葬式のマナー!葬儀社に連絡する前に決めることは?


『 葬儀社に連絡する前に決めておくこと確認してみよう 』


家族が亡くなった際に行なわなければならないのが葬儀社への連絡です。

しかし、初めての経験だと何を伝えたらいいのか わからない方も多いと思います。 ← 私

あらかじめ準備しておくと 失敗 や 後悔 も少ないですし、大切な人との最後の時間を より良く過ごせることにも繋がります。

トラブル無くスムーズに話を進められるように、必要なことは生前から決めておくと安心だと思います。


そこで今回は、葬儀の前に決めておくべきことについてまとめました。


葬儀社に連絡する前に決めることは?


基本的に予め決めておくべきことは以下の 7 つです。


  1. 喪主を誰にするのか?
  2. 遺体の搬送先を どこにするか?
  3. 葬儀社を どこにするのか?
  4. お寺を どこにするのか?
  5. お通夜や葬儀の日程は どうするのか?
  6. 予算は どれくらいか?
  7. 遺影を どれにするか?


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.喪主を誰にするのか?


喪主は、故人と最も縁が深い人 がつとめます。配偶者が一番良いですが、体調が優れなかったり高齢で難しいときは長男が執り行います。( 長女でも構いません。)


2.遺体の搬送先をどこにするか?


病院で亡くなったときは、どこに搬送するのかを決めます。通常は自宅か斎場のどちらかです。


3.葬儀社をどこにするのか?


葬儀社に依頼する場合は、どの葬儀社にするかを決めておきます。葬儀を斎場で行なう場合は、斎場を保有する葬儀社に依頼します。葬儀社の選び方については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


4.お寺をどこにするのか?


菩提寺がある場合は、その寺に連絡をします。ない場合は菩提寺と同じ宗派の寺に連絡をするようにします。菩提寺がわからない場合は、葬儀社に依頼すれば手配をしてくれます。


5.お通夜や葬儀の日程はどうするのか?


葬儀社や寺と相談してから決めることになります。場所は 自宅、葬祭場、お寺、ホテル などで行います。


6.予算はどれくらいか?


予算を立てて葬儀社に見積もりをとってもらいます。


7.遺影をどれにするか?


故人の人柄が伝わるような写真を選ぶようにしましょう。服装や背景などは葬儀社に頼めば画像処理をしてくれます。

最近は、「 終活 」 といって亡くなったときに本人が納得する葬儀を行えるように生前から準備する方も多いようです。家族も 「 これでよかったの? 」 と悩みを抱えてしまわないように、元気なときに話し合って決めておくことが大切だと思います。


以上が葬儀社に連絡する前に確認しておくべきポイントになりますが、もう一つやらなければならないことがあります。それは、


葬儀社の 「 費用 」 と 「 サービス 」 の確認と比較


です。葬儀業者を選ぶ際は、あらかじめ余裕を持って行う必要があります。


 な ん で ?


高額な金額を請求されたり、納得できないサービスだったりするとトラブルの原因になるからです。愛する人が亡くなった後にトラブルを抱えるのは精神的にもかなり大変です。

また、亡くなった後は慌ただしくて葬儀社を選ぶ時間はありません。仕方なく良さそうな業者に お願いすることになりますが、葬儀が終わって納得のいかないものだったというケースも多いようです。

早い段階で葬儀業者から資料を取り寄せて比較したり、担当者と話し合って納得のいく 費用 や サービス を選んでおくことが大切だと思います。


最近は、費用を抑えて葬儀ができる業者も増えてきました。

たとえば、家族葬など安価に行えるプランを複数の用意していたり、金額に気を遣う お布施なども全て定額で行うようにしたりと業者によって さまざまなサービスを用意してくれています。( 下で紹介します )

一般的に葬儀は 追加費用 が必要となることが多いので、請求が来たときに金額にビックリすることもあります。しかし、こうした追加費用を一切必要としない葬儀社もあります。

さまざまな選択肢があることを知るためにも、複数の葬儀社のプラン内容を把握して知識を持っておくと、後悔のない選択ができると思います。

ちなみに、上述で紹介したようなサービスを行っている葬儀社でよさそうだと感じたところを以下に紹介します。プラン内容も豊富で、全国的に見ても費用がかなり抑えられているので、選択肢の一つとして比較してみると良いかもしれません。




全国規模で行っているので、住んでいる地域を心配する必要はありません。インターネットから資料請求を行うと 無料 で送ってもらえますし、割引きもしてもらえるようになるので申し込む際も若干 お得になります。家族を交えて話し合ってみると良いかもしれません。

急いで決める前に複数の業者のプラン内容を比べて、納得のいく葬儀をしてもらえるかをじっくりと考えてから決めるようにすると家族も安心して過ごせるのではないかと思います。

参考にしてください。


葬儀と法要について理解してみよう



葬儀業者を賢く選んでみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために






スポンサーリンク