航空券の基本!安く買うための5つの方法と注意点は?


『 快適に旅をするために、コツを掴んで航空券を選んでみよう 』


航空券を買う際に悩むのが、航空会社価格 です。行き先が同じであれば、できるだけ安く 購入したいと思われる方も多いと思います。 ← 私

でも、ただ安ければいいというものでもありません。予定の時刻 通りに飛ばなければ他の予定にも影響してしまいます。また、できるだけ質の高い接客などサービス面でも充実しているところを選んだ方が気持ちよく利用できると思います。

全ての条件を満たすのは難しいですが、航空券を買う際に少し工夫するだけで、より良いサービスを提供してくれる航空会社のチケットを、より安く手に入れることができます。

また、購入の際の利便性なども考慮しておくと、選択の時間も節約できると思います。


そこで今回は、こうした点も踏まえながら、航空会社の選び方と、国内線と国際線の航空券を安く買う方法についてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


航空会社の選び方は?


まずは、どの航空会社を選ぶかを決めなければなりません。

もし、あなたが価格のみで判断したいのであれば、


格安航空会社 ( LCC )


を利用すると良いかもしれません。ちなみに、国内線で利用できる代表的な LCC には以下のようなところがあります。




これらの企業であれば、誰でも簡単に 驚くほど安いチケットを購入できます。

移動の費用を極力 抑えることができれば、浮いたお金を使って美味しい食事を楽しんだり、エステやスパなどのプチ贅沢を満喫するなど、より有意義な時間を過ごせるようになると思います。


た だ し 、


もともと LCC は、低価格で移動できる格安高速バスに対抗して、飛行機を利用してもらえる人を掘り起こすために立ち上げているので、「 空のバス ・ 空の電車 」 といった位置づけでサービスを行なっています。

そのため、これまでの 大手航空会社 のサービスとは大きく差別化 が図られています。どのような点が違うのかというと、LCC は機体数に限りがあり時間ギリギリで運行しているので、以下のような側面を持ち合わせています。


  • 一度 遅延が生じると、その後の便もドミノ式に遅れてしまう
  • 機体トラブルがあると、複数の フライト キャンセル が出る


つまり、場合によっては予定通り目的地に行けないこともあるわけですね。そのため、出張 や 旅行 で使う際には、こうした リスク を考慮して選ぶ必要があります。

また、チケットは安い料金のものから無くなっていき、座席が埋まるに従って価格が上がっていくので、急な 旅行 や 出張 などで直前に購入すると LCC の魅力は弱くなってしまうことがあります。

そのため、


  • 遅れ や キャンセル があってもいい
  • 特に サービス は求めないから安く移動したい
  • 早めに購入できるので、メリットを享受できる


という場合は、これらの 航空会社 を選ばれると良いかもしれません。( LCC の航空券も まとめて比較できるサイトは記事の下で紹介します。)

一方、


「 飛行機の 遅れ や キャンセル が出ては困る 」


という方は 大手航空会社 ( JAL ・ ANA など ) を利用した方が良いかもしれません。


な ん で ?


機体トラブルが生じても代わりの飛行機を用意できるなど、万が一の時の対応も期待できるからです。

では、大手航空会社 のチケットを、できるだけ 安く 購入するにはどうしたらいいと思いますか?


次は、この方法について見ていきましょう。


格安航空券ってなに?


まず、大手航空会社の格安航空券は、正規運賃より低価格で提供されているので、安全性 や サービス に差があるのではないかと不安に感じる方もいるかもしれませんが、こうした点で差がでるわけではありません。

そもそも 格安航空券 とは、航空会社が 旅行会社に割引料金の航空券を卸したものを指します。

わかりやすく言うと、航空会社が 団体料金用 の安い航空券を旅行会社に卸して、それを各旅行会社がバラ売りをしてるわけです。

あるいは、旅行会社が航空会社の株主となり、株主優待で航空券を購入することで安価に提供するものもあります。

つまり、格安航空券 で購入しても、どこから購入したのかが違うだけで、同じ サービス を受けることができる ので お得だと言えるわけですね。


では、どうしたらこの 格安航空券 を買えるのかについて見ていきましょう。


格安航空券の賢い買い方は?( 国内線 & 国際線 )


格安航空券を扱っている会社は たくさんありますが、ただ闇雲に探しても なかなか満足のいくチケットは選べません。


な ん で ?


「 格安 」 と書いていても 正規運賃 より高いことがあるからです。

そのため、いくつかの旅行会社を比較しながら選ぶ必要があるのですが、その前にやっておくべきことがあります。それが以下の 5 つです。


  1. 出発地 と 目的地 を決める
  2. 日程 を決める
  3. こだわりがあれば決める
  4. 予算 を決める
  5. 早めに予約する


これらの点をあらかじめ押さえてから選ぶようにすると、膨大な航空券を簡単に絞り込むことができると思います。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.出発地と目的地を決める


まずは当然のことながら、旅行 や 出張 などの際に どの空港から、どの空港へ行きたいのか を決めます。行きたい場所が複数あるときは、それも一緒に書き出しておきましょう。

また、


  • 登場人数
  • 席のグレード( エコノミー、ビジネスなど )


についても、このとき一緒に希望を把握しておくようにします。


2.大まかな日程を決める


次に、大まかな旅行の日程を決めて、搭乗日の目星を付けておきます。( 日程が決まっていて動かせないのであれば、その日程で探すようにします。 )

もし往復で移動するのであれば、往路・復路 それぞれの搭乗日も大まかに決めておきましょう。

なぜ明確に決めず 「 大まか 」 に決めておくのかというと、搭乗日程を 1 日、あるいは 数時間 ずらしただけで、費用が 数千円 ~ 数万円 安くなることがあるからです。

これは 旅行業界 に


シーズナリティ


があることが原因です。

シーズナリティとは、時期によって料金が変わることです。

わかりやすく言うと、混雑する時期は料金が高くなり、空いている時期は安くなるわけですね。

航空会社 としては、できるだけ たくさんの人を乗せて 席 を埋めてから飛行機を飛ばしたいので、


空席の多い時期 や 平日の早朝


など搭乗者が少ない日時には、料金を安くして搭乗者を集めます。

そのため、日時を先に決めてしまうのではなく、航空券の安くなっている日時に合わせられるように、余裕を持って決めておくことが大切なわけです。

ちなみに、1 年 のうちで特に空いている時期は


  • 1 月中旬
  • 6 月
  • 11 月前後


です。一方、


  • クリスマス ~ 年末年始
  • お盆
  • ゴールデンウィーク


の時期は混雑 します。

一つの目安として把握しておくと良いかもしれません。


3.こだわりも考慮する


たとえば、マイルなどを貯めていて


「 ○○ 航空会社 でなければ嫌 」


といった こだわり があれば、こうした点も決めておきます。

特に海外旅行の際は、日系の航空会社でないと嫌という方も沢山いると思います。 ← 私

これは日本語が話せるフライト・アテンダントが良いとか、接客レベルが高いからといった理由が挙げられます。

もし、家族や友人、同僚など複数人で旅行に出かけるときは、必ず他の人たちの意見を聞いてから選ぶようにしましょう。

このような譲れない部分を最初に決めておくと選択肢が絞られるので、膨大な数の航空券に悩まされることもなくなります。

でも、料金の安さを重視して選びたいのであれば、こだわりを持たない方が 安い航空券 を見つけやすいですよ。


4.予算を決める


次に、予算の 希望額 を決めます。


「 予算は ○○ 円 以下でないと困る 」


という希望があればその範囲内で探すようにします。

しかし、航空券を頻繁に買う人でなければ相場はわからないので、各航空会社の公式ホームページなどで相場を把握した後に、旅行会社の Web サイトなどで比較してみるといいかもしれません。


5.早めに予約する


格安航空券を購入する際に最も重要なのは 早めに予約すること です。これには 3 つ の理由があります。

一つ目は、利用者の多い路線や日時のチケットは、すぐに売れてしまうから です。特に国際線ではよく起こりますね。なので、他の人よりも早目に押さえておく必要があります。

二つ目は、航空券が決まらないとホテルやレンタカーなどの予約ができないから です。せっかく良い ホテル を見つけても、航空券が押さえられていなければ予約できませんよね。つまり、航空券の購入は旅の最優先事項ということがわかります。

三つ目は、格安航空券は 早ければ早いほど 安くなる制度だから です。一般的に、搭乗日に近づくにつれて少しずつ金額が上がっていきます。なので、遅くても 1 ヶ月前 くらいには予約するようにしましょう。

でも、急な出張などの場合は直前に購入することになると思います。この場合は 前日 でも格安で購入できる旅行会社もあるので、そうした ところを利用すると良いかもしれません。

とは言っても、旅行会社は 数多く存在するので、どこで買えばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。そこで、旅行 や 出張 で使える便利な 格安航空券 を扱った旅行会社について見ていきましょう。


どこで買うと安く購入できるの?


これは国内線か国際線かで変わってきます。それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


国内線の格安航空券を探してみよう


国内線に関しては、時期にもよりますが


航空券のみ


を購入されるのであれば、JAL や ANA、スカイマーク、Peach など各航空会社の公式サイトから直接購入されるのが一番安いと思います。

特に出発日より 一ヶ月以上前 の購入であれば、早割などの特別価格で販売されるので非常に安く購入できます。( 早割の席数には限りがあり、無くなり次第終了することが多いので注意しましょう。 )

昔は、航空会社から直接購入するのは高いという印象が強かったのですが、LCC が登場した頃から変わってきているような気がします。公式サイトで安く購入できるのであれば、そちらを利用した方がいいと思います。


しかし、旅の目的地や購入するタイミングによっては、旅行会社の方が航空会社よりも安値で販売していることもあります。たとえば以下のようなところです。




こちらは格安航空券の老舗専門店である ena の公式サイトです。主に国際線のチケットを取り扱っているところなのであまり知られてはいませんが、実は国内線の格安航空券も豊富に取り揃えています。JAL や ANA などの大手航空会社から、スカイマークやソラシドエアなどの中堅航空会社、そして冒頭で紹介した格安航空会社の航空券まで幅広く購入できます。LCC の航空券でも、航空会社から直接購入するよりも安く買えることもあるので一緒に確認されてみるといいかもしれません。


一方、旅先で宿泊されるのであれば、旅行会社から


航空券+ホテル


で販売されているプランを購入した方が旅費を節約できます。

たとえば、旅行会社が販売している 「 往復航空券+ホテル(朝食付き)の価格 」 と、航空会社が直接販売している 「 往復航空券の価格 」 が、ほとんど変わらないこともあるからです。

なので、ホテル や 旅館 に宿泊されるのであれば、こうしたプランを利用された方が費用の節約になると思います。個人的に一番使いやすくて安価なプランを豊富に揃えていると思えるサイトは以下のところですね。




楽天トラベルのサイト内にある メニュー から、「 国内ツアー 」 というところをクリックすると、このタイプの予約ができます。 「 楽パック 」 とか 「 ダイナミックパッケージ 」 とも表記されています。宿の情報も見やすくて使い勝手もいいですね。

ただし、楽天の場合は JAL と ANA の航空券しか用意されていないので、中堅航空会社 や LCC の航空券が欲しいというときには使えません。この場合は、航空券を LCC などの公式サイトから安くで購入して、楽天で安価なホテルを予約するといった使い方をされると良いかもしれません。ちなみに私は、せっかく泊まるのであれば、安くても綺麗なホテルを選びたいので以下のホテルをよく使います。




こちらのホテルは、各都道府県の県庁所在地にあることが多いのでアクセスにも便利ですし、室内も広々としていてベッドも綺麗なので快適です。早めに予約しておくと、よりお得に泊まれます。


国内線の航空券にはこうした特徴があるので、旅の仕方によっては購入先を使い分けた方がいいかもしれません。

では次に、国際線についても見ていきましょう。


国際線の格安航空券を探してみよう


国際線も同様に、航空会社から直接購入された方が安いと思います。

しかし、旅行会社を利用した方が費用を節約できたり、ストレスなく買えるメリットもあるので、こうした点も踏まえて比較してみると良いかもしれません。

たとえば、「 東京-ロサンゼルス 」 間の路線は、国内線に比べて航空会社の数も一気に増えるので比較するだけでも大変です。でも、旅行会社のサイトを使えば簡単に比較できますし、早めに購入すれば航空会社から直接購入するよりも安くなることがあるので旅費を節約することができます。

また、海外の航空会社のチケットも日本語で購入できるので、言葉の問題も解消できてストレスもありません。

日本の航空会社を利用するにしても、旅行会社の価格の方が安いこともあるので、必ずチェックされることをお勧めします。

旅行会社でも 「 航空券のみ 」 の販売を行っていますが、


航空券+宿 」 や 「 ツアー


などのプランを利用すれば、より安価に旅を楽しむことができます。選ぶ際は、こうしたプランを豊富に取り揃えているところを選択肢に入れておくといいかもしれません。

でも、一口に旅行会社と言ってもたくさんあるので、どこで買えば良いのかがわからない方も多いと思います。そこで、個人的に良さそうだと感じたところを以下に 3 つ挙げてみます。




一つ目は、先ほど国内線のところでも紹介した格安航空券の老舗専門店である ena の公式サイトです。国際線でも大手航空会社から中堅航空会社、そして LCC のチケットまで幅広く用意されています。また、「 航空券+ホテル 」 の同時予約で セット割引 が適用されるのも魅力ですね。

実際に航空券を購入してみましたが、対応もスムーズですし、質問にも丁寧に答えてくれるので気持ちよく利用できました。キャンペーンなども頻繁に行われているので一度チェックされることをお勧めします。


二つ目は、総合旅行会社である H.I.S. の公式サイトです。H.I.S. は旅行業界のベンチャー企業で、航空会社のスカイマークエアラインズを設立したり、長崎ハウステンボスを子会社化したりするなど、チャレンジ精神のある企業として知られています。海外旅行には特に力を入れていて、ハワイ・バリ島・プーケット島などの新興リゾート地のシェアは、国内の旅行会社の中ではトップクラス。2011 年には海外旅行取扱高において、JTBグループを抜いて旅行業界首位になっています。

取り扱っている商品も豊富で、格安航空券をはじめ独自性のある 「 パッケージツアー ( 航空券+ホテル+観光 ) 」 や 「 フリープラン ( 航空券+ホテル ) 」 などを豊富に取り揃えているのも魅力です。さらに、海外サポートコールというサービスも用意されていて、H.I.S.海外支店スタッフが 24 時間日本語でサポートしてくれるのも助かります。


三つ目は、国内最大の旅行会社&世界屈指の事業規模を有する JTB の公式サイトです。JTB は財団法人日本交通公社の営利部門が民営化されて誕生した企業ですね。企業規模も大きく、国内ツアーから海外ツアーまで便利でお得なプランが豊富に用意されています。

他の旅行会社のサイトで同等のプランを比較してみたらわかるかと思いますが、JTB で用意されているプランは費用が若干高くなっていると思います。これは JTB が押さえているホテルの客室などのグレードに差があることが理由のようです。たとえば、JTB を通すことで景色の良い部屋を用意してもらえたり、宿泊先での食事の待遇が良くなったりするなどの差が出てきます。つまり、価格よりも質を重視することで、「 次もまた JTB を利用したい 」 と思ってもらえるような旅を演出してくれるのが JTB の魅力だと思います。この点を考慮して選ぶようにしてみるといいかもしれません。

注目したいのは、「 海外ツアー ( 航空券+ホテル+観光 ) 」 と 「 海外ダイナミックパッケージ ( 航空券+ホテル ) 」 です。世界各国へのお得な旅行プランが豊富に用意されているので、必ずチェックされることをお勧めします。また、国内旅行のプランも充実しているので、国内旅行を検討されている方はそちらも一緒に確認されてみてください。( 国内旅行の宿泊・ツアー : 【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ! )。

ちなみに JTB で用意されている支払方法は、クレジットカードでの支払いがメインのようなので、あらかじめ用意されておくことをお勧めします。海外旅行ではクレジットカードは必需品なので、まだ持っていないという方は用意されておくと良いかもしれません。( 海外旅行の基本!クレジットカードは何枚持っていくべき?


航空券の 選び方 と 買い方 についてはこんな感じです。

同じ航空券でも買い方を少し工夫してみるだけで、費用や旅の質が変わってくることを理解していただけたかと思います。

先ほど紹介した 「 シーズナリティ 」 などのポイントも一緒に押さえながら探してみると、効率的に選べると思いますよ。 賢く選んで楽しい旅にしてみましょう。

ちなみに、旅行の際に必要となるスーツーケースの選び方については、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


海外旅行&出張を快適にしてみよう



海外赴任&留学を快適にしてみよう






スポンサーリンク