知らないと恥をかく一般常識の壁

健康の基本!お風呂での脳卒中や心筋梗塞の予防法は?!


寒い冬には入浴中の急死事故が増えるそうですが、これは血圧の変動が原因で生じるようです。

少しでも知識を萎えておくと、このような事態を避ける事にも繋がるので知っておくと良いかもしれません。


そこで今回は、お風呂での脳卒中や心筋梗塞の予防法についてまとめました。


お風呂での脳卒中や心筋梗塞になる原因は?


人の体は寒さを感じると、血管が収縮して血圧が上がります。

そのため、暖かくしている部屋から寒い脱衣所に入ると血圧が急激に上昇します。

また、浴室が冷えている場合はさらに血圧が上昇します。

そして、急激に血圧が上昇している状態で熱めの湯船につかると、血管が広がって今度は血圧が急激に下がってしまいます。


このような急激な血圧の変動が脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす原因とされています。

また、お酒などを飲んだ後にお風呂に入ると、心臓発作などの引き金になるので注意しましょう。


予防方法は?


事故を未然に防ぐためには、


お風呂に入る前に浴室や脱衣所を暖かくしておく


ことが大切です。

これは何もお風呂に限ったことではありません。

トイレや、暖房のない個室、外出など


寒暖の差のあるところに移動するとき


は注意しましょう。

寒い日は、脱衣所やトイレを小型のヒーターなどで温めておくと安心です。




こちらのヒーターは小さめなので、脱衣所で使用すると便利です。それとき以外は、机の下などに置いて足元を暖めるのにも使えます。

お風呂に入る前に脱衣所に置いて 5 分ほどつけておくと室内が温まります。温まるのも結構早いです。

スペースを取らないので、脱衣所以外にもキッチンやマンションの廊下、ベッドルームでも使えます。価格も抑えられているのでお勧めです。


お風呂での脳卒中や心筋梗塞の予防法についてはこんな感じです。

参考にしてください。


介護についての本を読んでみよう






スポンサーリンク



健康の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク