葬儀のマナー!なぜ満2年で3回忌というの?


『 回忌の数え方を理解してから故人を偲んでみよう 』


亡くなって 1 年経ってから行なう法要を 「 一周忌 」 といいます。だから、2 年目は 「 二回忌 」 になるはずなのですが、なぜか


三回忌


といいます。なぜ、いきなり三回忌になるのか気になる方も多いと思います。 ← 私


そこで今回は、この理由についてまとめました。


なぜ満 2 年なのに 3 回忌というの?


まず法要の年数は 「 数え 」 と呼ばれるもので計算されます。( 数えについては下で説明します )

数えで年数を計算すると、亡くなったそのときを 1 回忌として、満 1 年で 2 回忌になります。

しかし、実際には 「 2 回忌 」 とは言わずに


一周忌


と言います。これが混乱してしまう原因です。

簡単にまとめると、


  • 亡くなったとき → 1 回忌
  • 1 年目 → 2 回忌 ( これを 「 1 周忌 」 と呼ぶ )
  • 2 年目 → 3 回忌


という数え方をしているので、まるで 2 回忌 が存在していないように勘違いしてしまうわけです。

では、どうして 2 回忌 を 1 周忌 と言うのでしょう? わざわざ言い方を変えて面倒にする必要があるのでしょうか?

次は、このことについて見ていきましょう。


なぜ 一周忌 と言い方を変えるの?


実は、仏教では亡くなってから 1 年間は


( いごもり )


と言って外部との接触を絶ち、亡くなった故人を偲んで生活を慎む風習があります。

忌 を始めてから 1 年経った、つまり 1 周したという意味を込めて「 1 周忌 」 という言葉が使われています。もっとわかりやすく言えば、「 亡くなってから、もう一年が経ちましたよ 」 ということを残された方が意識しやすいように、この言葉を使っているということですね。

理由がわかるとしっくりきますね。


「 数え 」 ってなに?


前述で数えについて触れましたが、少し詳しく説明します。

数えとは、


数え年 ( かぞえどし )


の略です。数え年とは 年齢 や 年数 の数え方の一つで、


生まれた時を 「 1 歳 」 「 1 年 」 として、以降 元日 ( 1 月 1 日 ) を迎えるごとに年齢を重ねる数え方


のことです。

例えば、12 月 1 日に生まれたら、生まれた時点で 1 歳です。そして、翌月の 1 月 1 日には 2 歳になります。もし 1 月1 日に生まれた場合は、翌年の 1 月 1 日に 2 歳になります。


一方、誕生日の前日の 午前 12 時に加齢する数え方を


満年齢 ( 満 )


といいます。これは日本で一般的に使われている年齢の数え方ですね。


生きている時と 亡くなったときの 年齢の数え方は違うので、年忌の数え方を知っておくと法事の際にも意味がわかり、少し違った気持ちで出席できると思います。

この他にも葬儀や法事についての知識をわかりやすくまとめましたので参考にしてください。


葬儀と法要について理解してみよう



葬儀業者を賢く選んでみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために






スポンサーリンク