東京発、メキシコ直行便の格安航空券の買い方は?


『 メキシコ行きの格安航空券を 賢く選んでみよう 』


旅行 や 出張 などでメキシコへ出かける際に購入する航空券は、ほとんどは アメリカ経由 の航路を取ります。

しかし、これだと手間と時間がかかるので効率的ではありません。

先日、私も初めて出張で メキシコシティ に行くことがありましたが、その際にメキシコ に詳しい知人から便利な路線を教えてもらいました。知っておくと 時間 も 手間 も節約できるので良いかもしれません。

そこで今回は、このことについてまとめます。( 最終更新:2016年1月 )


メキシコ行き格安航空券の賢い買い方は?


知人が教えてくれた航空会社は


アエロメヒコ航空


を利用する方法です。

メキシコの 大手航空会社 で、東京 から 首都メキシコシティ まで 直行便 が出ています。

以前は 日本航空 もメキシコシティまで直行便を出していましたが、すでに廃止となり、現在直行で行けるのは アエロメヒコ だけです。

その他の路線には


  • エアカナダ
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空


などの 外資系 のものもありますが、これらは全て 米国 や カナダ の空港を経由します。


○○ 経由


となると 手間 と 時間 がかかるのに、料金は大して変わらないので少し損をした気分になります。

たとえば、サンフランシスコ経由 の場合は アメリカ に一度入国して、再度 乗り換えないといけないので余計な手間がかかってしまいます。米国への 入国審査 の手続きのために長い行列に並んで、何時間も足止めされてしまうのは大変です。

また、本来なら寝ている時間帯に起こされて手続きをしなければならないので、体力も消耗してしまいます。疲れがたまると 渡航先 での行動にも影響が出てしまうので、できるだけ楽な直行便を使った方が良いかもしれません。

ちなみに、以前までは アエロメヒコ航空 も メキシコ と アメリカ の国境付近にある ティファナ を経由してメキシコシティに飛んでいたようです。今は改善されて メキシコシティ に直行で行けるようになりました。


 た だ し 、


帰りだけは ティファナ経由 になります。

てっきり 私は帰りも直行だと思い込んでいたので、突然 夜中に起こされて何事かと思いました。

空港の ベンチ に座って ウトウト していたら危うく置いて行かれるところでした。。( 待ち時間に寝ないように注意 )

でも、行きも 帰りも 経由地で手続きをするより、帰りの 1 回 で済んだのは楽でした。それに、ティファナ はメキシコ国内なので審査も 1 回 で済むため便利です。


どれくらいの頻度で飛んでいるの?


アエロメヒコ航空 が出ている便は、


月・水・土 の 週 3 回


で、成田空港発のみです。

便が少ないせいか 座席 もすぐに埋まってしまうので、2 ヶ月 くらい前から 空席状況 を確認するようにして、予定が確定したら押さえておくのがいいと思います。


アエロメヒコ航空のチケットはどこで買えるの?


アエロメヒコ航空 のチケットは、直接 アエロメヒコ から買うこともできますが、格安チケット を取り扱っている会社から購入するのを お勧めします。


 な ん で ?


直販サイトから 正規の運賃 で買っても、格安航空券サイトから割安のチケットを買っても 受けられるサービスは同じだからです。それなら 安い ところから購入した方が お得です。

そこで、以下に アエロメヒコ の格安航空券を扱っているところを紹介します。




こちらは今回私が利用した旅行会社で、格安航空券を扱う 老舗専門店 です。対応もスムーズですし、質問にも丁寧に答えてくれるので安心です。航空券の種類も多く、「 航空券+ホテル 」 のパッケージもあるので、旅行 から 出張 まで幅広く利用できます。

アエロメヒコは成田空港からしか乗ることができないので、検索するときは出発地を 「 成田国際空港 ( 千葉県 ) 」 にして検索してください。もし、「 アエロメヒコ航空 」 で検索して出てこないときは、日付を 1 ~ 5 日ずらして検索すると出てくると思います。

私が探した中では、料金も一番安かったので お勧めの旅行会社です。もちろん、この他にもメキシコの ツアー や フリープラン を扱っている旅行会社はあるので、大手の旅行会社も一緒に比較してみると良いかもしれません。例えば以下のようなところですね。




一つ目は、総合旅行会社である H.I.S. の公式サイトです。H.I.S. は旅行業界のベンチャー企業で、航空会社のスカイマークエアラインズを設立したり、長崎ハウステンボスを子会社化したりするなど、チャレンジ精神のある企業として知られています。海外旅行には特に力を入れていて、ハワイ・バリ島・プーケット島などの新興リゾート地のシェアは、国内の旅行会社の中ではトップクラス。2011 年には海外旅行取扱高において、JTBグループを抜いて旅行業界首位になっています。

取り扱っている商品も豊富で、格安航空券をはじめ独自性のある 「 パッケージツアー ( 航空券+ホテル+観光 ) 」 や 「 フリープラン ( 航空券+ホテル ) 」 などを豊富に取り揃えているのも魅力です。さらに、海外サポートコールというサービスも用意されていて、H.I.S.海外支店スタッフが 24 時間日本語でサポートしてくれるのも助かります。


二つ目は、国内最大の旅行会社&世界屈指の事業規模を有する JTB の公式サイトです。JTB は財団法人日本交通公社の営利部門が民営化されて誕生した企業ですね。企業規模も大きく、国内ツアーから海外ツアーまで便利でお得なプランが豊富に用意されています。

他の旅行会社のサイトで同等のプランを比較してみたらわかるかと思いますが、JTB で用意されているプランは費用が若干高くなっていると思います。これは JTB が押さえているホテルの客室などのグレードに差があることが理由のようです。たとえば、JTB を通すことで景色の良い部屋を用意してもらえたり、宿泊先での食事の待遇が良くなったりするなどの差が出てきます。つまり、価格よりも質を重視することで、「 次もまた JTB を利用したい 」 と思ってもらえるような旅を演出してくれるのが JTB の魅力だと思います。この点を考慮して選ぶようにしてみるといいかもしれません。

注目したいのは、「 海外ツアー ( 航空券+ホテル+観光 ) 」 と 「 海外ダイナミックパッケージ ( 航空券+ホテル ) 」 です。世界各国へのお得な旅行プランが豊富に用意されているので、必ずチェックされることをお勧めします。

ちなみに JTB で用意されている支払方法は、クレジットカードでの支払いがメインのようなので、あらかじめ用意されておくことをお勧めします。海外旅行ではクレジットカードは必需品なので、まだ持っていないという方は用意されておくと良いかもしれません。( 海外旅行の基本!クレジットカードは何枚持っていくべき?


メキシコ行き格安航空券の賢い買い方についてはこんな感じです。楽しい旅になるよう、航空券の選び方からこだわってみると良いかもしれません。

参考にしてください。


海外生活の費用を節約してみよう



旅を快適にしてみよう






スポンサーリンク