知らないと恥をかく一般常識の壁

葬式の基本!後悔しない賢い葬儀業者の選び方は?


『 葬儀社で後悔しないために、きちんと理解しておこう 』


賢い葬儀社の選び方は?


葬儀社を選ぶのは人生で 1 ~ 2 回あるかないかだと思います。

関わることも少ないので どのような葬儀社が良いのか わからない方も多く、無難な葬儀社を選んでしまう方も多いかもしれません。


しかし、「 大きいから 」 とか 「 有名だから 」 という理由だけで選ぶのは良くありません。選ぶ際は きちんとポイントを抑えて、葬儀社の良し悪しを判断する必要があります。

葬儀社の 比較紹介サービス を行なっているところもありますが、紹介の基準その企業の信頼度 を判断した上で行わなければ意味がありません。

つまり、何も調べずに思い込みだけで葬儀社を選んでしまうと費用が高くなったり、ひどい葬儀をされることにもなりかねないので注意が必要というわけです。

でも、どのように判断したらいいかわからない方も多いと思います。 ← 私


そこで今回は、葬儀社を選ぶ際のポイントについてまとめました。( 最終更新:2016年12月 )


病院が紹介する業者は良いところなの?


よくないことが多いようです。

通常、病院で亡くなられた方の家族が葬儀社を決めていなければ、病院側が葬儀社を紹介してくれます。

しかし、良い葬儀社を紹介してくれるとは限りません。

あまり知られてはいませんが、病院で紹介される葬儀社は一般業者よりも割高の業者であることが多いようです。

そのため、あらかじめ地元の葬儀業者から 資料を取り寄せて、その地域での平均的な費用や葬儀内容を把握 しておかなければ、知らないままに高い費用を支払わされることになります。

集めておくべき資料は、地元の葬儀社はもちろんですが、全国規模で行なっている葬儀社のものも取り寄せて、総合的に比較して判断できるようにしておくことが大切です。( 全国規模のところは以下で紹介します。 )


葬儀社は どのように選べばいいの?


選ぶ際には いくつかのポイントがあります。それが以下の 4 つです。その手順を頭に入れながら一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.どんな業者がいるのかを調べてみよう


まず、葬儀業者を選ぶには、どのような業者がいるのか? を調べることから始めます。

地元の葬儀業者はもちろん、全国規模で行なっているところも含めてできるだけ多くの業者を見つけるようにしましょう。だいたい 7 ~ 8 社 くらいを目安にピックアップすると良いかもしれません。

また、地元の葬儀社は規模が小さいところも多いと思いますが、こうしたところも候補に入れておくのもポイントです。


 な ん で ?


小さな葬儀社は、いい加減な葬儀を続けていると経営が長く持たないからです。別の言い方をすれば、小さいけれど長年続けているところは地元で それだけの信頼がある証になります。

また、その葬儀社独自の丁寧なサービスも選ばれる理由になるので、しっかりとした葬儀をしてくれる可能性が高いともいえます。特に地方の方は この点を抑えて探すといいかもしれません。


一方、全国規模の葬儀社は規模が大きいので、費用を抑えられるメリットがあります。プランもあらかじめ決められたものが用意されていますし、費用も明確に提示されていることも多いので選びやすいといった利点があります。お布施などの金額も明示しているところもあるので、そうしたところを選択肢に入れておくと良いかもしれません。


2.追加料金のない業者も選択肢に入れておこう


葬儀費用の見積もりは あらかじめ出してもらえますが、注意しなければならないことがあります。

それは一般的な業者の場合、見積金額を出してもらっても後から


追加料金


が発生することがあるという点です。

つまり、葬儀が終わると最初に出してもらった見積もりに、オプションなどの さまざまな料金が加算されて請求されるので、予算をオーバーしてしまうことがあるわけです。

これは葬儀の最中に急に業者へ何かを お願いしたときに、それがプランに入っていれば問題ないのですが、別料金となると追加で加算されて請求されてしまうのが原因です。

予めプラン内容 や 金額 などをきちんと把握できていればよいのですが、慌ただしい状況下ではおろそかになってしまいがちです。ここが葬儀で注意しなければならない点でもあります。


しかし、葬儀社の中には この点を改善して、あらかじめ 追加料金 を必要としないプランを用意しているところもあります。こうしたサービスを用意している葬儀社であれば、葬儀当日も余計なことを考えなくて済むので安心だと思います。

葬儀社を選ぶ際は、こうした点を考慮しながら選別していくと選択肢も増えますし上手く絞り込めると思います。

以下に、追加料金が 不要 なところを紹介します。資料請求は 無料 なので、選択肢の一つとして取り寄せて、家族で話し合ってみると良いかもしれません。




こちらは費用を抑えた シンプルな葬儀 や 家族葬 を選べるのが特徴です。全国対応なので地域を選ばずに依頼できるのも助かります。金額は全国平均より抑えられた葬儀プランが用意されていますし、追加費用もなく 安心して葬儀を依頼できるのも魅力です。また、インターネットから資料請求をすると、割引き を受けられるのも嬉しい点ですね。

