知らないと恥をかく一般常識の壁

労災保険の基本!業務上災害(業務災害)ってなに?!


『 労災保険の業務災害について理解してみよう 』


仕事中に怪我をしたり病気になったり、あるいは死亡したりすると労災に認定されることがあります。

労災保険はいくつかの種類があるのですが、その一つに


業務災害


と呼ばれるものがあります。

今回は、この業務災害についてまとめます。( 最終更新:2014年10月 )


業務災害ってなに?


業務災害とは、雇い主の下で働いている人が仕事が原因で怪我をしたり病気になったり、あるいは死亡した場合に認定されるものです。

たとえば、仕事中に従業員が怪我をしたとしましょう。この場合、従業員は雇用主の管理下で怪我をしたわけですから、雇用主はその従業員に対して補償をしなければならないと労働基準法で定められています。

このとき雇用主の負担を軽くすると同時に、従業員が確実に補償を受けられるようにするために設けられたのが労災保険制度です。

労災保険制度は、業務中や通勤途中など怪我をした時の状況によって内容が変わってくるのですが、基本的に仕事中の怪我については業務災害というものに認定されることになります。

従業員の怪我が業務災害と判断されて、労災保険によって補償給付を受けた場合は、雇用主は上記の補償義務が免除されます。


保険料は誰が納めるの?


保険料は全額雇用主が負担します。ちなみに、労災保険は労働者一人ひとりが加入するものではなく、事業所ごとに加入するものです。


一人でも雇えば労災保険に加入しなければならないの?


事業主は、一人でも労働者を雇ったら、その従業員の労災保険の加入手続きを取り、保険料を納付しなければなりません。

ただし例外もあって、個人事業で行っている農業や水産業で労働者数が 5 人未満の場合、個人事業で行っている林業で従業員を常時使用しない場合は除かれます。


労災保険はパートやアルバイトも使えるの?


正社員はもちろん、パートやアルバイトなど雇用主から給料をもらっている人は全員労災保険を使うことができます。


健康保険は使ってはいけないの?


労災保険を使う際は、健康保険を使ってはいけません。

なぜなら、健康保険は仕事以外の原因でなった病気や怪我、死亡などについて保険給付を行うものと定められているからです。そのため、仕事が原因でなったものについては、労災保険を使うようにしましょう。


仕事中とは具体的にどんなとき?


これについては 「 業務災害の労災認定の基準は? 」 でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


業務災害についてはこんな感じです。

労災保険の基本についてもっと知りたい方は、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

尚、労災保険についていて調べてみるとわかると思いますが、かなり細かい部分まで定められているので、それぞれ置かれた状況によって認定されるかどうかも変わってくるかもしれません。

細かい判断は専門家でなければできないと思うので、詳しくは各都道府県の労働局にある相談窓口などで相談されることをお勧めします。


地震に備えて防災対策をしてみよう



自分を守る防犯対策をしてみよう






スポンサーリンク



労働保険の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク