知らないと恥をかく一般常識の壁

葬式の基本!葬儀費用を一番安くする方法は?


『 葬儀費用を賢く抑えてみよう 』


葬儀を行うのは人生で数えるくらいしかありません。

あまり経験がないこともあり、葬儀業者から高い金額を提示されても当たり前だと思って支払ってしまうことがあります。

突然 葬儀を行わなければならないこともあるので、調べる時間もないことが理由であることも多いようです。

しかし、よく調べてみると低予算でも葬儀を行なうことは可能なので、きちんと知識を備えて葬儀社を選ぶことが大切だと思います。


そこで今回は、葬儀費用を一番安くする方法についてまとめました。( 最終更新:2016年12月 )


葬儀費用の平均的な相場は?


基本的に、葬儀費用は以下の 3 つの要素によって変わってきます。


  • 地域
  • 葬儀社
  • 葬儀の内容


そして、葬儀の内容は大まかに以下の 3 つの要素で構成されていて、これらを総合したものが葬儀費用の総額となります。


  • 葬儀一式費用
  • 寺院の費用
  • 飲食費用


一体どれくらいの費用がかかると思いますか?

日本消費者協会のデータによると、平成 26 年度に葬儀にかけられた全国平均額は


188万 9千円


となっています。( 第10回 「葬儀についてのアンケート調査」報告書 )

各項目の内訳は、


  • 葬儀一式費用 : 122 万 2 千円
  • 寺院の費用 : 44 万 6 千円
  • 飲食費用 : 33 万 9 千円


となっています。

葬儀社の中には、全ての料金を含めた 「 セット料金 」 などを用意しているところもありますが、ここに全ての費用が含まれていることではなく、別途費用が発生することもあるのでこの場合も注意しなければなりません。

つまり、追加料金 を取られることがあるので、葬儀社に見積りを依頼するときは何が費用に含まれるのかを確認しておくことが大切なわけです。

しかし、どのようなものに費用が発生するのかがわからないと、きちんと判断できないと思います。


そこで、費用の構成について見てみましょう。


葬儀にかかる費用構成は?


葬儀費用の内訳は、大きく以下の 4 つに分かれます。


  1. 葬儀斎場の費用
  2. 立替金
  3. 葬儀社に支払う費用
  4. お布施 や 返礼品 の費用


これを理解しておくとトラブルにもなりにくいので、見積りを依頼する前に きちんと把握しておくと良いかもしれません。

それでは、どのようなものなのか一つずつ見ていきましょう。


1.葬儀斎場の費用を確認してみよう


自宅以外で葬祭場を借りるときの費用です。式場使用料、光熱費、施設利用料 などが含まれます。

  • 見積りで出された費用以外に追加料金は発生しないか?
  • 仮に発生するとしたらはどんなときか?

といったことを、念のため確認しておくのがポイントです。


2.立替金を確認してみよう


これは葬儀社が喪家に代わって立て替える費用です。立替金には以下のようなものが含まれます。

  • 車両 ( 霊柩車、マイクロバス、ハイヤーなど )
  • 火葬料
  • 料理 ( 通夜振舞い、精進落とし、お酒など )
  • 返礼品 ( お茶、のり、ハンカチ、酒など )
  • 心付け


3.葬儀社に支払う費用を確認してみよう


葬儀社の売り上げとなる金額です。

  • 祭壇費用 ( 祭壇、つぼ、棺、遺影写真など )
  • 施行管理費 ( 葬儀進行等の人件費など )
  • その他 ( ドライアイスの追加、ゆかんなど )


4.お布施 や 返礼品 の費用を確認してみよう


お坊さん や 弔問客 に渡す、お金 や 品 にかかる費用です。

お布施とは、言い換えると 読経料 の事です。つまり、お経を読んでもらう代金ですね。一般的に葬儀や告別式での読経料は


5 万 ~ 15 万


とされています。戒名料 や お布施 などを含めると、地域にもよりますが一般的に


約 50 万円


くらいを寺院に支払うことになります。

また、返礼品 とは通夜や告別式へ来てくれた方に、


  • お礼として渡す 会葬礼品
  • 通夜に来て通夜振る舞いに出席しない人へ渡す 通夜返し
  • 香典をいただいたことへの 香典返し
  • 法事などへ来て下さった方へのお礼の 引き物
  • その他にも葬儀を手伝ってくれた方への お礼

 
などがあります。こちらはだいたい


70 ~ 80 万円


ほどかかります。

これらの費用の他に葬儀を行う基本的な費用などを合わせると、約 200 万円 ほどかかってしまいます。

結婚式であれば予定を立てて行えるので費用もあらかじめ準備できるのですが、葬儀の場合はそうはいきません。

では、こうした状況に直面して困らないためには どうしたらいいと思いますか?

次は、このことについて見ていきましょう。


葬儀費用で困らないために、やっておくべきことは?


まだ時間に余裕がある場合は、亡くなった後に費用を考えるのではなく、


予め余裕を持って見積りなどを取る


ことが大切です。

時間があれば その分話し合える余裕もでてきますから、多くの葬儀社を比較して納得できるところを選びやすくなります。


一方、時間がない場合は、葬儀社に相談する際に あらかじめ


希望の予算を伝えておく


ようにします。

業者からは平均的な金額を言われるかもしれませんが、業者に主導権を握られて それに合わせる必要はありません。葬儀社の言われるがままに行うと、あとでトラブルのもとになることもあるので、


納得のいく葬儀をあげてもらうことに焦点を当てて決める


ようにします。たとえば、


  • 費用をできるだけ抑えるために、葬儀を行わずに火葬だけ行なうようにするのか?
  • 葬儀も行なうけど、「 家族葬 」 のような小さな葬儀で費用を最小限に抑えるのか?
  • 故人の友人やお世話になった方も呼びたいので、50 ~ 100 人程度のお葬式にするのか?


といったように、どういった葬儀にしたいのかを考えながら業者と一緒に話しを進めていきます。

その際に予算枠を左右するのが、


葬儀の規模


です。たとえば、


  • 会葬者の数
  • 祭壇の種類規模
  • 棺のグレード
  • 料理
  • 返礼品


などを葬儀の規模を考えながら、希望に合ったものを選んでいくようにします。

たとえば、生花 や 飾り物 を極力少なくしたり、セット料金やオプションものを最低ランクにすると費用を抑えることができます。また、霊柩車 や 火葬費、通夜ぶるまいの飲食代にもランクがあるので、これらのランクを下げることも費用を抑えるポイントです。

内訳をきちんと把握し、必要だと思うものだけを お願いして、そうでないものは削る という作業をするわけですね。


また、話し合いを進行する際は、あなたががしっかりと主導権を握るようにするのも重要なポイントです。なぜなら、お客は あなたなので、


あなたの納得のいく葬儀を行なってくれる業者を選ぶ


ようしなければならないからです。

どうしても高く見積りたがる業者であれば、後々トラブルの原因にもなるので見切りをつけて別の葬儀社に依頼することも大切です。

葬儀社の多くは 高いプラン から 安いプラン まで扱っていますが、一般的な業者だと見積りを高くされることが多いです。

しかし、最近は利用者のニーズに応えて予め費用を抑えた


低価格の葬儀


を専門に扱う葬儀社も出てきています。

こうしたところは低価格で行なうためのノウハウをしっかりと持っているので、地元の葬儀社とは別に確認しておくと良いかもしれません。


低価格の葬儀ができる専門の業者とは?


低価格で行ってくれる葬儀社というのは、


必要最低限のものだけを用意することで、価格をできるだけ抑えたプランを用意している専門の業者


のことです。

たとえば、費用を抑えた 「 家族葬 」 や 「 シンプルな葬儀 」 を選ぶことができ、金額も全国平均より抑えられたプランを用意しているのが特徴です。

また、追加費用なしで行ってくれるところもあるので、費用でトラブルになりにくいなど、安心して葬儀を頼めるのも魅力です。

このような葬儀社は時々目にするのですが、選ぶ際は全国対応で規模が大きく、地域を選ばずに依頼できるところが便利です。たとえば以下のようなところですね。




こちらは 「 火葬式 」 「一日葬 」 「 家族葬 」 「100名までのお葬式 」 の 4 つ のプランから選ぶことができます。費用をかけずに葬儀を行ってくれる専門業者なので、既に無駄なものを削ったプランを用意してくれているのが特徴です。

お寺に渡す お布施 も、通常であれば金額も高かったり、基準がわからないので困ってしまう方も多いですが、こちらは 定額 なので悩む必要もありません。

「 車代・心づけ・お膳料 」 もセットで非常に安く申し込めるので、費用を抑えたい方には助かると思います。また、追加料金も一切ない ので、初めての方でも安心して利用できるのも嬉しい点です。

全国規模で、低価格の葬儀プランを定額で用意しているので、地元の葬儀社などと一緒に考慮しておくと選択肢も広がると思います。

低価格専門の葬儀社だと、どのサービスで どれくらいの費用になるのかがわかるようになるので、別の葬儀社の方と話し合う際も質問しやすくなると思いますよ。

詳しい内容は、それぞれの葬儀社のサービス内容と費用を 資料 を見ながら比較していった方がが わかりやすいと思うので、選択肢の一つとして取り寄せておくと良いかもしれません。

ちなみに、上で紹介したサイトでは 無料 で取り寄せることができます。無理な勧誘やしつこいご提案もないので女性の方でも安心です。


ちなみに、葬儀社を比較していくと自分らしい葬儀を叶えてくれるサービスを行っているところも目にすると思います。これについても少し見てみましょう。


自分らしい葬儀をするには?


最近は、葬儀を


人生の最後を飾る 総まとめの儀式


と考える方が増えてきているようで、自分らしさを演出できる葬儀をされる方もいらっしゃるようです。

亡くなる前に葬儀を行う


生前葬


をされる方も多く、時代とともに葬儀に対する価値観も変わってきています。

生前葬を行われる方は、元気なうちに 家族 や 友人・知人 への感謝を表す場にしたいといった考え方が根底にあるようです。こうしたニーズに応えて、個性的な演出ができる葬儀社も増えてきています。

もし生前葬を検討していたり、興味があって費用を把握してみたいという方は、こうしたところも一緒に選択肢に入れておくと良いかもしれません。

あるいは生前葬は検討していないけれど自分らしく納得のいく葬儀をしたいと考えているのであれば、そうした希望を叶えてくれる葬儀社を探して、実際に相談してみる方法もあります。

あなたのお住いの近くにも、あなたの希望に応えてくれる葬儀社があると思うので、似たようなところを探して資料を取り寄せて一緒に検討してみると良いかもしれませんね。


できるだけ費用を抑えて、納得のいく葬儀を行えるよう準備をしておくことは大切な作業だと思います。焦らずにじっくりと探して決めていきましょう。

費用をかけずに葬儀を行なう方法についてはこんな感じです。なお、葬儀社を選ぶ注意点については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。

この他にも、危篤から葬儀・法要までの流れや、葬儀に関する疑問などについて各記事でわかりやすく まとめましたので一緒に参考にしてください。


葬儀 と 法要 について理解してみよう



引越し費用を抑えてみよう



引越しでイライラしないために




香典返しには喜ばれるギフトを選んでみよう
無料挨拶状が嬉しいリンベルの香典返し




スポンサーリンク



葬式と法事の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク