知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!訴訟での裁判の流れと費用は?


『 訴訟について理解してみよう 』


前回、交通事故で示談が成立しないときの一つの解決方法として調停を紹介しましたが、そこで解決できなければ


訴訟


という解決方法をとることになります。 ( 調停ってなに?

でも、具体的に どのようなことをするのか、あまりよくわからない方も多いと思います。 ← 私


そこで今回は、この訴訟についてわかりやすくまとめました。( 最終更新:2015年1月 )


訴訟ってなに?


訴訟とは、当事者同士での話がこじれて示談が成立しないときに、裁判によって解決を図る方法 のことです。

この解決方法では法律の専門家である弁護士に依頼するのが一般的ですが、弁護士に頼まずに自分で行う 本人訴訟 も可能です。


裁判の期間は?


裁判は 日数 ~ 数か月 かかります。相手が控訴すれば数年かかることもあります。

しかし、第 1 審判決に 仮執行宣言 がつけば、確定判決と同様の効力が生じます。


裁判にはどれくらいの費用がかかるの?


裁判にかかる主な費用は以下の 2 つです。


  1. 手数料
  2. 弁護士報酬


では、ひとつずつ簡単に見ていきましょう。


1.手数料はいくら?


ここでの手数料とは訴状に貼る収入印紙代です。この金額は損害賠償として請求する金額によって以下のように変わります。


【 訴額 ⇒ 印紙代 】
  • 50 万円 ⇒ 5,000 円
  • 100 万円 ⇒ 10,000 円
  • 300 万円 ⇒ 20,000 円
  • 500 万円 ⇒ 30,000 円


では次に、弁護士報酬について見てみましょう。


2.弁護士報酬はいくら?


弁護士報酬とは、弁護士に裁判を依頼する際に必要となる費用のことです。例えば以下のようなものがあります。


  • 法律相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 手数料
  • 日当
  • 実費


ただし、弁護士に依頼すると上記のものがすべて必要になるというわけではありません。

弁護士によって必要となる費用も金額も変わりますし、交通事故の内容によっても変わってきます。そのため、依頼する際は複数の法律事務所で相談して比較した後で決めるといいかもしれません。

ちなみに、私が依頼した際は訴訟は行わず、保険会社の担当者と交渉して話がまとまったのですが、その際の費用は、「 法律相談料 」 「 着手金 」 「 報酬金 」 のみで、その他の費用については必要ありませんした。

弁護士に相談する際の注意点などについては、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

また、加入している保険に 弁護士費用特約 が付いていると、弁護士費用を保険会社に負担してもらえることがあります。これについては、




を参照してください。


裁判費用を安く抑えることはできるの?


できます。

裁判費用を抑えて訴訟をする制度がありますが、これを


少額訴訟制度


といいます。特徴を以下に簡単にまとめてみます。


  • 60 万円以下の損害賠償請求の訴訟である
  • 本人・証拠書類・同行証人など、すぐに取り調べできる証拠を用いる
  • 1 回の期日で審理を終えて即時判決を言い渡す
  • 利用する際は、簡易裁判所にある定型訴状用紙や定型答弁書用紙を準備する
  • 手数料は訴状に貼る印紙代のみ


こちらを利用すると誰でも安価で速やかに問題解決を図ることができます。

ちなみに、印紙代は前述の裁判と同様、賠償金額によって以下のように変わってきます。


【 請求金額 ⇒ 収入印紙の額 】
  • 10 万円まで ⇒ 1,000 円
  • 20 万円まで ⇒ 2,000 円
  • 30 万円まで ⇒ 3,000 円
  • 40 万円まで ⇒ 4,000 円
  • 50 万円まで ⇒ 5,000 円
  • 60 万円まで ⇒ 6,000 円


費用を抑えて裁判を行いたい場合は、こうしたものを選択肢の一つとして考えておくと良いかもしれません。

ただし、相手が少額訴訟を用いることに納得しなければこの方法は使えません。また、不服申し立ても限定されています。利用する際は、こうした点に注意するようにしましょう。


手持ちのお金が少ないときは裁判はできないの?


裁判費用を工面できない状況でも裁判を行うことはできます。

裁判費用に困った時は、日本支援司法センター ( 法テラス ) というところに問い合わせてみましょう。




法テラスには 「 民事法律扶助 」 というものがあるのですが、これは無料で法律相談を行い、弁護士などの費用の立替えを行う制度です。費用で困っている方には助かる制度ですね。

ちなみに、この制度を利用するには 申込者の 資力 ( 収入や資産の状況 ) や 問題解決の見込み などの審査を受ける必要があります。

また、立て替えられた費用は、毎月分割払いで法テラスに支払うことになります。

ちなみに、分割で支払っても無利息なようなので安心です。詳しくは 法テラス に問い合わせてみてください。


和解ってなに?


裁判を行い、お互いが意見が最後まで対立した場合は 判決 という形をとります。この場合は裁判所が判断するわけですね。

しかし、裁判所は判決という形を取るより、当事者同士で譲り合って円満に解決するよう勧めることがあります。あるいは当事者から円満に解決することを申し出ることもあります。これを


和解 ( 訴訟上の和解 )


と言います。

当事者双方が和解に応じると 和解調書 が作成されて訴訟は終了します。ちなみに、これは裁判で確定した判決と同じ効力があります。


訴訟での裁判の流れと費用についてはこんな感じです。

一口に訴訟と言っても、いろいろな解決方法や手段があるので頭に入れておくと良いかもしれません。

参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために



保険について理解する



事故車の対処について



専門家へ相談する前に






スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク