PCの基本!パソコン間で簡単にデータ移行する方法は?


『 パソコンデータの引越しを簡単にしてみよう 』


パソコンを買い替えた際に、古いパソコンから 新しいパソコンへデータを移行させたり、複数のパソコン間でデータを転送したいときに、簡単にできる方法が見つからなくて困ることがあります。 ← 私

移行するデータには、文書 や 写真、動画 や 音楽 などのファイルはもちろん、メール や アドレス帳、お気に入り など容量の大きいものも含まれるので、効率的な方法であればストレスなく作業が行えると思います。

外付けハードディスクを経由したり、DVD-R/RW などの光学メディアを使ったり、あるいは USB メモリ を使って移す方法でもいいのですが、もっと簡単にパソコンからパソコンへ 直接移動 できたら便利ですよね。

また、仕事で使う重要なデータや、他の人には見せたくない個人的なデータをを扱うのであれば、できるだけ 自分ひとりでできる方法 を選んだ方が安心だと思います。

パソコンに詳しくない人でも簡単にデータを移せる方法を把握しておくと、いざという時も困らないと思いますよ。


そこで今回は、パソコン間で簡単にデータを移行する方法についてまとめました。( 最終更新:2017年7月 )


パソコンからパソコンへ、データを簡単に移動させる方法は?


PC 間でのデータ移動の方法には いろいろなものがありますが、一番便利だと感じたのが以下の 2 つ の方法です。


  1. USB リンクケーブル を使う
  2. クロスケーブル を使う


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.USB リンクケーブル を使う


USB リンクケーブル とは、


2 台 のパソコンを USB で直結するだけで、簡単にデータの移動ができるケーブル


のことです。

使い方もシンプルで、互いのパソコンの USB ポート ( USB の差込口 ) にケーブルを差し込んで、マウスで ドラッグ&ドロップ するだけで手軽にデータのコピーができます。

この USB リンクケーブル には いろいろな種類のものがあるのですが、個人的に便利だと感じたのが以下のものです。




こちらはパソコンにケーブルを繋ぐだけで、データ移行の作業が簡単に行えるものです。

2 台のパソコンをケーブルで繋げば、マウスを使って ドラッグ&ドロップ するだけでファイルやフォルダを簡単に転送 することができます。

画面を横に並べて左右に移動するのはもちろん、設定を変更すれば縦に並べて上下移動させることも可能です。

また、一つのキーボードとマウスで PC を操作できるので、パソコン 2 台を 1 台のような感覚で使える のも魅力ですね。データを移行した後も、2 台のパソコンを同時に使いたい時などは重宝します。

動作環境は Windows 10・8.1・8 ( 64bit/32bit )、7 ( 64bit/32bit )、Vista ( 64bit/32bit )、XP ( SP1以降 )、2000 ( SP3以降 ) と幅広く対応していますし、Windows OS を搭載したタブレットとも接続可能です。

ドライバもリンクケーブルに内蔵されているので、USB を挿すだけで簡単にインストールできます。

パソコン間でのデータ移行であれば USB リンクケーブル が一番便利だと思うので、どれにしようか迷ったときは こちらを選ばれると良いかもしれません。


※1:Amazon の商品説明欄では Windows 10・8.1 が対応機種に含まれていませんが、メーカーの公式サイトで確認すると含まれています。使い方なども詳しく説明されているので参照してください。( サンワサプライ公式サイト:KB-USB-LINK3K

※2: この他にも 「 Mac - Mac 間 」 や 「 Mac - Windows 間 」 でデータ移行が可能なものも売られているので、用途に合わせて選んでみましょう。


では次に、クロスケーブルを使った方法について見ていきましょう。


2.クロスケーブル を使う


クロスケーブルというのは、


コンピュータ同士を直接結ぶたのに使われるケーブル


のことです。先ほどは USB ケーブル を使いましたが、ここでは LAN ケーブル タイプのものを使います。つまり、


パソコンの LAN ポート を使ってパソコン同士を直接繋ぎ、データを移動させる方法


ということですね。


この方法は設定が必要になるので、パソコンに慣れていない人には少し難しく感じるかもしれませんが、手順を一つ一つクリアーしていけば簡単です。

ここでは、過去に私が Windows XP から Windows Vista へパソコン内のデータを移動させたときの方法を例に紹介します。

大まかな手順は以下のようなものです。


  1. 移動させるデータを、一つのファイルにまとめる
  2. 「 コンピューター名 」 を設定をする
  3. 「 ワークグループ名 」 を設定をする
  4. ファイル共有の設定をする
  5. クロスケーブル を接続してデータを移行する


それでは、順番に見ていきましょう。


1.移動させるデータを、一つのファイルにまとめる


まず、データの引越しを行うときは、古いパソコン から 新しいパソコン へデータを移動しやすいように


ひとつのファイルにまとめておき、デスクトップに保存


しておきます。

ここでは、まとめたファイルの名前を 「 Moving 」 とします。


2.コンピューター名を設定をする


次に、古いパソコンの設定を行います。

まず、古いパソコンと新しいパソコンを区別できるように、それぞれの名前を決めます。

パソコンを購入したときの初期設定で、既に別々の名前をつけているのであれば それでも構いません。もし同じ名前だと区別しずらいので、名前を変えておいた方が良いというだけのことです。

名前を変える際は、古いパソコンの名前を変えておくと良いかもしれません。 ( 方法は下で紹介します )

ちなみに、私は名前を覚えてませんでしたが自動で出てきました。名前も違っていたので、変更せずにそのまま行いました。

ここでは古いパソコン名を 「 PC 1 」、新しいパソコン名を 「 PC 2 」 とします。


3.ワークグループ名を設定をする


次に、ワークグループの名前を記入します。

ワークグループとは、


ネットワークで、実際にデータのやり取りを行うパソコンのグループ


のことです。

自宅の同じグループに属していれば、データのやりとりが簡単にできます。

ここではワークグループの名前を 「 HOMEGROUP 」 とします。


パソコン名 と ワークグループ名 の変更は古いパソコンで行います。Windows XP の変更は、以下の順番で行います。


  • [スタート] ボタンから [コントロールパネル] を選択
  • [システム] を選択
  • [システムのプロパティ] ウインドウが開いたら、[コンピュータ名] タブを選択して [変更] ボタンをクリック
  • [コンピューター名] [ワークグループ名] に、それぞれ 「PC1」「HOMEGROUP」 と記入
  • 記入後 [OK] ボタンをクリック
  • パソコンを再起動するかを確認されたら、[OK] ボタンをクリックして再起動


次に、ファイル共有の設定をしてみましょう。


4.ファイル共有の設定をする


再起動をしたら、新しいパソコン から 古いパソコン の中身が見れるように、ファイル共有の設定を行います。

ファイル共有の設定は以下の方法で行います。


  • [スタート] ボタンから [コントロールパネル] を選択
  • [ネットワーク接続] を選択
  • [ローカルエリア接続] の上で右クリックして [プロパティ] を選択
  • [全般] タブの 「この接続は次の項目を使用します」 の項目で、「Microsoftネットワーク用クライアント」 と 「Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有」 にチェックを入れる。チェックしてあればそのままで OK。
  • [OK] ボタンをクリック


次に、デスクトップに保存しておいた 「 Moving 」 のファイルの共有設定を行います。設定は以下の方法で行います。


  • 「Moving」 フォルダのアイコンの上で右クリックして、[プロパティ] を選択
  • 「Movingのプロパティ」 ウインドウが表示されるので [共有] タブを選択
  • 「ネットワーク上での共有とセキュリティ」 の項目の 「このフォルダを共有する」 にチェックをして [OK] ボタンをクリック


「 Moving 」 ファイルのアイコンが変わっていると思います。手のひらに乗せた形になっていたら完了です。


5.クロスケーブル を接続してデータを移行する


パソコン間でデータのやり取りをする LAN ケーブル のことを


クロス LAN ケーブル


と言います。

たとえば以下のようなものですね。




もし、パソコンに LAN ポート がない場合は、上で紹介した 「 有線LANアダプタ 」 も一緒に購入しましょう。( ※2: 上記の有線LANアダプタは、Amazon の商品説明欄では Windows 10 が対応機種に含まれていませんが、メーカーの公式サイトで確認すると含まれています。Mac も同様です。詳細は公式サイトを参照してください。( BUFFALO公式サイト:LUA4-U3-AGT

クロスケーブルを準備したら、古いパソコン と 新しいパソコン の両方に接続します。LAN ポート がない場合は、購入しておいた 有線LANアダプタ をパソコンに接続して、そこにケーブルを挿入します。

挿入したら 2 台のパソコンを再起動します。

再起動したら、今度は新しいパソコンで以下の作業を行います。


  • 新しいパソコン ( Vista の場合 ) の [スタート] ボタンから [ネットワーク] を選択
  • 古いパソコン名のアイコンが存在すると思います。そのアイコンをクリック。
  • 先ほど名前をつけたワークグループの名前の 「HOMEGROUP」 というアイコンが存在するので、これをクリック。
  • 「HOMEGROUP」 ウインドウの中に 「PC1」 と名づけられた古いパソコンのアイコンがあるので、これをダブルクリックして開きます。
  • 「PC1」 のウインドウの中に、先ほど設定した 「Moving」 フォルダが存在すれば、お互いのパソコンが実質的に接続されたことになります。
  • 「Moving」 フォルダを開いて古いパソコンの中からデータを移動させましょう。移動はドラッグ&ドロップで行います。あるいは、「Moving」 フォルダをコピーして、新しいパソコンの好きなところに右クリックから [貼り付け] を選択しても移動可能です。


クロスケーブルを使った場合は、こんな感じで移動させることになります。


以上、パソコン同士を直接つなげてデータを移行する 二つ の方法を紹介しましたが、設定などが面倒に感じる人は最初に紹介した 「 USB リンクケーブル 」 を使う方法で行うと簡単に行えると思います。

また、これを機会にパソコンが壊れた時た、マルウェアに感染してデータを失ってしまうようなケースに備えて、「 外付けハードディスク 」 や 「 オンラインストレージ 」 を使い定期的にバックアップを取るようにしておくと安心だと思います。

いろいろな種類があるので、選ぶ際もポイントを押さえてあなたに合ったものを選ぶ必要があるのですが、これについては




でまとめましたので、こちらで理解を深めていただければと思います。

パソコンデータの簡単な移行方法についてはこんな感じです。

データの移動もスムーズに行って、快適にパソコンを使えるようにしてみると良いかもしれません。

参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク