葬儀のマナー!法要と法事の意味と違いは?


『 法要を理解して、自分自身を見つめ直してみよう 』


家族 や 友人・知人 などが亡くなると、葬儀を行ったあとに


法要


を行います。

でも、耳にしたことがあっても、


  • 「 どのような意味があるの? 」
  • 「 なぜ行なうの? 」
  • 「 法要と法事は違うの? 」


といったことを知らない方も多いと思います。 ← 私

意味をきちんと理解して行うようにすると、故人と向き合ったときの気持ちも変わってきて心に残る法要になると思います。


そこで今回は、この法要についてまとめました。


法要 と 法事 は違うの?


違います。

違いを 簡単に説明すると、


  • 住職にお経をあげてもらうことを 法要
  • 法要と後席の食事も含めた行事を 法事


となります。

この違いを踏まえて さらに詳しく見ていきましょう。


法要ってなに?


法要とは一般的に仏教儀式の総称として使われている言葉で、主に 葬儀 や 告別式 の後に故人を想って


供養 や 回向 ( えこう )


を行うことをいいます ( 意味は下で説明します )。

供養するという点で、葬儀 と 法要 は同じものだと思われている方もいるかもしれませんが実際は違います。

ちなみに、法要のことを


追善供養


ともいいます。

言葉を知っておくと良いかもしれません。


なぜ法要をするの?


まず法要の意味を見ていきましょう。

法要とは


「 故人を供養する 」


という意味の仏教用語で


「 故人を偲び ( しのび ) 、冥福を祈るために営む 」


という意味があります。

別の見方をすると、法要は、


この人がいたから、いま私はここにいる


ということを改めて振り返り、自分自身を見つめ直すことができる場であるということがわかります。

また、人と人との繋がりを再確認することで


故人へ感謝しましょう


という意味合いもあるようです。

法要の意味を知ると、故人への思い や 自分の存在、友人や知人とのつながり に感謝できて心が安らぐと思います。

人と人とのつながりを再確認できたり、相手を思いやる気持ちを持てることで、人として忘れてはならない大切な思いを抱くことができるありがたい行事の一つだと思います。


供養 や 回向 ( えこう ) ってなに?


前述で出てきた言葉ですね。

供養 ・ 回向 とは、


寺院やお墓、仏壇などにお参りをして、故人の霊に花などを供え、お経やお線香をあげ、手を合わせて冥福を祈ること


をいいます。

冥福という言葉はよく耳にしますが、あまり意味を知らない方も多いと思います。

では、この 冥福 についても見てみましょう。


「 冥福を祈る 」 ってどういうこと?


冥福とは、冥途の幸福 のこといいます。

冥土の幸福とは、


「 冥土の旅を無事終えて、良い世界に転生できること 」


です。

でも、冥土の旅と聞いても よくわからないのではないでしょうか?

このあたりを詳しく説明すると、仏教では人が亡くなると


  • 死後七週間 ( 四十九日、中陰 )、あの世とこの世の間をさまよい、死後七日目から 七日ごとに 計七回にわたり、閻魔大王 ( えんまだいおう ) をはじめとする十王 ( 死者を裁く十人の王 ) から生前の行いに対する裁きを受け、四十九日目で 転生する世界 ( 来世の行く先 ) が決まる


とされています。

来世とは、


  • 地獄
  • 餓鬼
  • 畜生
  • 修羅
  • 人間


の六道のことです。

残された家族は故人が極楽浄土に行けるように、故人に善を送る法要を営みます。

これが先ほど上で出てきた


追善供養


です。この名前が付けられた理由がわかっていただけると思います。

あとに残された者は、


故人が あの世で よい報いを受けられるように供養を行う


わけです。

これは祈ることで魂が浄化されるという説に基づいています。


「 ご冥福を お祈りします 」


とよく言われますが、これは


  • 「 冥土での幸せを お祈りします 」
  • 「 あの世で幸せに過ごしてください 」


という故人への言葉です。

ですので、肉親 や 友人知人の方 が亡くなったときに限らず、全ての人に対して使うことが出来ます。

宗派によって言い方が違うようですが、大切なのは気持ちを伝えることなので、あまり深くは考える必要はないようです。


仏教以外の宗教の場合は、


  • 「 謹んで哀悼の意を表します 」
  • 「 お悔やみ申し上げます 」


という言葉を使うのが良いそうです。( この辺りは いろいろと複雑なので違っていたら すみません )


冥土ってなに?


冥土とは、死後の世界 のことをいいます。

「 冥 」 という言葉には、


「 光が少なくて物がよく見えない 」


という意味があります。

たとえば、簾 ( すだれ ) のように片方からは よく見えるけれども、反対側からは よく見えないということです。

つまり、


死後の世界からは我々の世界はよく見えるけれども、生きている私達には死後の世界はわからない


という状況を表しています。

冥の土地なので


冥土


と呼ばれています。


法要には どのような種類があるの?


仏教では法要を複数回行いますが、行う日も決まっていてそれぞれ名前も違います。中でも重要なのが、


  • 初七日
  • 四十九日
  • 一周忌


の 3 つです。このあたりは




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


法要 と 法事 についてはこんな感じです。

きちんと理解して法事を行なうと、故人への感謝の気持や人とのつながりを より強く実感できるので、とても貴重なものになると思います。

葬儀についても意味を理解すると奥深いものになると思います。各ページでまとめましたので、こちらも参考にしてください。


葬儀と法要について理解してみよう



葬儀業者を賢く選んでみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために






スポンサーリンク