知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の株式投資入門!儲ける仕組みと方法は?


『 株で儲けるための仕組みと方法を理解してみよう 』


前回の 『 株はどこで買えるの? 』 では証券市場について説明しましたが、今回はどのように売買したら利益を得られるのかという基本的な仕組みをわかりやすく説明したいと思います。

では、早速 見ていきましょう。( 最終更新:2016年10月 )


どうやって株で儲けるの?


まず、株の価格は常に上下に動いています。安くなるときもあれば、高くなるときもあるわけです。

たとえば、オークションで売られている物で人気のあるものやプレミアが付いているものは、値段が高くなっていきますよね。なぜだと思いますか?


人気があるから


ですね。たくさんの人が欲しいと思うから値段が上がるわけです。なぜ欲しいのかというと、その人にとってそれだけの価値があると感じているからです。逆に、人気のないものは値段がそんなに上がりません。

株もこれと同じで、人気のある会社の株は上がりますし、人気のない会社の株は下がります。


 つ ま り 、


需要と供給のバランスが関係しています。

あなたはスーパーで買物をするとき、どうやって選びますか?値段を全く見ないで買い物をする人は少ないと思います。


「 今日は牛乳が高いっ。。やめとこう 」
「 パンが安くなってる!買おう 」


こんな感じで選んでいる人も多いと思います。株も同じで、安くで買うのがポイントです。

よく株価がどんどん上がっていて勢いがいいと


「 きっと、このまま上がるさっ 」


と思って高い値段でも買ってしまう人もいますけど、これはよくありません。


 な ん で ?


高値で買っても少ない利益しか得られないことが多いからです。

たとえば、昨日まで 200 円 だった牛乳が、テレビで紹介されて人気が出て翌週 500 円 になっていたとしましょう。

牛乳なら飲んで終わりなので買ってもいいですけど、株はそうはいきません。


 ど う し て ?


買ったら、今度は売らないといけないからです。商売で大切なのは、


安くで仕入れて、高くで売る


という点です。高くで買って、安くで売ったら赤字になります。

株も同じで、安く買って、高く売るのが基本です。一般的に株は この差額で儲けます。この方法で儲けたお金のことを


値上がり益キャピタルゲイン


といいます。

それと、以前 『 株とはなに? 』 で紹介した


配当金 や 株主優待


で儲けることもできます。

これらは株を持っているだけで お金がもらえたり、割引券 や 企業が売っている商品 をもらえたりするのですが、回数が少なくて だいたい年に 1 ~ 2 回 くらいです。

配当金の場合は 郵便振替支払通知書 という小切手で自宅に送られてくるので、郵便局 や 銀行 で換金します。


 た だ し 、


赤字企業だと配当金がまったくないこともありますし、優良企業でも 配当 や 株主優待 そのものを行っていない企業もあるので、これらが欲しい人は買う前によく調べておきましょう。

まとめると、株で儲けるためには下の 3 つ の方法があるということがわかりますね。


  • 値上がり益 ( キャピタルゲイン ) ← 一番大事
  • 配当益 ( インカムゲイン ) ← お小遣いで楽しむ
  • 株主優待 ← お得なオマケの楽しみ


この中で一番メインになるのは、1 番目の差額で儲ける方法です。安くで買って、高くで売ることを心がけるようにするのがポイントということですね。どのように買えばいいかは、今後 書いていきたいと思います。次回は、『 株にリスクはないの? 』 です。


初心者の株式投資入門


  1. 株をはじめる前に、株ってなに?
  2. 株はどこで買えるの?
  3. 株で儲ける仕組みと方法は?
  4. 株のリスクと注意点は?
  5. 株を始めるには、いくら必要なの?
  6. 株で儲けるには、いくら必要なの?
  7. 銘柄の選び方と考え方は?
  8. 株の注文方法と取引の流れは?
  9. 少額投資向けの証券口座の選び方は?

パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



株式投資の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク