知らないと恥をかく一般常識の壁

病院と薬局の基本!薬局の種類は?


薬などの薬品を販売する お店のことを、


医薬品販売業


とい言うそうですが、この医療販売業の種類について調べてみると、いくつかに細かく分かれているようです。

そこで今回は、医薬販売業 ( 薬屋さん ) の種類にどんなものがあるのかについて まとめました。


医薬品販売業ってなに?


薬局 および 医薬品販売業 は、すべて薬事法に規定されています。

その種類は以下のようになります。


  1. 薬局
  2. 一般販売業
  3. 卸売一般販売業
  4. 薬種商販売業
  5. 特例販売業
  6. 配置販売業


それでは、ひとつずつ見ていきましょう。


1.薬局


管理薬剤師がいて調剤室があり、医薬品の調剤や販売を行うところを指します。

病院にも調剤所があって薬を販売しているところはありますが、病院にある調剤所は薬局とは言いません。

なお、薬局の営業許可を受けたもの以外は、店舗に薬局の名称を使用することはできないようです。


2.一般販売業


管理薬剤師がいて、すべての医薬品を販売できる業種を指します。

調剤業務ができない点を除いては薬局と同じです。販売対象に制限はなく、一般消費者にも販売できます。


3.卸売一般販売業


管理薬剤師がいて、以下の者に対してのみ医薬品の販売や授与を行う業種のことです。


  • 薬局開設者
  • 製造業者
  • 販売業者
  • 医療機関
  • 家畜診療施設の開設者


ただし、販売先等変更許可申請をすれば小売行為の一部が認められるようです。


4.薬種商販売業 ( 薬店 )


CM でも 「 薬局・薬店 」 という言葉を耳にしますね。あの薬店と同じです。

都道府県知事が行う試験に合格した薬種商がいて、厚生大臣の指定する医薬品 ( 指定医薬品 ) 以外の医薬品を販売することができる業種のことです。

ちなみに、薬種商の試験は個人に与えられる資格試験ではなく営業許可の試験となります。


5.特例販売業


地域における薬局および医薬品販売業の普及が十分でない場合、またその他特に必要がある場合に、店舗ごとに都道府県知事が取り扱い品目を指定して許可を与える業種のことです。


6.配置販売業


あらかじめ消費者に医薬品を預けておき、消費者がこれを使用した後でなければ代金請求ができない販売方法のことです。取り扱い品目は厚生大臣の基準に基づき、都道府県知事が指定します。


薬屋さんの種類についてはこんな感じです。参考にしてください。


人間関係の悩みを解決してみよう



睡眠を改善してみよう






スポンサーリンク



病院と医療の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク