知らないと恥をかく一般常識の壁

事故車の基本!修理と買い替えの判断基準は?


『 事故車の対処方法を、賢く判断してみよう 』


交通事故で車が 損傷 すると 修理 に出すことになりますが、その修理費用は意外と高く躊躇してしまうことがあります。

基本的に保険でカバーできるので心配いりませんが、場合によっては買い替えた方がメリットの大きいこともあります。

でも、その判断をどのようにしたらいいのか わからないという人も多いかもしれません。 ← 私


そこで今回は、事故車を 修理するべきか、買い替えるべきかの判断基準についてまとめました。

少し長いですが、最後まで読んでいただけると納得した対処ができるようになると思います。( 最終更新:2016年9月 )


事故車の「修理」と「買い替え」の判断基準は?


修理をするか、買い替えるかの判断基準は以下の 5 つです。


  1. 事故を起こした車の年数
  2. 修理費用
  3. 保険会社がカバーする金額
  4. 修理後に車の歪みや塗装が気にならないか
  5. 安全性に問題はないか


この 5 つのポイントを押さえて判断していくと、比較的 スムーズに決断できると思います。

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


1.事故を起こした車の年数


まず、あなたの車が どれだけ古いかを確認しましょう。これはとても大切なポイントです。

なぜなら、保険会社にもよりますが、基本的に 古い車だと 修理費用が出ない ことが多いからです。

これは一般的に、車は新車で購入してから どれだけの期間が過ぎたかで その価値が変わることが原因です。

たとえば、あなたがマンションを購入したとしましょう。購入してから 10 年後に売ると、購入した金額よりも ずっと低い価格で手放すことになります。

つまり、10 年という時間がマンションの不動産価値を下げたということです。同様に、車の価値も時間が過ぎると下がってしまいます。

その時々のモノの市場価格のことを


時価


といいますが通常、車の時価は新車で購入してから


  • 5 年 ほどで半分くらいになり、
  • 8 ~ 10 年 で ほぼゼロ


になります。

7 ~ 8 年以上 の車の場合は既にモデルチェンジしていることが多いですし、走行距離 や 車の劣化 なども目立つので、市場での人気は下がります。

「 人気が下がる 」 ということは 「 需要が減る 」 ということです。つまり、欲しいと思う人が少なくなるわけですから、当然その価値も下がってしまいます。

そして保険会社は、この 価値 ( 時価 ) に応じて車の修理代の見積もりを出します。

あなたは自分の車が古くても、


「 新車と同じように修理代を出して欲しい 」


と思うかもしれませんが、実際は出してはもらえません。

もし保険会社が古い車にも どんどん修理代を出してしまうと、多くの人は新車を買わずに古い車を買って、修理が必要になれば事故を起こして保険金をもらうようになってしまうかもしれません。

これでは困りますよね。


そのため、保険会社は古い車の修理費は あまり出せないんです。このことから、車が古くなるほど事故の修理代は出してもらいにくくなる ということがわかると思います。


あなたが乗っている車が 5 年以内 であれば、修理するのかを保険会社と相談しながら考慮しても良いかもしれませんが、発売されてから 7 年以上のものだと、修理して乗り続けても あまりメリットはないと思います。

もし、その車に愛着があって、修理代にいくらかかっても構わないのであれば修理しても良いかもしれません。

しかし、市場の価値が ほぼゼロに等しい車に費用をかけるより、新車 や 中古車 に買い換える方が メリットは大きい と思います。


まずは事故を起こした車の年数を把握した上で、下記の修理費用や保険、安全性などを一緒に考慮して判断していくことになります。

では次に、修理費用について見ていきましょう。


2.修理費用


車がどれくらい古いのかを調べたら、次に


修理費用が どれくらいかかるのか?


を調べる必要があります。

修理費用は 数万 ~ 100 万円 以上 と幅が広いので、一概にいくらとは言えません。

軽く追突されて バンパー に傷がついただけでも、傷を消すだけで十万円近くの見積もりを出されることもありますし、場合によってはバンパーそのものを交換しなければならないこともあります。

もし、フレームも歪んでいたりすると、修正などに 数十万円 程度かかってしまうケースもあります。

車種 や 傷の程度 によっても修理費は変わりますし、どの修理工場を選ぶかによっても金額は変わってきます。

今後の判断を円滑に行えるようにするためにも、早めに修理工場に持って行き見積もりを出してもらうことを お勧めします。もし、車が動かないのであれば、レッカーを頼んで修理工場に持ち込み見積りを出してもらうことになります。


ここで出してもらった見積り費用をもとに、保険会社がカバーできる 修理代 などを考慮して判断していくことになります。

そのため、複数の場所に持ち込むようにして金額を比較できるようにしておくと良いかもしれません。


では次に、保険会社がどれくらい払ってくれるかについて見ていきましょう。


3.保険会社がカバーする金額


ここで考えるのは


保険会社が いくら修理費用を支払ってくれるか?


ということです。

車が古くなれば 時価額 は下がってしまうことは先ほど説明しましたが、修理費用も この時価額に大きく左右されます。


たとえば、あなたが新車を購入してから 5 年以内 に事故を起こしたとしましょう。

このとき、修理に 150 万円 かかったとしても、その車の 時価額 が 100 万円 であれば、保険会社に請求できるのは 100 万円まで です。

つまり、修理費 が車の 時価額 を上回ると、時価額の賠償しか受けることができなくなります。

この場合は


全損


という扱いになり、残りの 50 万円 は自分で支払わなければなりません。


時価額 というのは、店頭でその車が同じ条件で売られている相場よりも若干低い金額なので、慎重に考える必要があります。

なぜなら、ただでさえ少ない 時価額 をもらって、さらに 50 万円 を上乗せして修理をしても 車の価値は下がる一方 だからです。

時価 が下がるのは、事故を起こしてしまった車に


修理歴


が残ってしまい 事故車扱い となるためです。事故車扱い になると市場での価値は下がります。


また、修理をして乗り続けても、フレームなどの歪みがあれば違和感を感じながら乗ることにもなります。そうなってから、


「 やっぱり車を買い替えたい・・・ 」


と思って 買取り や 下取り に出しても、安くでしか引き取ってもらえません。


一方、修理をせずに手放す選択をすると、保険会社が認めた 100 万円 のうち、消費税分を差し引いた額を 修理費ではなく 「 損害 」 として受け取る ことができます。( 詳しくは保険会社に確認してください )

すると、その費用を 車の買い替えの 頭金 に回したり、廃車にする際の費用に回すことも可能になります。


「 修理していない車だと 価値がないのでは? 」


と思われるかもしれませんが、実際は事故車でも価値はあります。

記事の下で詳しく説明しますが、 事故車 や 不動車 を専門に扱っている業者であれば、一般的な中古車買取業者とは違い、こうした車から利益を出すビジネスをしているので意外と高値で買い取ってくれることがあるからです。

そのため、修理する前にこうした業者にも あらかじめ見積もり査定を依頼して、市場でどれくらいの価値があるのかを把握しておくと、あとで後悔することも少ないと思います。

もし高くで買い取ってくれるのであれば、増えた分を新車購入の 頭金 にも回せるので費用の節約にもつながります。

どのような選択をするかによって、お金を有効活用できるかが決まってくるので、修理をする前に保険会社とよく相談してから判断すると良いかもしれません。


一度事故を起こした車は 100 % もとに戻すことは出来ません。後悔しないためにも、そのリスクについて知っておくことが大切です。

そこで、修理した際の リスク についても見ていきましょう。


4.修理後に車の歪みや塗装が気にならないか


事故で損傷した大きさにもよりますが、一度事故でフレーム ( 車体 ) が壊れてしまうと以下のような問題が出てきます。


  • 車体が歪んでしまう
  • トランク や エンジン のフードカバーにズレが生じる
  • 直進しているのにハンドルが左右に少し傾いている


これは修理する際に、損傷した箇所が思い通りに変形せずに直せなかったときに起こります。

また、車の 傷 や 溶接跡 が少し残ってしまったり、塗装した部分が 他のところに比べて若干明るかったりするなどの


塗装ムラ


が残ることがあります。

もし、あなたの車に このような トラブル が生じてしまうと、違和感を抱きながら乗り続けることになります。

実際に私も中古車を買う際にこうした車を試乗したことがありますが、やはり気持ちのいいものではありませんでした。

たとえば、直進しているのにハンドルが若干 左右に傾いていてしっくりこなかったり、車体の後ろにある 塗装ムラ や 傷 を見るとスッキリしなかった感じを覚えています。

近年の 修理技術 はレベルも高くなっているので、バンパーの小さな傷程度であれば 綺麗 に元に戻すことはできますが、大きな傷になると 100 % もとに戻すことは難しくなります。

なので、気持ちよく車に乗るためにも、修理する前にこれらの点を修理工場で きちんと確認しておくことが大切だと思います。


さらに、安全性 も変わってくるので、この点についても理解しておきましょう。


5.安全性に問題はないか


車のフレームを損傷してしまうと 強度が弱くなってしまうので、次に事故にあったときに 車体が衝撃を 十分に吸収できない 可能性があります。

中古車を購入する際に、多くの人が事故車を敬遠するのはこのためです。

車の損傷の大きさにもよりますが、もし あなたが安全性を重視するのであれば買い替える方が無難だと思います。この点についても修理工場の方に相談するようにしましょう。


事故車を修理するかの判断基準は上記の 5 つになりますが、まず最初に 事故車の市場価値 を把握していなければ正しい判断はできません。

そこで、車の市場価格を知る方法について見ていきましょう。


事故車の市場価格を知る方法は?


もし、あなたが車を修理をすべきか悩んでいたり、修理を諦めて手放そうかと考えているのであれば、まずは あなたの車が


市場でどれくらいの価値があるのか?


を把握しておくと判断しやすくなると思います。

把握するには近所の 中古車専門買取業者 に持ち込んでもいいのですが、前述で説明したように、中古車市場では 事故車 を敬遠する 傾向があります。つまり、人気がありません。

人気がないと 価格 も下がってしまうので、買取価格 も必然的に下がってしまいます。


また、ディーラーで下取りに出す方法もありますが、やはり納得のいかない価格で引き取られることも多いです。場合によっては、逆に 廃車処分料 を求められることもあります。


こうした状況を可能な限り避けて、事故車にできるだけ高値を付けてもらうには、事故車 や 不動車 などを扱っている業者に査定を依頼する ことがポイントになります。

こうした業者は事故車でも需要のある海外へ販売したり、解体して ホイール や マフラー などを修理部品として販売するなど、事故車 や 不動車 から利益を生み出す仕組みを持っています。

つまり、同じ自動車買取業者でも商売の方法が違っているので、中古車専門業者よりも高く買取ってくれることが多いわけですね。

もっとわかりやすく言うと、同じリサイクルショップでも楽器を専門に扱っているお店と、家具を専門に扱っているお店では買い取ってくれる商品が違うのと同じことです。

モノを売るためには買いたいと思っている人達が集まるお店に持って行かなければ、その商品の良さをわかってもらえないので良い値が付きません。

同様に、事故を起こした車を買いたいと思っている業者へ査定を依頼しなければ良い値はつかないわけです。( 当然ですよね )

そのため、事故車を扱う業者へ査定を依頼する必要があるわけですが、こうしたサービスを提供しているサイトがあります。それが以下のものです。




こちらは日本最大級の 車買取・車査定ネットワークサイトです。事故車はもちろん、不動車 や 冠水車、廃車 など、一般的に売ることが難しい車を扱っている業者へ無料査定を依頼できるのが特徴です。一社ずつ見積りを聞いて回るのとは違い、複数の業者へまとめて査定を依頼できる ので業者間での競争も生まれて高値が付きやすくなります。

また、インターネットで簡単に申し込みを行えるので 時間 と 交通費 を節約できるのも助かります。費用もかからないので修理しようか迷っている段階でも気軽に使えるのも魅力ですね。

さらに、査定依頼はもちろん、自宅まで来てくれる 出張査定の費用も無料 なので、動かせない車でも安心です。 ( もちろん自分から店舗に行くことも可能です )

まずは修理する前の段階で あなたの車が、どれだけ価値を持っているのかを調べておくと、判断するための資料として役立つと思いますよ。買い取ってもらう際は折り返し連絡すればいいだけなので、買い取ってくれるお店を探し回る必要もありません。

ただし、「 キズ 」 や 「 へこみ 」 などの損傷だけでは事故車にはならないので注意しましょう。

こうした場合は、以下のサイトを利用すると良いかもしれません。




こちらは複数の 中古車専門買取業者 へ、まとめて 無料査定をお願いできるサイトです。

中古車として売った場合は どれくらいの価格になるのかがわかるので、比較のために使ってみると役立つと思います。もしかしたら、高値で買い取ってくれるところがあるかもしれません。


また、バイクの査定と買取りは以下で申し込めます。




それぞれのサイトの細かな違いについては記事の下でまとめましたので、そちらを参考にしてください。

ちなみに、一つ目の事故車買取業者と同様に、中古車専門買取業者に依頼する際も、車やバイクの キズ などを直す必要はありません。

これはあなたが修理するか、買い取り業者が修理するかの違いだけであり、基本的に車の価値は変わらないからです。( 修理を行えばプロは見抜きます。気を付けなければならないのは修理費用です。 )

修理を行うと塗料や板金、人件費などの費用が掛かりますが、買取業者の多くは自社工場などで修理を行うためこうした費用を抑えられます。

しかし、あなたが別の業者に修理を依頼すると、こうしたことはできませんから修理費が割高になります。割高で修理しても価値は変わりませんから、傷がついたまま査定をしてもらった方が結果的に損をしないわけです。

繰り返しになりますが、車の価値は新しさに左右されるので、高く売りたいのであればできるだけ早く売ることを意識した方がいいと思います。( ※傷の修理に関しては、上記の買取比較サイトでも同様の説明をされているところが多いので確認してみてください。 )


では次に、これらのサイトの 使い方と手順 について見ていきましょう。


無料査定の申し込み手順は?


使ったことがない方は、少し抵抗があるかもしれません。そこで、おおまかな手順を以下にまとめます。


1.一括無料査定サイトを開く


上記リンクから 無料査定 を行なっているサイトを開きます。( 各サイトの 違い と 特徴 は下で説明します。 )


2.必要事項を記入する


「 一括査定 」 や 「 無料出張査定 」 と書かれたとこからページを開き、手順に従って必要事項を記入していきます。

申し込みフォームを記入する前に、あらかじめ 車検証 や 走行距離 を用意しておくようにしましょう。

記入をしたら内容を確認して送信します。


3.査定の日時を決める


サイト内 や メール でおよその査定額がわかるものもあれば、出張査定を行って価格がわかるものもあります。

出張査定の場合は、各査定会社から連絡が来るので、出張査定の日時を決めて査定をしてもらいます ( 出張査定も無料です ) 。

金額に納得がいかない場合は、「 他の業者の査定をまだ聞いてないので少し考えます 」 と伝えれば、その場ですぐに決断しなくても大丈夫です。


4.業者を決定する


手放すことが決まったら、納得のいくところに買取りをお願いします。


買取までの手順はこんな感じです。とても簡単ですし 無料 で使えるので、手放す前に査定をしてみると良いかもしれません。


では次に、それぞれのサイトの特徴を見ていきましょう。


各「無料査定サイト」の特徴と違いは?


ひとくちに一括査定サイトと言っても、それぞれ特徴が異なります。

力を入れている部分にも個性があったり、得意・不得意 も分かれるので、それぞれの違いを把握しておくと利用しやすいと思います。

では、前述で紹介したサイトの特徴をわかりやすく以下にまとめます。選ぶ際の参考にしてください。



車査定サイトの特徴を理解してみよう


事故車買い取り査定 お勧め
対象地域全 国
査定対象事故車 ・ 水没車 ・ 不動車
利用料無 料
比較社数最大 8社 の査定額がわかる
特長● 事故車専門なので事故車でも高値が付きやすい
● 不動車 や 水没車 でも高値が期待できる
● 車両保険に未加入でも売却できる
● 複数店舗の出張査定を同時期に行うことも可能
注意点傷 や へこみ などの軽度の損傷の場合は、
事故車に該当しません。
日本最大級の事故車専門の車買取・車査定ネットワークサイトです。全国対応で事故車はもちろん、冠水車・不動車・廃車など、一般的には売ることが難しい車の買取を専門に行っている業者へ 無料 で査定を依頼することができます。一社ずつ見積りを聞いて回るのとは違い、まとめてお願いできるので業者間での競争が生まれ、高値が付きやすくなります。複数の業者に同時に来てもらい、営業マン同士で交渉してもらうことも可能なので、面倒な価格交渉の心配もなく高値での買取りを期待できます。査定依頼も、出張査定の費用も 無料 なので、修理しようか迷っている段階でも気軽に使えるのが特徴です。事故車の価格を知りたいときは、まずはこちらで確認されると良いと思います。

カンタン約3分のオンライン車査定 お勧め
対象地域全 国
査定対象中古車 ( 国産車・輸入車・商用車 )
利用料無 料
比較社数最大 8社 の査定額がわかる
特長● 日本最大級で提携社数も多い
● 一般車から大型車まで幅広く査定している
● トラックや大型バスなどの商用車も査定できる
日本最大級の中古車査定ネットワークサイトで、提携企業数も多いのが特徴です。無料一括査定で簡単にあなたの車の最高額を知ることができます。一般の中古車はもちろん、トラックやバスなどの商用車や重機など幅広く査定をお願いできるのも魅力です。

車選びドットコム お勧め
対象地域全 国
査定対象中古車 ( 国産車 ・ 輸入車 )
利用料無 料
比較社数最大 7社 の査定額がわかる
特長● JADRI加盟の厳選された優良企業による査定
ビンテージ や マニアアック な車も対応
● こだわりの内装・外装の価値も理解してくれる
こちらのサイトでは、JADRI ( 一般社団法人 日本自動車流通研究所 ) に加盟している優良企業のみと提携しています。JADRI 入会には 「 厳しい審査 」 と 「 高い入会基準 」 をクリアする必要があるので、これらの優良企業が競い合って査定をすることになります。「 高額買取 」 はもちろん、「 良質な商談 」 や 「 事前・事後のサポート 」 など安心できるサービスが特徴です。また、JADRIの会員企業には、TVCMなどで見かける車買取企業以外にも、ビンテージやマニアアックな車の取り扱いで有名な企業も多数加盟しているので、どんな車種でも対応しています。市場の流れを理解して、一番高い価格を付けようと努力してくれるのも魅力です。

楽天の愛車一括査定!
対象地域全 国
査定対象中古車 ( 国産車 ・ 輸入車 )
利用料無 料
比較社数最大 10社 の査定額がわかる
特長● 見積り査定や成約で楽天ポイントがもらえる
楽天の一括査定サイトです。見積もり査定の申し込み や 成約 で楽天ポイントがもらえるので、楽天会員の方でポイントを貯めている方は良いかもしれません。

ズバット車買取比較
対象地域全 国
査定対象中古車 ( 国産車 ・ 輸入車 )
査定費用無 料
比較社数最大 10社 の査定額がわかる
特長● 比較社数が多い
● キャンペーンを多く行っている
参加している車買取業者数も 150社 以上と多く、その中から 最大10 社の査定額を知ることができます。1 社でも多く査定額を知りたいという方にお勧めです。


バイク査定サイトの特徴を理解してみよう


バイク買取一括無料査定 お勧め
対象地域全 国
査定対象バイク ( 中古車 ・ 不動車 )
利用料無 料
比較社数最大 6社 の査定額がわかる
特長● 複数企業の買取価格を一括で比較できる
● 24時間以内の返答で対応が速い
● 車検が切れていても大丈夫
● 不動車でも査定を依頼できる
● バイクの買取相場を知ることができる
複数企業にバイクの無料一括査定ができ、最大 6 社の査定額を比較することが可能です。その中から納得いく価格をつけた業者に無料出張を依頼して、さらに価格について話し合えるので競争原理が働き、1 社ごとに査定を依頼するよりも高値が付きやすくなります。もし、希望の金額に達しなかったときは売却中止も可能なので初めての方でも安心です。

バイク無料買取出張査定
対象地域全 国 ( 一部離島を除く )
買取対象バイク ( 中古車 )
利用料無 料
バイク王の無料出張買取です。無料でバイクの出張買取をしてくれます。動かないバイクの買い取りも可能ですが、車両の状態によってはリユース料を支払う必要があります。個人的には前述のサービスで複数の業者に一括査定をしてもらい、相場を把握した後でこちらに依頼した方が納得しやすいのではないかと思います。

全国無料出張査定
対象地域全 国 ( 沖縄と離島は出張査定の対象外 )
査定対象バイク ( 中古車 ・ 事故車 ・ 不動車 )
利用料無 料
特長● 事故車や不動車でも査定を依頼できる
● 車検が切れていても大丈夫
バイクランドの無料出張査定です。中古車はもちろん、事故車 や 不動車 の買取りも行っています。事故車 ( バイク ) の処分に困っているときは、こちらを利用すると良いかもしれません。


各サイトの違いはこんな感じです。

違いを把握して査定を依頼すると、効率的に高値で買い取ってくれる業者を見つけられると思います。

事故で車が動かなくなっても、車を手放すまでの間には


保管料 や 税金


はかかってしまうので、査定なども早めに行なっておくと無駄も少なくなると思います。

事故後の処理は大変だと思いますが、必ず解決できるので諦めずに頑張ってください。

もし買い替えを行った際は、任意保険の見直しも行っておくと安心です。詳しくは、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために


  1. はじめての交通事故!Q&A形式でわかりやすく解説! お勧め
  2. 事故発生時の正しい対処法は?

  3. はじめての示談、確認すべき注意点は? お勧め
  4. 加害者に請求できる損害賠償と損害賠償額は?
  5. 物損の慰謝料はとれるの?
  6. 過失割合は どうやって決まるの?
  7. 過失割合ゼロだと保険会社は交渉しないの?
  8. 示談が上手くいかないときの対処方法は?

  9. 自賠責保険 と 労災保険 はどちらを使えばいいの? お勧め
  10. 自賠責保険 と 労災保険 の両方に請求できるの?
  11. 治療で 健康保険 や 労災保険 は使うべき?

  12. 全国無料相談窓口一覧表
  13. 法律相談の基本!弁護士の 探し方と 選び方は?




スポンサーリンク



自動車の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク