知らないと恥をかく一般常識の壁

処方箋の薬とお店で売ってる薬は違うの?


処方箋の薬と お店で売ってる薬は違うの?


違います。

薬は大きく以下の 2 つに分かれます。

  • 医療用医薬品
  • 一般用医薬品


医療用医薬品ってなに?


医療用医薬品とは、


医師が発行した処方せんに従って薬剤師が調剤する薬


のことです。

医療用医薬品は処方箋がないと使用することができないので、自分の判断で買うことはできません。


一方、一般用医薬品は 大衆薬 と呼ばれていて、自分の判断で選んで買うことができます。

これらの薬を販売するためには、薬事法という法律により都道府県知事の許可が必要となります。


人間関係の悩みを解決してみよう



睡眠を改善してみよう






スポンサーリンク



病院と医療の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク