知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!物損被害額を査定し相場を決める専門家は?!


『 物損被害額を査定する専門家がいるの? 』


物損事故での車の被害額は、通常修理工場などに持って行ったり、保険屋さんに確認することで決まっていきます。

しかし、自分が思っている額と違った場合、相談できる物損の専門家はいないのかと調べたところ、


アジャスター


と呼ばれる専門家がいることを知りました。

今回は、このアジャスターについてまとめました。( 最終更新:2015年1月 )


アジャスターってなに?


自動車保険業界でのアジャスターとは、自動車事故における自動車の被害を判断して、その被害額を査定する人 のことを指します。

このアジャスターはさらに枝分かれしていて、無資格者と有資格者とがいるようです。

たとえば、日本損害保険協会の試験に合格して登録された有資格者は、損害保険登録鑑定人 と呼ばれて無資格のアジャスターとは区別されているようです。

無資格者がいるということからも推察できますが、物損査定については資格がなくても法律上の問題はないようです。( もしかしたら変わるかもしれません )


そこで、この資格は難しいのかを調べてみたところ、難易度は高いようですね。保険に関する知識や電気・機械の専門知識、また建築士に準ずる建築関係の知識なども求められるようです。

こうした知識を身に着けて難関を突破された方たちは、そこからさらに建築士やボイラー技士などの資格も取得して、専門鑑定人としての登録をされる方もいるようです。

そこからさらに特定の分野に特化した専門鑑定人となると、スペシャリストとして認められるようです。

こうした道を歩まれる方は、新車や中古車の小売事業者など車関係の仕事をされている方が多いようなのですが、資格を取得すると保険会社に就職したり、保険会社から依頼を受けて査定業務を行うようです。

そのため、個人でアジャスターに査定を依頼するということはないようです。


交通事故で賢く対処するために


  1. はじめての交通事故!Q&A形式でわかりやすく解説!
  2. 事故発生時の正しい対処法は?
  3. はじめての示談、確認すべき注意点は? お勧め
  4. 加害者に請求できる損害賠償と損害賠償額は? お勧め
  5. 物損の慰謝料はとれるの? お勧め
  6. 過失割合は どうやって決まるの?
  7. 過失割合ゼロだと保険会社は交渉しないの? お勧め
  8. 示談が上手くいかないときの対処方法は? お勧め

  9. 事故車の 「 修理 」 と 「 買い替え 」 の判断基準は? お勧め
  10. 水没車の 「 修理 」 と 「 買い替え 」 の判断基準は?

  11. 自賠責保険 と 労災保険 はどちらを使えばいいの? お勧め
  12. 自賠責保険 と 労災保険 の両方に請求できるの? お勧め
  13. 治療で 健康保険 や 労災保険 は使うべき?
  14. 任意保険に入らないとどうなるの? お勧め
  15. 全国無料相談窓口一覧表
  16. 法律相談の基本!弁護士の 探し方と 選び方は? お勧め




スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク