や 省電力化 が重視されるノートパソコンを費用を抑えて購入したいのであれば、グラフィックボード搭載 PC よりも、オンボードグラフィックの PC を選んだ方が良いと思います。

ただし、デメリット もあります。これについても理解しておきましょう。


オンボードグラフィックのデメリットは?


オンボードグラフィックのパソコンを選ぶ際に注意しなければならないのは、このグラフィック機能が


グラフィックボードのように高性能ではなく、最低限の機能や性能しか備えていない


ことが多いという点です。

たとえば、「 3D ゲーム 」 や 「 三次元設計ソフトウェア 」 のような負荷のかかる計算処理が必要な作業をするのであれば、画面が滑らかに動かなかったり、きちんと表示されない可能性があるということです。

そのため、特に 3D を扱うのであれば、グラフィックボードを搭載することをお勧めします。

一方、3D を扱うことがないのであれば、オンボードグラフィックでも十分だと思います。


オンボードグラフィックには上記のような 利点 と 欠点 があるので、これらを考慮しながらどちらにするかを決めるといいかもしれません。

ちなみに、オンボードグラフィックにも いくつか種類があるのですが、基本的に選ぶことはできません。メーカーにオーダーメイドするカスタマイズパソコンでも同様です。「 オンボードグラフィックの PC である 」 ということ以外は、何が搭載されているかもわからないことが多いです。

でも、一応どんな種類のものがあるのかについても簡単に見ていきましょう。


オンボードグラフィックの種類と性能の違いは?


まず、オンボードグラフィックを開発している企業には以下の 5 つ があります。


  1. インテル製
  2. ATI 製 ( 2006 年 に AMD が買収 )
  3. AMD 製
  4. NVIDIA 製
  5. VIA Technologies ( S3 Graphics ) 製
  6. SiS 製


この中で最も広く使われているのがインテル製のものです。

では、歴史を遡りながら、どのようなものがあるのかをザックリと以下にまとめてみます。


1.インテル製のオンボードグラフィックは?


まず、インテル製に どのようなものがあるのかを簡単に見てみましょう。下に行くほど新しくなります。


Intel Graphics Technology ( IGT )


1998 年 にインテルが最初に開発したグラフィックス・アクセラレータ・チップです。

これをチップセットと統合する形で設計したオンボードグラフィックコアが Intel 810 と Intel 815 ですね。

ちなみに、インテルではこうしたグラフィックス統合型チップセットのことを GMCH と呼んでいます。


Intel Extreme Graphics


Intel Graphics Technology ( IGT ) の後継製品です。Intel 830 のグラフィック機能として発売されました。


Intel Graphics Media Accelerator


2004 年 に発売された製品です。Intel Extreme Graphics の後継製品で Intel GMA とも呼ばれます。

こちらもインテルが開発したチップセットに搭載されるタイプのもので、GPU 市場で出荷される約半数にこれが使われています。

ちなみに、上の 2 つ は グラフィックアクセレーター という製品でしたが、ここから グラフィックコントローラ ( GPU ) という製品になります。ようやく GPU に相当する機能を備えたわけです。


Intel HD Graphics


2010 年 に発売された Intel GMA の後継製品で、これまでのチップセットに統合する形から CPU に統合する形に変わります。

つまり、プロセッサ内蔵グラフィックコントローラ になったというわけですね。もっとわかりやすく言うと、パソコンの頭脳である CPU に内蔵される形で搭載されたわけです。これが現在使われているタイプです。


2.ATI製、3.AMD製のオンボードグラフィックは?


ATI Technologies 社 は、RADEON を開発したカナダの半導体設計メーカーです。しかし、2006 年 に AMD 社 に買収されたので、ここでは 2 社 を同系列として扱います。

先程、インテルでグラフィックス統合型のチップセットのことを GMCH と呼ぶと説明しましたが、これはインテル独自の呼び名です。

他社では一般的に IGP ( Integrated Graphics Processor ) と呼ばれています。意味は 「 統合グラフィックプロセッサ 」 ですね。

これを踏まえて、ATI製 ・ AMD製のオンボードグラフィックを見てみましょう。

  • RADEON 9100 IGP ( ATI 社 のグラフィック機能内蔵のチップセット )
  • RADEON XPRESS ( ATI 社 のグラフィック機能内蔵のチップセット )
  • RADEON IGP ( Integrated Graphics Processor )
  • AMD IGP ( ATI 社製 のチップセットを含まない AMD 社 の IGP 製品 です。IGP の欄に記載のあるものがこれに該当します。下に行くほど最新のものになります。)


4.NVIDIA 製のオンボードグラフィックは?


NVIDIA 社 が開発したグラフィック機能内蔵のチップセットには以下のものがあります。



5.VIA Technologies(S3 Graphics) 製のオンボードグラフィックは?


グラフィック機能内蔵のチップセットで、ProSavage、UniChrome、Chrome9 HC があります。



6.SiS 製のオンボードグラフィックは?


グラフィック機能内蔵のチップセットです。かつてこの分野ではかなり有力でしたが、インテル と AMD の競争に追従できず市場シェアは消滅しました。




オンボードグラフィックについてはこんな感じです。

種類はいろいろありますが、滅多に耳にすることはありません。パソコンを選ぶ際は、


グラフィックボード と オンボードグラフィック のどちらが搭載されているか?


ということを確認する程度で十分だと思います。

グラフィックボードについては 『 グラフィックボードの種類と性能の違いは? 』 でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク