知らないと恥をかく一般常識の壁

引越し先ですぐにインターネットと電話を使うには?


『 予約が遅いと、場合によっては 1 ヶ月待ち!? 』


入学 や 卒業、入社 や 転勤、新居購入 や 居住移転 などで引越しをすると、新居での


インターネット回線 や 固定電話 の手続き


が必要になります。

その際に行わなければならないのが、以下の 2 つです。


  1. 通信回線の契約
  2. 開通作業 ( または工事 )


引越し後に契約を考えている人もいるかもしれませんが ( ← 昔の私 )、 それだとすぐに使うことはできません。

特に、仕事 や 学校生活 でインターネットが必要な方は、できるだけ早く環境を整える必要があります。

でも、どんな手続をとればいいのかわからない方も多いと思います。


そこで今回は、引越し先で インターネット回線 や 固定電話 を早く使うための方法と注意点についてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


電話一本の申し込みですぐに使えるの?


使えません。

まず申し込みを行なってから、


開通作業 ( または工事 )


を行う必要があります。

一般的に、作業 や 工事 の予約は なかなか取れないので、申し込みが遅くなると来てもらうまで かなり待つことになります。もちろん、その間はインターネットは使えません。

ちなみに、この作業には 立ち会い が必要なので、平日に立ち会うことが難しければ、休日に予約を入れることになります。ただし、休日は混むので 1 ヶ月近く待たされることもあります。


また、開通作業 と 工事 は違うので注意しなければなりません。

開通作業というのは、作業員が自宅に来て簡単な作業を行なって、インターネットを使えるようにしてくれる作業のことです。

一方、工事 は建物に光回線が引いていない場合に行います。壁に穴を開けたりして大掛かりな工事を行うわけですね。

開通作業であれば 1 時間もかかりませんが、工事となると時間がかかります。

今は、インターネット環境の整った マンション や アパート が増えているので、ほとんどは開通作業のみで使えるようにはなりますが、まだ建物に高速ネット回線を導入していない建物の場合は工事をすることになります。

開通作業だけで使えるかどうかを知るにはどうしたらよいのかというと、申し込みを行えばわかります。申し込みの際に、新居の住所を記入して申し込みを行うと、その場所で使えるかを確認して教えてくれるので時間はかかりません。

どちらにしても申し込みが遅くなると待たなければならないので、早めに行なうようにしましょう。


申し込みをしてからどれくらい待つの?


通常、


2 ~ 4 週間くらい


待つことになります。

しかし、これは混み具合によるので一概には言えません。

引っ越しシーズンの 12 月や 3 月であれば予約がいっぱいなので、1 ヶ月以上 待たされることもあります。 ← 私

そのため、仕事 や 学生生活 でインターネットを使うのであれば、早めに申し込むようにしましょう。


いつごろ申し込めばいいの?


インターネットの申し込みは、新居が決まって、今住んでいる家の大家さんに退居日を連絡した後がベストです。

なので、


引越し予定日の約 1 ヶ月前


には申し込みをすると良いかもしれません。

入社 や 入学 などで親元を離れて独り暮らしをする場合は 新規契約 を行い、転勤などで今使っているものを使い続ける場合は 住所変更 と 開通作業 の予約 を取るようにします。

また、今使っているプロバイダを継続して利用する際は、契約した当初と比べて月額費用やサービス内容が変わっていることもあるので、これらの内容を確認し、他のサービスと比較してから継続するかどうかを決めるようにすると良いかもしれません。( 公式サイトなどで確認することができます。 )


引越しまで残り数日だけど、これだと遅いの?


遅いですが、できるだけ早く申し込みを行なって、工事 や 作業 の予約を取るようにしましょう。

運が良ければ希望日が空いてる可能性があります。

もし、インターネット回線が使えるようになるまで時間がかかるのであれば、それまでの間 Wi-Fi ルータ を使うようにしてみても良いかもしれません。

パソコンやスマートフォン、タブレット、ゲーム機など、複数の機器を同時につなげられるので便利ですよ。この方法については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


どこに申し込みをすればいいの?


まず、インターネットを使えるようにするには、以下の 2 つと契約する必要があります。


  1. インターネット回線
  2. プロバイダ


つまり、回線契約プロバイダ契約 の 2 つを行なうが必要あるわけです。

もっとわかりやすく言うと、


  • インターネット回線とは、NTT フレッツ光KDDI au ひかり などを指し
  • プロバイダとは、OCNSo-net など


を指します。

一般的にインターネット回線とプロバイダは一緒に申し込めるようになっているので、公式サイトを確認されてみると良いかもしれません。

光回線は、インターネットが使えるだけでなく、「 ひかり電話 」 や 「 ひかりTV 」 などのサービスも用意されていますが、内容に違いがあるので、選ぶ際はこのあたりを把握しておく必要があります。これについては、




でまとめましたので、こちらの記事を参考にされてください。( 記事内で公式サイトも一緒に紹介します )

引越し先ですぐにインターネットと電話を使う方法についてはこんな感じです。

あなたに合ったサービスを選ぶようにすると、新居でも快適に使い始めることができると思います。参考にしてください。


引越し費用を抑えるコツ



効率よく部屋を探してみよう



引越しの作業をスムーズにしてみよう



引越し先でイライラしないために



新居の防犯対策をする前に






スポンサーリンク



引越し入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク