知らないと恥をかく一般常識の壁

引越しのコツ!見積書で確認すべき注意点は?


『 ポイントを押さえて引越しの見積内容を確認してみよう 』


入学 や 卒業、入社 や 転勤 などで引越しが決まると、引越業者に荷物の搬送を頼むことになります。

一口に引越し業者と言ってもたくさんあるので、あなたの求めているサービスを、どれくらいの価格で行ってくれるか見積もりを出してもらい、比較して選んでいくことになると思います。

この見積もりを出してもらう際には いくつか注意すべき点があります。この確認を怠ると後で困る事にもなりかねないので、きちんと把握しておくことが大切です。

でも、引越しは頻繁に行うものではないので見落としてしまう人も多いかもしれません。 ← 私

この際にきちんと把握して、気持ちよく引越しができるように準備しておくと安心だと思いますよ。


そこで今回は、見積書で確認すべき注意点についてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


見積書には種類があるの?


まず、見積書には以下の 2 種類 があります。


  1. 概算見積もり
  2. 正式見積もり


概算見積もり とは大まかな見積もりのことで、インターネットや電話で大体どれくらいの金額になるかを知るための見積りのことです。ここで出される金額は確定料金ではないので注意しましょう。

確定されるのは、業者が実際に家に来て荷物のなどを確認した後です。このとき出されるのが 正式見積もり で、これが実際の引越し料金となります。

でも、独身の方で荷物が少なかったり、単身パック等を利用する人だと、実際に業者の方が家まで来て荷物の量を確認することがない場合もあります。

私も何度か単身パックを利用したことがあるのですが、インターネットや電話で問い合わせると、最初に伝えられた金額で納得できればその金額で確定してくれました。そのため、実際に荷物の量を家まで確認しに来るといった手間はありませんでした。荷物の少ないところまで回っていたら人件費もかかるからなのかもしれませんね。

ちなみに、単身パックについては、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


それと、正規の引越し業者かどうかの確認も忘れずに行いましょう。正規の業者であれば、見積書などを渡す際に


  • 家財チェックリスト
  • 標準引越し運送約款


も一緒に渡してくれると思います。

もし、名前の知らない業者で こちらから頼んでも標準引越し運送約款を渡してくれないのであれば、正規の引っ越し業者ではない可能性があるので注意しましょう。

引越し業者でなければ家具や荷物を壊したときに補償してもらえないことがあるので確認しておく必要があります。( 引越し業者と便利屋のどちらに頼むべき?


では次に、見積書を確認する際のポイントについて見ていきましょう。


見積書で確認すべきポイントは?


確認すべき点は いくつかあります。以下に簡単にまとめますので参考にしてください。


  1. 運賃と料金の確認
  2. 梱包用資材の料金確認
  3. 作業内容の確認
  4. オプションサービスの確認
  5. 国土交通省の認可番号の確認
  6. キャンセル料の確認
  7. 保証条件の確認


それでは、これらのチェックポイントについて ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


1.運賃と料金を確認する


まず、料金体系を確認します。料金体系には以下の 2 つ があります。


  1. 時間制 運賃
  2. 距離制 運賃


どちらの方法で費用が計算されるのかによって料金も大きく変わってくるので確認しておきましょう。一般的な業者であれば 距離制運賃 になっていると思います。

また、当日に作業をする


  • スタッフの人数や人件費
  • トラックの運賃
  • 何トンのトラックが何台来るのか


なども確認しておくと安心です。お金を払うのはあなたなので、内訳をきちんと確認しておくことは大切だと思います。


2.梱包用資材の料金を確認する


梱包を業者に依頼する際は、使用する梱包資材についても確認しておく必要があります。

梱包材の内訳には、


  • ダンボール
  • 布テープ
  • エアーキャップ


といったものが細かく書かれているので、これらの料金についてもチェックします。

もしここが 「 資材一式 」 と まとめて書かれていたら、料金が水増しされている可能性もあるので、「 一式 」 とは具体的にどのようなものが含まれているのかも確認しておくと良いかもしれません。


3.作業内容を確認する


荷造り や 荷解き、また大型家具の配置・設定など


引越し業者はどの作業を、どこまでやるのか?


といった点を項目ごとにチェックします。

書かれていない内容も多分やってくれるだろうと安易に考えると、後で頼んだ際に追加料金が発生したり断られたりするので注意しましょう。


4.オプションサービスの確認をする


オプションサービスを申し込む際は、オプション部分だけ別に請求されることもあるので、必ず代金が見積もりに含まれているかを確認しましょう。


5.国土交通省の認可番号を確認する


認可を受けた正規の引っ越し業者であるかを確認できる番号です。

引越し業者でなければ荷物を壊した際の補償も変わってきます。初めて名前を聞くような業者であれば、念のため不法業者でないことを確認しておくと安心です。


6.キャンセル料を確認する


見積書、あるいは一緒に渡される書類に記載されている 「 キャンセル料 」 の内容についても確認します。

通常のキャンセル料は以下のような内容になっていると思います。


  • 引越し当日の前々日までは無料
  • 前日の場合は見積書の運賃額の 10 %
  • 当日の場合は見積書の運賃額の 20 %


どこの業者も似たような料金になっているとは思いますが、念のため書類の内容を確認するようにしましょう。


7.保証条件を確認する


保証条件は、キャンセル料と同様に別の書類に記載されていることもあります。

万が一、荷物が壊れたり 紛失に遭ったときに、どのような保証をしてくれるのかを把握しておきます。この確認を怠るとトラブルの際に困るので注意しましょう。


以上が見積書を確認するときのポイントです。この 7 つ の点を押さえて確認すると、スムーズに話を進められると思います。

それと、業者から提示される見積もり金額については、1 ~ 2 社 しか比較していないと足元をみられて高い金額を言われることがあります。 ← 私

引越しのプロを相手に、素人が何の知識も材料も用意せずに交渉するのは難しいのですが、こちらもポイントを押さえておけば比較的簡単に行うことができます。詳しくは、




でまとめましたので、こちらを参照してください。

賢く引越しを行って、新居での生活を気持ちよく始められるようにしてみると良いかもしれません。

参考にしてください。


引越し費用を抑えるコツ



効率よく部屋を探してみよう



引越しの作業をスムーズにしてみよう



引越し先でイライラしないために



新居の防犯対策をする前に






スポンサーリンク



引越し入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク