知らないと恥をかく一般常識の壁

税金の基本!サラリーマンでも確定申告は必要なの?


『 サラリーマンでも確定申告が必要かを把握してみよう 』
( 最終更新:2012年12月 )


サラリーマンでも確定申告は必要なの?


サラリーマンの場合、所得税は毎月の給与やボーナスから


源泉徴収


という形で天引きされています。

この金額は多かったり少なかったりすることがあるので、12 月の年末調整で精算されることになります。

多くのサラリーマンの場合、この年末調整で所得税の金額が確定するので確定申告をする必要がありません。

しかし、以下のものは年末調整で控除することはできません。


  • 医療費控除 ( 年間の医療費の額が 10 万円を超えたとき )
  • 住宅借入金等特別控除 ( 住宅ローン控除 )


そのため、


給与所得者 の 還付申告用の確定申告書


の提出が必要になります。

また、サラリーマンであっても以下の条件に該当する人は、自分で確定申告をする必要があります。


  • 年間の給与等の収入が 2,000 万円を超えている人
  • 給与所得以外の所得の合計が 20 万円を超える人
  • 2 ヶ所以上から 20 万円を超える給与等の支払いを受けている人
  • 同族会社の役員等で、その同族会社から給与の他に貸付金の利子、または資産の賃貸料を受け取っている人


上記の人たちは年末調整ができません。そのため、


  • 源泉徴収票
  • 生命・損害保険料の控除証明書
  • 社会保険料の納付書


などを用意して、自分で確定申告を行うことになります。


サラリーマンの確定申告についてはこんな感じです。確定申告の基本については




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


お金を賢く増やしてみよう



自動車の任意保険の重要性を理解してみよう



買い物で賢く支払いをしてみよう



パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



税金の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク