湿布で使われているモーラスってなに?


以前、モーラステープの注意点についてまとめましたが、モーラスが どういうものか気になったので調べてまとめました。


モーラスってなに?


モーラスは、


炎症に伴う腫れを取ったり ( 消炎 )、痛みを和らげたり ( 鎮痛 )、解熱剤


として使われます。

消炎剤の場合は炎症からくる痛みを軽くする働きを持っていますが、炎症を起こしている原因は治すことはできません。あくまで痛みを軽くするだけのようです。

また、モーラステープ ( 湿布 ) など外用薬以外に内服の薬もありますが、こちらも共に腰痛や関節の痛みや頸肩腕痛を和らげるのに使われます。

なお、内服と坐薬は慢性関節リウマチ、外科や皮膚科の 消炎・鎮痛・解熱 などに用いられます。

さらに、内服は帯状疱疹にも用いられるようです。


どんな副作用があるの?


副作用は、貼付剤 ( 湿布 ) ・ 軟膏 ( ゲル ) ・ 液剤 ( 塗り薬 ) を使用すると、使用した部分が赤くなったり、発疹・かぶれ・かゆみ・刺激感・水疱・腫脹・色素沈着・皮膚乾燥 などの症状が現れることがあるようです。

また、この薬に過敏に反応してしまう人は、接触皮膚炎や光線過敏症などの症状が一部分、あるいは全身に現れることがあるそうです。

さらに、外用薬を塗った部分を紫外線に直接当てると、光線過敏症が現れることがあります。そのため外用薬を使用している体の部分は、できるだけ肌を露出しないようにした方がいいそうです。

それと、外用薬を付けた後は必ず手を洗って薬を洗い流すようにしましょう。


内服・坐薬 の場合は共に、食欲不振 ・ 消化不良 ・ 発疹 ・ かゆみ ・ むくみ ・ めまい などがあらわれたり、まれにショックなどの過敏症状などが起こることがあります。

また、胃・十二指腸潰瘍のある人は、症状を悪化させることがあるようです。

さらに、各種の腎障害 ( ネフローゼ症候群を含む ) を起こすこともあるようです。


いずれにしても使用前に必ず医師や薬剤師から使用上の注意を聞いてから使うようにすることが大切です。

ちなみに、モーラスは医師の処方箋なしでは入手することはできません。


モーラスについてはこんな感じです。

素人なので間違っている部分もあると思います。詳しく知りたい方は医師や薬剤師などの専門家に確認しましょう。

参考にしてください。


ヘルニアについて理解してみよう



人間関係の悩みを解決してみよう






スポンサーリンク