OEM版とDSP版の違いてなに?


OEM版 とか、DSP版、OPK版 といった名前が並んでいると、何が何だか違いがわかりませんが、今回は頭を整理するために、OEM版 と DSP版 の違いについて紹介してみたいと思います。


OEM版とDSP版の違いてなに?


DSP版は、


一部のパーツと一緒に使えば、OS を利用することを許可する


製品のことをいいますが、マイクロソフトは、


「 プリインストール版のOS 」 と 「 DSP版のOS 」


は本質的には同じだと考え、以前までは両方とも OEM版 と共通の呼び方をしていました。

確かに、プリインストール版の WindowsOS も、パーツと一緒に販売されている WindowsOS も 「 ハードウェアと一緒に使う 」 という点では同じなのですが、大手パソコンメーカ製でプリインストールされた OS は、そのパソコンでのみ使えるという特殊仕様の CD-ROM になっています。


一方、パーツ OS の場合は、特定の機器に関連づけて作られた特殊仕様の製品 ( CD-ROM ) ではありません。

その為、製品としては明らかな違いがあり、同じ名前を使い続けると今後混乱されることが予想されたため、パーツ OS の方を


DSP版 ( Delivery Service Partner版 )


と呼ぶことにしたようです。


ちなみに、このように区別されて呼ばれるようになったのは、2003 年 ~ 2004 年頃と言われています。


  • OEM版:プリインストールのOS製品
  • DSP版:一部のパーツと一緒に使うOS製品


なお、OEM版は大手パソコンメーカーに販売されるのに対して、DSP版は販売店や自作ユーザ向けに販売されます。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク