パソコンの基本!壊れたノートPCからデータは取り出せるの?


『 壊れた PC からデータを取り出してみよう 』


デスクトップ PC が動かなくなったり、ノート PC のディスプレイのバックライトが切れたり、あるいはパソコン本体の落下や水こぼしで壊してしまい PC 内のデータを取り出せなくなることがあります。 ← 私

修理をするとなると 費用 や 時間 がかかってしまうので困ってしまいます。

こんなときパソコンの中に入っているデータを自力で取り出すことはできるのでしょうか?

なるべくお金をかけずにデータを取り出せたら助かりますよね。


そこで今回は、あまり お金をかけずにデータを取り出す方法についてまとめました。( 最終更新:2017年7月 )


壊れたパソコンからデータを取り出す方法は?


まず、パソコンのデータが保存されている部品を取り出す必要があります。この部品のことを


ハードディスクドライブ ( HDD )


と言います。

簡単に説明すると、HDD とは本棚のようなものです。

あなたがパソコンを使って Excel や Word などの文書を作成したり、写真や動画を編集したら、そのデータが消えてしまわないように保存をしますよね。

このデータを保存する場所が ハードディスクドライブ ( HDD ) と呼ばれる本棚です。この本棚にデータをしまうことで、パソコンの電源を落としてもデータが消えないという仕組みになっています。


突然パソコンが立ち上がらなかったり、水をかけて動かなくなっりしても、この 本棚 ( HDD ) が無事であれば中のデータを取り出すことは可能です。

どのように取り出すのかというと、USB 接続タイプの


ハードディスクの外付け KIT


を使います。

わかりやすく言うと、フロッピーディスクドライブ や DVD ドライブ、あるいは USB メモリ を使う感覚で、ハードディスク 内のデータを簡単に取り出すわけですね。

これを可能にする道具が


ハードディスク・ケース ( HDD ケース )


と呼ばれるものです。

これを使えば少ない費用で簡単にデータを取り出すことができます。( HDD が壊れていないのが前提です )

では、以下に簡単に手順を紹介します。


  1. 壊れた PC を分解して、HDD を取り出す
  2. HDDケースを購入して、HDD をセットする
  3. HDDケース を別の PC に接続する
  4. USB メモリ を使う感覚でデータを取り出す


それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


1.壊れた PC を分解して、HDD を取り出してみよう


まずは、パソコンを分解してハードディスクを取り出します。

でも、パソコンの分解方法がわからない人も多いかもしれません。そこで分解方法を画像つきで丁寧にまとめているサイトを下に紹介します。




ハードディスクの取り出し方がわかったら、早速 HDD を取り外してみましょう。

無事に取り出せたら、今度はデータを取り出すための準備をします。


2.HDDケースを購入して、HDD をセットしてみよう


データを取り出すための 「 HDDケース 」 を購入します。

これを使うと、USB メモリ を使うのと同じ感覚で簡単にデータを取り出すことができます。ちなみに、ケース以外にも、ケーブルのみで繋げるタイプもありますよ。




HDD ケース を購入したら、別のパソコンに繋げてみましょう。

複数のパソコンを持っているのであれば それを使えば良いですし、新しく買う必要があれば購入してから取り出すようにします。

あなたの使い方に合ったパソコンの購入方法については、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


3.HDDケース を別の PC に接続してみよう


HDD ケースの USB 端子を、パソコンの USB ポート ( 差し込み口 ) へ接続します。

WindowsXP 以降 ( XP / Vista / 7 / 8 / 10 など ) であれば自動的に認識します。認識できない場合は、取り出した HDD が壊れている可能性があります。


4.USB メモリ を使う感覚でデータを取り出してみよう


USB メモリ や DVD ドライブ からデータを取り出す感覚で使います。簡単ですね。

取り出したデータは新しいパソコン内に入れても構いませんが、バックアップも兼ねて 「 外付けハードディスク 」 に保存しておくと良いかもしれません。

外付けハードディスクについては、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


壊れた PC からデータを取り出す方法についてはこんな感じです。パソコンが壊れたときや、水をこぼしてしまった時は試してみるといいかもしれません。

念のためもう一度書きますが、あくまで HDD が無事ということが前提です。

でも、そんなに高いものでもないので、修理に出す前に一度試してみる価値はあると思います。使えなかったとしても、次の緊急事態に備えて 一つ 備えておくと安心です。

パソコンが壊れると焦ってしまいがちですが、まずは落ち着いて対処してみると良いかもしれません。

参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク