葬儀のマナー!戒名の意味と値段の相場は?


『 亡くなった後に付ける " 名前 " にはどんな意味があるの? 』


お葬式を行なって、寺の お墓に入るときに必要になるのが


戒名 ( かいみょう )


です。でも、戒名についてあまり良く知らない方も多いと思います。 ← 私

そこで今回は、この 戒名 についてまとめました。


戒名ってなに?


戒名とは、仏教における


あの世の名前


のことです。

今、あなたが持っている名前は この世の名前で


俗名 ( ぞくみょう )


と呼ばれ、亡くなると あの世の名前をつけます。これを


戒名


といいます。

ちなみに、名前を変えるという風習には他にもあります。たとえば以下のようなものですね。


  • 出家した僧につける名 : 法名 ( ほうみょう )
  • 芸妓などがつける呼び名 : 源氏名 ( げんじな )


そして、共に元の名前を 俗名 といいます。


話を元に戻すと、先ほど戒名は亡くなったらもらう名前であると書きましたが、本来は戒律を守り、厳しい修行を耐えて仏弟子となった証として頂くものです。

では、なぜ仏弟子でもないのに 戒名 をもらえるのでしょう?


実は、出家した僧は死後に極楽にいけると考えられていて、戒名を頂いて僧になることで個人が極楽にいけるという考えに基づいているからです。つまり、戒名を頂き極楽へ行って欲しいという願いが込められているわけですね。

では次に、戒名の意味について見ていきましょう。


戒名の意味は?


戒名 は漢字が何文字も連なったものだと思っている方が多いと思いますが、実は全員 2 文字 と決まっています。これは仏の世界は皆平等であることを意味しています。

しかし、平等な仏の世界にも 「 位 」 が存在します。( 矛盾してますね… )

戒名の文字数は 2 文字 ですが、それ以外に


  • 院号
  • 道号
  • 位号


などが加わることで位が変わります。それぞれの違いを簡単に見ていきましょう。


院号ってなに?


院号とは、寺院 や 宗派・社会的 に大きな貢献をした人 につけられます。具体的には、お寺を建立した人などにつけられる言葉です。


道号ってなに?


道号とは、仏教を会得した人 に付けられる言葉です。格の高い人へ付けられますが、宗派によっては故人の特徴などを表す一字がつけられ、単なるあだ名のようなレベルのものあるようです。ちなみに、僧侶などは生前から戒名を持っていますが、道号もつけて名乗っている僧侶もいます。以下のように呼ばれることもあるようです。

  • 阿号
  • 誉号
  • 釈号
  • 日号


位号ってなに?


位号とは、戒名の下につけられる文字で信仰の深さを表し、男女の性別や長幼を示す ものです。位によって異なるものではなく、性別 や 年齢 によって付けられるものです。こちらも宗派によって付けられる文字が違ってくるようです。


戒名の 値段 と 相場 は?


戒名には値段はありませんが、戒名をいただいた僧侶へのお布施として お金を支払う事はあります。これが値段として考えられているようです。

戒名は 10 万円位必要と言われますが、これは読経も一緒にしてもらう場合の金額です。

戒名だけだと 3 万円 ~ 5 万円 くらいが相場だといわれています。ただし、戒名に 「 院号 」 「 道号 」 「 位号 」 をつけると金額は上がります。高いもので 100 万円以上 するものもあるようです。


しかし、宗派や僧侶によっては 「 院号 」 「 道号 」 「 位号 」 のすべてを無料でつけてくれるところもあるようなので、よく調べておきましょう。

名前にこだわらない方は無くてもいいと考える方もいるかもしれませんが、無ければないで今度は お寺のお墓には入れなくなってしまうこともあるようです。


他の宗教でも戒名はあるの?


戒名をつけるのは 仏教徒 だけです。仏教徒以外は必要ありません。

寺院に お墓があり、故人をその墓地に埋葬するには、寺院の許可がいります。ご住職を 導師 として葬儀を行い、導師は故人に対して仏門に入るべき戒名を授与し浄土に引導します。なので、仏式葬儀には戒名が不可欠という考え方のようです。


檀家ってなに?


お墓の話をすると、


檀家 ( だんか )


という言葉を耳にすることがあると思いますが、これは


菩提寺の信徒となって布施などの経済的援助を継続して行い、葬式 や 法事 などを行なってもらう家のこと


です。

わかりやすく言えば、寺の 会員 や サポーター のようなものですね。

本来は檀家が自然な感謝の気持ちで御布施を包んでいたようですが、時代と共に変わってきているようです。


戒名の意味と相場についてはこんな感じです。

この他にも葬儀や法事についての知識をわかりやすくまとめましたので参考にしてください。


葬儀と法要について理解してみよう



葬儀業者を賢く選んでみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために






スポンサーリンク