こんな感じでいくつかの葬儀社を見つけていき、ある程度絞り込まれたら次は資料を取り寄せて比較していきます。


3.資料を取り寄せてみよう


葬儀社に問い合わせてプランなどが記載された資料を送ってもらいます。

地方の小さな葬儀社も同様に、インターネットや電話で問い合わせて資料をもらえるかを確認してみましょう。

全国規模のところだと、Webサイト からメールで問い合わせると無料で送ってくれたり、無料で見積りが取れることが多いようです。先ほど上で紹介したところも資料請求は無料でできます。

資料が送られてきたら、


どのようなサービス を どれくらいの費用


で行なっているのかを確認します。

これを行わないと実際に葬儀を行った際に納得できなかったり、費用が高額になってしまうなどのトラブルにつながってしまいます。そのため、資料の比較は とても重要な作業になります。

また、自分たちが どういった葬儀をしたいのかを明確にすることも大切です。そのためには、「 いま世の中ではどんな葬儀が用意されているのか? 」 「 費用の違いによりサービス内容はどのように変わってくるのか? 」 といった情報を幅広く集め、検討する必要があります。

そうした作業をした後に、


  • 規模
  • 価格
  • サービス


などを考慮して、どんなサービスに、どれくらのお金をかけるのか? をきちんと決めていくようにします。


 な ん で ?


葬儀社は それぞれ特徴があるからです。ひとくちに葬儀社と言っても、そのサービスはさまざまです。


「 ここがやってくれるから、多分こっちもやってくれると思う 」


と安易に考えていると、葬儀当日にしてもらえないことがわかり、お願いすると追加費用がかかってしまうといったことにもなりかねません。そのため、


どこが強みで、どこが弱いのか?


を見抜きながら自分たちの葬儀に合った葬儀社を選ぶようにすることが大切です。


一つ例を挙げると、個性的な葬儀を希望されているのであれば、その点を重視したサービスを提供している葬儀社も選択肢に入れて検討しておくということです。

最近は、葬儀を “人生の最後を飾る総まとめの儀式” と考える方も多くなり、自分らしさを演出した葬儀をされる方も増えていますよね。そうした人の中には生前葬を行い、葬儀そのものを 家族 や 友人・知人 への感謝を表す場にするという形をとっている方もいます。「 いま初めて知ったけど、そういうのが私の求めていた葬儀だ 」 というのであれば、そうした葬儀社の情報も集めておくわけです。

時代とともに葬儀に対する価値観も変わってきているので、固定観念にとらわれず様々な角度からいろいろな選択肢を検討しておくと、納得した形で葬儀を選べるようになると思います。あなたのお住いの近くにも似たような葬儀社はあると思うので、そうしたところからも資料を取り寄せておくと良いかもしれません。

こんな感じで一通り資料をそろえたら、それぞれの葬儀社を具体的に比較・検討していきます。検討するには、葬儀に関する知識も しっかりと身につけておくことも大切です。葬儀の知識については、




で、わかりやすく まとめましたので参考にしてください。

資料を比較して ある程度どこにするのかが絞り込めたら、実際に担当者と会って話をしてみます。


4.担当者と話をしてみよう


担当者と話をするのは事前相談をするためです。話したからといって申し込みをする必要はありません。


「 将来に備えて お話だけ聞きたいのですが 」


と断っておくと気軽に話を聞くことができます。

ちなみに、資料だけで全てを判断しようとする方もいるかもしれませんが、実際に会って細かい点を確認することを お勧めします。


 な ん で ?


葬祭業のプロでない限り、事前相談無しで見抜くのは難しいからです。資料の内容は一般的なことを書いています。そのため、細かい点で ズレ が生じてきてしまうことがあるので、トラブルを防ぐためにも必ず確認することが大切です。

また、資料では良い印象を持ったけど、実際に担当者と会ってみると


「 いい加減な感じで、好感が持てなかった… 」


ということもあります。

担当者は あなたが依頼する葬儀の窓口になります。信頼できない人であれば後々トラブルにもなりかねないので、やはり実際に会って人柄を確かめておく必要はあると思います。

その際にチェックするポイントは以下のようなものです。


【 選ぶ際のチェックポイント 】
  • 分かりやすい説明をしてくれる
  • 資料、パンフレット、施行例などを説明してくれる
  • まず希望を聞いてから選択肢を示してくれる ( 一方的な提案をしないなど )
  • 相談者の思いを引き出す努力の姿勢が見える
  • 質問に丁寧に答えてくれる
  • 低価格の葬儀を希望しても丁寧に対応してくれる
  • 契約を急かさない
  • 事前に明確な見積もり書を出してくれる
  • 明細を出して説明してくれる
  • 支払い期日に余裕がある


これらの点を踏まえて葬儀社を選ぶようにしてみると良いかもしれません。

大切なことなので選ぶ際には気苦労も多いかもしれませんが、資料や見積書を用意しておくと家族との話も進みやすいですし、あらかじめお願いする葬儀社を決めておくと いざというときにも困りません。

最愛の人との別れを良い思い出にするためにも、事前に準備しておくことが大切だと思います。


後悔しない賢い葬儀社の選び方については こんな感じです。

参考にしてください。


葬儀 と 法要 について理解してみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために




香典返しには喜ばれるギフトを選んでみよう
無料挨拶状が嬉しいリンベルの香典返し




スポンサーリンク



葬式と法事の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク