知らないと恥をかく一般常識の壁

部屋探しのコツ!敷金と礼金の額が2ヶ月なのは妥当?


『 敷金と礼金の額は、あなたの価値観次第 』


マンション や アパート の物件を探していると、「 敷金 」 と 「 礼金 」 の項目を目にすると思います。

でも、なぜか この金額は物件ごとに違ってますよね。敷金 と 礼金 が 「 0 ・ 0 」 というところもあれば、「 2 ・ 2 」 というところもあります。こんなに数字が違うと、


「 何か裏があるんじゃないの? 」


と勘ぐってしまう人もいるかもしれません。 ← 私

実は、これにも ちゃんとした理由があります。


そこで今回は、敷金と礼金の金額差に含まれた意味についてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


敷金と礼金の金額差の意味は?


簡単に説明すると、すぐに借り手が見つかるような優良物件ほど敷金と礼金が高くなる傾向にあります。

つまり、敷金・礼金 が共に 2 ヶ月 という物件は、


余程条件が良く、すぐに借り手を探せる人気のある物件


ということになります。

そのため、大家さんや不動産も強気の姿勢で


「 敷金と礼金は、どちらも 2 ヶ月 ね 」


と条件を付けられるわけです。


ただし、あなたにとって この条件が妥当なのかは別です。借り手はあなたなので、大家さんや不動産屋さんが どんなに


「 ここは優良物件だよ 」


と言ってきても、お金を払う側の あなたが、それだけの価値を感じないのであれば、ただ高い物件 というだけでしかありません。

つまり、その家が あなたの探している条件にピッタリの物件で、他の人には絶対に取られたくないというのであれば 「 2 ・ 2 」 で契約してもいいと思います。でも、そうでなければ別の物件を探した方が無難です。


 な ん で ?


計算するとわかると思います。

たとえば、ひと月の家賃が 10 万円 のマンションの場合、敷金と礼金は 2 ヶ月分ずつで 40 万円 になります。

契約時に最初の月の家賃 10 万円 も支払い、加えて不動産屋さんに支払う手数料も支払うことになるので、


  • 10 万 + 40 万 + 手数料


となり、合計 50 万円以上 の初期費用 が必要になります。

あなたが それだけ価値のある物件だと感じるのであれば問題ありませんが、そうでなければ慌てて決める必要はないと思います。

物件は他にもたくさんありますし、希望に合った家は根気よく探せば見つかります。


また、不動産屋さんは たいてい予算よりも 1 ~ 2 万円 高い物件を紹介してきます。

いい部屋を見ると そこを借りたくなるのが人情です。その心理を踏まえた上であなたに紹介しているので、部屋を探すときは


誘惑に負けず、冷静に、あなたの希望に合っているのかを判断しながら選ぶ


ことが大切です。


でも、どうしたら希望に合った物件を効率良く探せるのかが わからない人も多いかもしれません。これについては、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


敷金と礼金の金額差の意味についてはこんな感じです。

部屋探しは楽しい反面、お金の面で心労を伴います。でも、ポイントを押さえて諦めずに粘り強く探せば、きっと納得できる物件は見つかると思います。

新生活を気持ちよく始めるためにも、費用も考えながら理想の物件、あるいはそれに近い物件を見つけるようにしてみると良いかもしれません。

参考にしてください。


引越し費用を抑えるコツ



効率よく部屋を探してみよう



引越しの作業をスムーズにしてみよう



引越し先でイライラしないために



新居の防犯対策をする前に






スポンサーリンク



引越し入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク