知らないと恥をかく一般常識の壁

OEM版とDSP版の違いてなに?


OEM版 とか、DSP版、OPK版 といった名前が並んでいると、何が何だか違いがわかりませんが、今回は頭を整理するために、OEM版 と DSP版 の違いについて紹介してみたいと思います。


OEM版とDSP版の違いてなに?


DSP版は、


一部のパーツと一緒に使えば、OS を利用することを許可する


製品のことをいいますが、マイクロソフトは、


「 プリインストール版のOS 」 と 「 DSP版のOS 」


は本質的には同じだと考え、以前までは両方とも OEM版 と共通の呼び方をしていました。

確かに、プリインストール版の WindowsOS も、パーツと一緒に販売されている WindowsOS も 「 ハードウェアと一緒に使う 」 という点では同じなのですが、大手パソコンメーカ製でプリインストールされた OS は、そのパソコンでのみ使えるという特殊仕様の CD-ROM になっています。


一方、パーツ OS の場合は、特定の機器に関連づけて作られた特殊仕様の製品 ( CD-ROM ) ではありません。

その為、製品としては明らかな違いがあり、同じ名前を使い続けると今後混乱されることが予想されたため、パーツ OS の方を


DSP版 ( Delivery Service Partner版 )


と呼ぶことにしたようです。


ちなみに、このように区別されて呼ばれるようになったのは、2003 年 ~ 2004 年頃と言われています。


  • OEM版:プリインストールのOS製品
  • DSP版:一部のパーツと一緒に使うOS製品


なお、OEM版は大手パソコンメーカーに販売されるのに対して、DSP版は販売店や自作ユーザ向けに販売されます。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク