知らないと恥をかく一般常識の壁

葬儀のマナー!霊安室では何をするの?


『 霊安室で葬儀業者を決めることになるので注意しよう 』


病院で遺体処置が終わると霊安室に運ばれます。

あまり知られてはいませんが、この霊安室で大切なことを決めなければなりません。


今回は、この霊安室で行なわれることについてまとめました。


霊安室では何をするの?


遺体の処置が終わると病室から霊安室へ運ばれます。

霊安室で対応するのは病院の方だと思われる方も多いかもしれませんが、実際は病院に出入りしている 葬儀社 になります。つまり、ここで遺体が 病院側 から 葬儀社 に引き渡されます。


霊安室では焼香を上げた後に、これからの葬儀の段取りの説明があります。

もし、このときに自分で選んだ葬儀社が決まっている場合は断って構いません。

あるいは霊安室に行く前に、あらかじめ決まっている葬儀社に連絡をしておくといいでしょう。


しかし、決まっていない場合はその葬儀社になる可能性が高くなりますが、葬儀社は慌てて決めないこと を お勧めします。


 な ん で ?


業者によって金額が大きく変わるからです。

金額は 十数万円 で対応してくれるところから 数百万 と幅が広く、サービスの内容も大きく変わります。

また、その業者は、あなた や 親族 が納得できるような葬儀をしてくれるとは限りません。

この辺りを きちんと把握しないで決めてしまうと、金額 や サービス に納得できずに後でトラブルになることがあります。

そのため、業者は慌てずに納得の行くところを選ぶことが大切です。

選び方や、選ぶ際の注意点については




で、わかりやすくまとめましたので こちらを参考にしてください。


焼香 ( しょうこう ) ってなに?


先ほど霊安室で焼香をすると説明しましたが、焼香とは仏事の際に死者を弔うために


線香 や 抹香 などを焚いて拝むこと


を言い、焚香 ( たきこう ) とも呼ばれます。

お香には香りで霊前を浄めて邪気を祓い ( はらい )、故人の冥福を祈る気持ちと意味がこめられています。

焼香の仕方には、


  • 祭壇前に進み立ったまま焼香する 立礼焼香
  • 祭壇前に進み座布団に正座して焼香する 座礼焼香
  • 香炉を順番に回していく 回し焼香


の 3 つがあります。

ちなみに、線香 とは棒状になっている香のことで、抹香 は粉末状に細かくした香のことを指します。

抹香が使われるのは、たくさんの人が訪れる 葬儀 や 告別式、通夜の読経のあと、そして法事で僧侶に読経をしてもらった後に使われることが多いようです。


最近は儀式で抹香を用いることが多いので、「 焼香 」 というと


抹香をあげる行為


を指し、一般的な弔問や普段用いられる線香を使用する場合は


線香をあげる


というようです。

ちなみに、宗派ごとに細かな作法が異なるので、宗派のわかる方は調べてみましょう。


霊安室で行なうことと、焼香についてはこんな感じです。

この他にも葬儀や法事についての知識をわかりやすくまとめましたので参考にしてください。


葬儀 と 法要 について理解してみよう



葬儀業者を賢く選んでみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために




香典返しには喜ばれるギフトを選んでみよう
無料挨拶状が嬉しいリンベルの香典返し




スポンサーリンク



葬式と法事の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク