知らないと恥をかく一般常識の壁

うつ病の基本!診療費・治療費を安くする方法とは?!


『 うつ病の治療費を抑える方法を把握してみよう 』


うつ病で診療代を安くする方法は?


うつ病などで内科や心療内科などに通院をされている方は、診察や薬の費用がかさんでしまうと思います。

中には仕事ができない状態の方もいると思うので、収入がない方は治療費を払うのも大変かもしれません。

私の知り合いもうつ病で通院をしていますが、その人は医療費が免除される制度を利用しているそうです。


そこで今回は、この制度について紹介してみたいと思います。( 最終更新:2008年1月 )


医療費が免除される制度って?


医療費が免除される制度とは、精神保健福祉法の第 32 条 ( Mental Health and Welfare Acts 32 )


通院医療費公費負担制度 ( 通称 : 32 条 )


のことです。


  • 精神障害者の医療と保護
  • 社会復帰の促進
  • 自立と社会復帰
  • 福祉の増進


といったことを目的としていて、精神科・神経科・心療内科 などの医療機関に通院している人を対象に、その医療費 ( 診察料と薬代 ) を公費で負担してくれます。負担してくれるのは、通院医療費の 95 %までとされています。

利用できる年齢制限や所得による制限、受診期間による制限などは特にないので、早めに申請した方が良いかもしれません。申請に関しては、個人のプライバシー保護に十分な配慮がなされるので、会社に情報が漏れる心配はありません。


ただし、入院治療の場合は対象外となってしまうので注意しましょう。また、処方された薬のうち風邪薬や吐き気止め、胃薬など、直接精神病を治療するもの以外の薬は対象外となります。


「 32 条 」 の仕組みはどうなってるの?


この制度の仕組みは、まず費用の95%を公費で負担してくれて、残りの 5 %が自己負担額になるというものです。公費の負担割合は、国が 1/2、都道府県と指定都市が 1/2 を負担します。

なお、住民税が非課税の人の場合は、自己負担は 0 %になります。地域によっては、住民税の課税・非課税を問わず自己負担が 0 %になるように助成してくれるところもあるようです。


どうやって手続きをするの?


今住んでいる地区の役所か保健所で申請書と診断書を受取り、医師に診断書を書いてもらって、申請書とともに役所か保健所に提出します。書類の名称は以下のようなものです。


  • 申請書 : 自立支援医療費 ( 精神通院 ) 受給証
  • 診断書 : 診断書 ( 通院医療費公費負担用 )


申請書は医師が準備してくれることもあるようなので、前もって担当医に 「 32 条を使いたいですのですが 」 と聞いてみましょう。


申請にあたって費用は不要ですが、初めて申請する場合には医師の診断書料が 3,000 円 ~ 5,000 円程度かかります。

代行してもらう場合は代行費用がかかることもあるようですが、診断書料と合わせて 5,000 円以内で済むようです。

少し高いように思うかもしれませんが、今後の医療費を考えると申請する価値は充分にあると思います。

ちなみに、精神障害者保健福祉手帳を持っている人は、医師の診断書は不要です。また、精神障害者保健福祉手帳と同時に申請することも可能です。その場合、診断書は 1 枚で構わないようです。


有効期間はどれくらいあるの?


有効期間は 2 年間ですが、地域によっては 1 年のところもあるようです。継続して助成を受けたい場合は、有効期間が切れる 3 ヶ月前から継続の申請することが可能です。

申請すると、都道府県で判定を行なうため申請から適用開始までだいたい 1 ヶ月程度かかります。

転院する際は手続きが必要です。この場合は、役所か保健所、あるいは代行してもらった医療機関に相談してみましょう。


最後に


精神科の治療は長い期間かかる場合があるので、医療費負担はかなりのものになります。

それが原因で治療を中断してしまうこともあるので、継続して正しい治療を受けるためにも通院中の方には申請をお勧めします。

うつ病の方や、それ以外の心の病気で悩んでいる方が、ゆっくりと焦らずに治して元気な生活を取り戻せることを願っています。

参考にしてください。


人間関係の悩みを解決してみよう



睡眠を改善してみよう






スポンサーリンク



保険と年金の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク