知らないと恥をかく一般常識の壁

医療の常識!レントゲンとは違う MRIってなに?!


先日 MRI 検査 を受けることがあったのですが、検査について わからないことだらけだったので自分なりに調べてみました。

今回はこのことについてまとめます。


MRI 検査ってなに?


MRI 検査 ( 磁気共鳴画像診断 ) とは、


強い磁気の力を使って体の内部の状態を検査する方法


のことです。

検査機は、いわば真ん中に穴のあいた大きな磁石と考えるとわかりやすいと思います。この穴の中に入って体の中を映像化していきます。患者の体を傷つけることなく、体の鮮明な断層写真を得ることができるようです。


検査を受けられない人は?


MRI 検査 は基本的に人体への影響はないとされていますが、以下の条件に当てはまる方は検査を受けられない場合があります。

  • 心臓ペースメーカーや刺激電極などを身につけている
  • 避妊リングを体内に入れている
  • 体内に脳動脈クリップや人工関節などの金属がある
  • 外科手術を受けたことがある
  • 妊娠中、または妊娠している可能性がある
  • 閉所恐怖症など狭いところが苦手


MRI 検査の前にすることは?


検査を受ける当日は普通に食事をして大丈夫です。

しかし、医者から指示があった場合は食事を控えなければならない場合もあります。

また、現在服用中の薬も医者から指示がない限り通常通り服用して大丈夫です。


当日は、検査の順番が近付くと係りの人に更衣室へ案内されるので、そこで検査衣に着替えます。( 患者さんがよく着る服です )

その際、以下のようなものは一緒に取り外すようにします。故障したり、検査に影響を与えたりする可能性があるからです。


  • 金属類 ( 時計・メガネ・カギ・ライター・アクセサリーなど )
  • 磁気カード ( クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーなど )
  • その他 ( 入れ歯・補聴器・ベルト・カイロ・金属のついた下着など )


また、化粧品 ( アイシャドウ や マスカラなど ) の中には金属を含んでいるものがあるので、検査前に化粧を落とされるように言われることがあります。


準備ができたら検査室に向かいます。

検査の時間は通常 30 分、長いと 60 分くらいかかるので、検査前に必ず お手洗いを済ませておくようにしましょう。

さらに詳しい検査を行うときは、


MRI用造影剤


を使うことがあります。

通常、造影剤は静脈から注射されますが、経口的に飲用する造影剤もあるようです。

これらの造影剤は比較的副作用が少ないようですが、気分が悪くなったり じんましんが出たりすることがあります。このような異常が出た時は、すぐに検査担当者に伝えるようにしましょう。

また、以下の条件に当てはまる人は造影剤を投与される前に、あらかじめ担当医か検査担当者に伝えるようにします。

  • 喘息 ( ぜんそく ) にかかったことがある
  • アレルギー体質


MRI 検査の流れは?


検査衣に着替えたあとに検査室に入ると部屋の中央に大きな検査装置があります。

検査担当者の指示に従って、その検査台の上に仰向けになります。検査担当者が体を固定して動かないようにするので、じっとしていましょう。

MRI 検査 をしている最中は音がするので、病院によっては音が気にならないように、ヘッドホン型の耳栓をしてくれるところもあります。

準備が整ったら、自動で寝台ごと装置の円筒の中に入っていきます。体の力を抜いてリラックスして体を動かさないことに集中しましょう。


検査中は連続的に トン トン トン ブウォ~ン といった音が周囲から聞こえてきますが心配ありません。検査中に体を動かすと写真が奇麗に撮れないので注意しましょう。

ちなみに、小さな子どもの場合は動かないように眠っている状態で検査を行うようです。赤ちゃんの検査を行うときは授乳で睡眠を促しますが、眠らないときは軽い睡眠薬を使うこともあるようです。

病院によっては検査中に検査担当者とマイクを通して会話できるものもあります。気分が悪くなったときはマイクを通して検査担当者に知らせましょう。


検査が終わったら、服を着替えて終了です。あとは普段通りの生活をして問題ありません。


MRI 検査についてはこんな感じです。レントゲンと違って放射線も浴びないので安心です。ちなみに、私は検査中に寝てました。。

※素人なので間違っている部分もあると思います。詳しく知りたい方は専門書や専門の機関で確認をしてください。


ヘルニアについて理解してみよう



人間関係の悩みを解決してみよう



睡眠を改善してみよう






スポンサーリンク



病院と医療の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク