知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の株式投資入門!株を始めるにはいくら必要なの?


『 株式投資は、いくらから始められるのかを理解してみよう 』


前回の 『 株のリスクと注意点 』 では、株の売買で損をしてしまうこともあるということを説明しました。

損をする可能性があるのであれば、最初は少ない金額から始めたいと思う方もいるかもしれません。 ← 私

では、実際に株を始めるとすると いくら必要だと思いますか?

今回は、このことについてまとめました。( 最終更新:2016年10月 )


株を始めるには、いくら必要なの?


Yahoo!ファイナンスなどで株価をチェックすると、


  • 現在値 : 10
  • 現在値 : 1,900
  • 現在値 : 18,000


と、いろいろな数字が出てきます。


「 現在値 10 って、10 円 ってことなのかな? 」


と思う方もいると思いますが、アタリです。10 円 です。

ただし、株にはそれぞれ 「 単元株数 」 というのがあって、


「 10 株 から買ってください 」
「 100 株 から買ってください 」


と買わなければならない株数が決まっています。


わかりやすく言うと、あなたが 10 円 ガム(株)を買おうとしたときに、 「 単元ガム数 ( 単元株数 ) 」 が 100 だとすると、


「 10 円 ガムは、100 個 入りを 1 セットとして売っています。個別売りはしていません 」


という意味になります。なので、


10 円 × 100 個 = 1,000 円


となり千円を用意しないとこの 10 円 ガムは買えません。


株もこれと同じで、株価 が安くても単元株数によって必要となる費用が変わってくるわけです。

1 株 から買える 株式 もあれば、1,000 株単位でないと買えないというものまで様々です。

ちなみに、私が知っているもので一番安いのは 「 現在値が 1 」 で 「 単元株数が 10 株 」 というものです。

つまり、最低株価だと 10 円 から買えます。


「 安いっ! 」


と思って買いたくなるかもしれませんが、10 円分 の株を買っても利益を出すのは難しいです。


 な ん で ?


取引手数料を含めるとマイナスになってしまうからです。

株を売買するには、取引きする際に 手数料 が必要になります。


たとえば、1 日 の取引手数料が 100 円 としましょう。

10 円分 の株を買うのに、手数料が 100 円 かかるので、


10 円(株代) + 100 円(手数料) = 110 円


となり 110 円 が必要になります。

すると、利益を出すには少なくとも 10 円 株 が 110 円 以上まで上がらないと利益は出せませんよね。

荒波のように株価が動いているのであればまだしも、そうでなければ利益を出すのはちょっと難しいと思いませんか?


「 じゃあ、いくらの株なら利益を出しやすの? 」


欲を出さないのであれば、


数千円 ~ 数万円


の投資額で利益を出すことができます。

逆の言い方をすれば、株式投資は 数千円 ~ 数万円 で始めることができます。

利益といっても 数百円 ~ 数千円 程度ですけど、初心者が少ない投資額でこれだけの利益が出せたら十分です。

銀行に お金を 1 年間 預けて得られる利子と比較したら 遥かに大きい金額なので、お金を運用して 数百円 でも利益が出せることは凄いことだと思います。


では、少ない投資額で株取引を行うことには、どんなメリットがあると思いますか?

次は、このことについて見ていきましょう。


少額投資のメリットは?


数千円 の少額投資で得られる一番のメリットは、


リスクが少ない


という点です。

投資額が少ないということは、万一 株価の予測を見誤った時でも損をする金額が少なくて済むということです。

利益が 数百円 ~ 数千円 と少ないわけですから、損をした時もその程度の金額で済むと考えられるわけです。

そのため、初めて株式投資をする人が 極力リスクを抑えながら売買に慣れるには、少額投資は最適だと思います。

資金も 食事代 や 娯楽費 を少し節約するだけで簡単に始められますし、実際に売買をすることで株式投資を早く覚えることにもつながります。

もし飲み代に使ってしまったらそれっきりですが、投資で得た経験は万一損をしたとしても自分を成長させる糧として役立たせることができるはずです。

慣れてきてコツがわかり、利益が出せるようになってくると


「 もっと効率的に利益を出してみよう 」


と思えるようになるかもしれません。

こうした余裕が出てきたら、普段から社会の動きなどを観察しつつ利益を出しやすい会社の株を見つけておくと、より自分自身を高めることができると思います。

「 世の中にどんな株があって、どんな動きをするのか 」 という感覚を養うということは、「 世界で起きた出来事が、あなたの生活にどのような影響を与えるのか 」 を考える習慣を身に付けさせるということでもあります。

もちろん、1 万円 の投資資金だと買える株式は限られますが、その範囲内だけを見るのではなく意識的に視野を広げるようにするわけです。

たとえば、今後、投資額を 5 万円 や 10 万円 に増やしたときに、どこの会社の株を買えば利益が出しやすいかを日頃から把握しておくようにするわけですね。そうすると、モチベーションも保ちやすいと思います。

こうした経験を経て


「 この会社の株はよさそう 」
「 株価の動きのクセがわかってきた 」


と感じたら投資金額を増やして実際に買ってみると、少しずつ実力を上げながら株取引に馴染むことができますし、利益も出しやすくなると思いますよ。


 た だ し 、


注意しなければならないのは、見抜いたチャンスを活かさなければ意味がないという点です。

株価はすぐに動いてしまうことが多いので、いくら上がると予測できて それが当たっていたとしても、実際に購入していなければ利益を出すことはできません。

言い換えると、せっかく株を理解していても実際に買わなければ チャンスを逃してしまうということです。

たとえば、株価が低迷していた 2012 年 に株を買っておけば、翌年の 2013 年 には大きな利益が得られました。

なぜなら、株は低迷している時こそが買い時だからです。特に、この年の動きは簡単に予測できるものでした。これ以上わかりやすい相場はなかったわけです。

ですが、こうしたことに興味を持っていなかったり、行動に移せないでいるとチャンスを逃してしまいます。

だからこそ社会の動きが経済にどのような影響を与えるのかに日頃から興味を持ち、実際に経験をして感覚を養う行為は大切だと考えています。

とは言っても、実際に何から始めたらいいのかわからない方も多いと思いますが、まず最初にやっておいた方が良いのは、


証券口座


を作って少額でも資金を入れておくことだと思います。実際に行動に移さないと何も始まりませんからね。

実際に口座を開いたら、使ってみたくなります。この時の気持ちをきっかけにすると良いかもしれません。

ちなみに、証券口座の中には 口座 を作っても維持管理の手数料が 無料 のところもあるので、初心者の方は こうしたものを利用されると負担が少ないと思います。

試しに配当金を得られる会社の株を買っておくと、時期が来たら自動的に配当金が送られてくるので銀行にお金を眠らせておくよりもメリットはあると思います。

詳しくは、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


私は上で紹介した考えをもとに自分なりの投資法をコツコツと作ってきましたが、最初はどの株を買ったらいいのかピンと来ませんでした。たぶん始めたころは誰もが同じ感覚だと思います。

でも、焦らずに時間をかけてじっくりと自分の投資方法を作っていくと、次第に楽しくなってくると思います。

そして、慣れてきてから投資金額を少しずつ上げていくようにすると利益も出やすくなりますし、効率良く学ぶことが出来ると思いますよ。

ちなみに、私は 2 万円 から始めました。

2 万円 だと 1 ~ 3 銘柄 くらいしか買えませんが、練習には十分です。慣れてきてから少しずつ増やしていくと安心だと思います。

では、投資額が 数千円 や 数万円 では物足りないと感じたら、投資資金を いくらまで増やしたらいいと思いますか?次回は、『 株で儲けるには、いくら必要なの? 』 です。


初心者の株式投資入門


  1. 株をはじめる前に、株ってなに?
  2. 株はどこで買えるの?
  3. 株で儲ける仕組みと方法は?
  4. 株のリスクと注意点は?
  5. 株を始めるには、いくら必要なの?
  6. 株で儲けるには、いくら必要なの?
  7. 銘柄の選び方と考え方は?
  8. 株の注文方法と取引の流れは?
  9. 少額投資向けの証券口座の選び方は?

パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



株式投資の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク