知らないと恥をかく一般常識の壁

法律相談の基本!どんなとき弁護士に依頼するの?


『 どんなときに弁護士に相談するのかを把握してみよう 』


仕事 や プライベート で何か問題が生じたときには、まず問題となっている状況を把握し、対処法を調べて、何とか自力で乗り切ろうと試みると思います。

でも、なかには問題が複雑すぎて解決策が見つからなかったり、トラブルの内容そのものが難しくて自分一人の力ではどうにもできないといったこともあります。

こんなときは心が折れてしまいそうになるかもしれませんが、諦める前に専門家に相談すると問題解決の糸口を見つけることができるかもしれません。

一口に専門家と言っても多岐に分かれますが、日常生活のトラブルで比較的相談することが多いと思われるのが 弁護士 への相談です。

でも、どんな時に相談すればよいのか わからない人も多いかもしれません。 ← 私


そこで今回は、どのようなときに 弁護士 に頼むめばいいのか、具体的なケースについてまとめました。( 最終更新:2016年8月 )


どんなときに弁護士に頼むべきなの?


いろいろな ケース が考えられますが、以下のようなトラブルを抱えているときに相談することが多いようです。


  • 法律相談 や 事務手続 を頼みたいとき
  • 職場でのトラブルで悩んでいるとき (セクハラ ・ パワハラ ・ 雇用問題など)
  • 借金 や 取り立て に関する悩みを抱えているとき
  • 悪徳商法 や 詐欺 の被害にあったとき
  • 交通事故 に遭ったとき
  • 離婚問題 を抱えているとき
  • 不動産問題 を抱えているとき
  • 相続対策 をしたいとき
  • 人に傷害を負わせてしまったとき
  • 犯罪を犯したという理由で 逮捕・起訴 されたとき
  • 取引 に関する法的相談をしたいとき
  • 契約書の 作成 や チェック の依頼をしたいとき
  • 会社の 組織 や 社内規定 の整備依頼をしたいとき


といったものがあります。

弁護士 は依頼者から上記のような相談を受けると、依頼者のために 相手方 との間に立って、以下のような仕事をしてくれます。


  • 交渉 や 和解
  • 裁判 や 調停の申し立て
  • 仮差押 などの保全手続き
  • その他、各種手続きの代理
  • 契約書類の作成
  • 法律顧問
  • 刑事事件での弁護活動


といったことを行ってくれます。

こうした悩みを抱えているときは、法律の専門家である弁護士に相談をしてみると問題解決の糸口を見つけやすいと思います。

でも、どのように 弁護士 を探したらいいか わからない方も多いかもしれません。これについては




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


お金を賢く増やしてみよう



自動車の任意保険の重要性を理解してみよう



節約生活に役立つ支払い方法を選んでみよう



インターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



専門家相談の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク