知らないと恥をかく一般常識の壁

テーブルマナーについて


テーブルマナーについて。


<席の座り方>
 まずは、洋食のフルコースの基本的なルールからです。テーブルに着くときは、椅子をひいてもらったら基本的に左側から椅子とテーブルの間に入るようにします。立つときも同様に椅子の左側からです。これは洋室では右側が上位なので、右を避けるためです。


<ナプキンの使い方>
 席に着くとたいていの場合、目の前にナプキンがあります。ナプキンはすぐに広げるようなことはせずに主賓が広げてから広げるようにしましょう。いつ広げるか確認するのが面倒なときは、オードブルが運ばれてくる直前に広げるのがいいとされています。ちなみに、主賓より先にナプキンを広げると、「私には時間がないので、早く料理を出してください」という意味にとられてしまいます。気を付けましょう。結婚披露宴などの場合は、乾杯が終わって同じテーブルの上座の人がナプキンを取り上げてから、周りの人も広げるようにします。
 ナプキンの使い方は、ときどき子供のよだれ掛けみたいに襟にする人がいますが、これは間違い。長方形になるように半分に折り、折り目をお腹側にして膝の上に置いて使うのが正しいとされています。


<ナプキンは口と指先専用>
 ナプキンを使っていいのは、口元と指先を拭くときだけです。カトラリーやグラス、テーブルなどへの使用はNGとされています。また、ナプキンを使わず、自分のハンカチやティッシュペーパーを使うと、「この店のナプキンは汚くて使えない」という意味になってしまうので気をつけましょう。
 ナプキンで口や指先を拭くときは、折り返したナプキンの裏側を利用して口と指先を拭けば、汚れが外側に出ないので見た目にも清潔です。また、食事中に飲み物を飲むときは、面倒でも一度ずつナプキンの端を引き上げて口元を拭いてからグラスに口をつけるようにすると、食べ物の脂分がグラスにつかないで済むので見た目にも綺麗です。もしグラスに口紅がついてしまったときは、指先でぬぐってからその指先をナプキンで拭くようにしましょう。


<フルコースの流れ>
 次はフルコースの流れです。西洋料理の一般的なフルコースは、次のような順序で出されます。

 1.前菜(オードブル)
▲ 2.スープ
※ 3.魚料理
▲ 4.グラニテ(口直しのシャーベット)
※ 5.肉料理
▲ 6.サラダ
▲ 7.チーズ
  8.デザート
  9.コーヒー・紅茶

 スープやグラニテ、サラダ、チーズを抜いたり、メインを魚か肉のどちらか1品にした手軽なものもあります。また、前菜の前に突き出し(アミューズ・グール)が出たり、コーヒーとともに焼き菓子(プティフール)が出たりすることもあるようです。


<カラトリーの使い方>
 次にカラトリーの使い方です。ナイフやフォーク、スプーンを総称して「カトラリー」と言います。これらのものはテーブルの上にズラッと並んでいて、初めての人はどれから使えばいいか迷ってしまうと思いますが、ルールは簡単です!これらは料理の出てくるごとに外側から順番に使えばいいだけです。万が一順番を間違えたり落としてしまったら、同じテーブルの人に「失礼しました」と詫びてから、片手を軽く上げてウェイターを呼んで、新しいものと取り替えてもらいましょう。落としてしまったりすると自分で拾ってしまいたくなりますが、そこは拾わずに我慢です!自分で拾うのはマナー違反になってしまいます。
 持つ手は、ナイフ(刀)は利き腕の右手で切り、左手に持ったフォークでブスッと刺して食べます。ちなみに、左手で食べにくいという人はナイフで切った後でフォークを右手に持ち換えてもOKです。ナイフの持ち方ですが、鉛筆を持つように握るのはNGです。包丁も持つように握り、人差し指と親指が前を向くように伸ばして持つようにします。ナイフとフォークを使うときはガチャガチャと音を立てないように注意しましょう。
 食事中、ナプキンで口を拭いたりトイレで席を立ったりするときは、ナイフとフォークを皿の上に「八」の字に置きます。これは「食事中」のサインを表します。このとき、ナイフの刃は自分側に向け、フォークは腹を下にして、皿から滑り落ちないように少し深めに置くようにします。「八」の字に置いておかないと、皿を片付けられてしまうことがあるので注意しましょう。
 食事を終えたら、ナイフとフォークの柄を手前にし、フォークは腹側を上にして、ナイフは刃を手前にして、右斜め下(時計の4時の位置が目安)に揃えて置くのが一般的。食べ残していても、こうして置いておけば片付けてくれます。置く位置や角度は国によって違っているようで、時計の3時や6時の位置に揃えて置く場合もあります。わからないときは周りの人を観察して合わせるようにしましょう。


<ナイフレストが出ていたら?>
 ナイフレストが出ていたら、それは「次の料理でも同じカトラリーで食べて下さい」という合図です。食事を1組のカトラリーで済ませる場合や、前菜が2~3皿出る場合などに用意されています。料理を食べ終わったら、ナイフの刃を内側に向け、フォークは腹を上にして、ナイフレストの上に揃えて置くようにしましょう。



スポンサーリンク



マナーの入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク