知らないと恥をかく一般常識の壁

税金の基本!会社に年末調整してもらえる人は?


『 会社に年末調整してもらえる人とは? 』


年末調整は会社が毎年行なってくれるものですが、年末調整をしてもらえる人と、してもらえない人に分かれます。( 年末調整が必要な理由とは?

では、この基準は一体なんだと思いますか?


そこで今回は、年末調整をしてもらえる基準と そうでない基準についてまとめました。( 最終更新:2012年12月 )


年末調整をしてもらえる人は?


年末調整の対象となる人は、基本的に


雇用主から給与をもらっている人


で、以下の条件に該当する人です。


  • 1 年間勤務している人
  • 途中入社で年末まで勤務している人
  • 非居住者となった人
  • 退職者のうち一定の要件の人


もちろん、この中には事業専従者も含まれます。

ちなみに、生命保険などの支払いをしていて、これらの金額も一緒に計算してもらいたいときは会社にお願いできます。

この場合は、会社から申告書を配られると思います。年末調整を行う日までに雇用主へ提出しないと、年末調整を受けられないこともあるので注意してください。総務科のある会社であれば、そこから連絡があると思います。


また、年末調整は通常年末に行いますが、対象者によっては年の途中に行うこともあります。その対象者は以下のような方です。


  • 死亡などの理由で退職した人
  • 1 年以上の予定で、海外支店などへ転勤をした人


いずれも、その理由が発生したときに年末調整を行うことになっています。


年末調整をしてもらえない人は?


一方、会社に年末調整をしてもらえない人は、以下の条件に当てはまる人です。


  • 給与収入が 2,000 万円を超える人
  • 災害減免法により徴収猶予を受けている人
  • 2 ヶ所給与の人で扶養控除申告書を提出していない人


年末調整してもらえるかどうかの条件についてはこんな感じです。確定申告の基本については




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


お金を賢く増やしてみよう



買い物で賢く支払いをしてみよう



パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



税金の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク