知らないと恥をかく一般常識の壁

交通事故の基本!物損の慰謝料はとれるの?


『 交通事故での物損の慰謝料について理解してみよう 』


交通事故に遭うと、大切な 車やバイク ・ 洋服 ・ バッグ などを傷つけられて、ひどく落ち込むことがあります。 ← 私

あなたにとっては とても大切なモノなので、小さな傷がついただけでも とても気になることもあるわけです。

さらに、車 や バイク だと高額の修理代が必要になることもあり、心に受けた傷も大きい・・・と感じるかもしれません。

そんなとき、物損でも慰謝料が取れると思いますか?

気になりますよね。


そこで今回は、物損の慰謝料についてまとめました。( 最終更新:2016年8月 )


物損に対しての慰謝料は取れるの?


取れません。

なぜなら、慰謝料というものは 人身事故で発生した損害のみ 認められるものだからです。

もっとわかりやすく言うと、交通事故によって怪我や死亡、後遺障害が発生した場合のみ認められるということです。

物損事故でも、大切な物を壊されたり、取り替えのきかないものだったりすると 「 慰謝料を請求したい… 」 と思われるかもしれませんが、残念ながら 慰謝料請求 は認められないので注意しましょう。


ただし、物を壊されたことに対する、損害賠償請求 はできます。

損害賠償とは、壊れたものについて弁償 してもらうということです。たとえば、


  • 修理可能な場合は 修理代
  • 廃車の場合は、車の 買い換え費用
  • 車が使えなかった期間の 営業補償 ( 代車代 )


などを相手方に請求することができます。


しかし、物損に対する 損害賠償額 は少ないことが多いようです。また買い替え費用についても、大きく減額されることがあります。

なぜなら、この額は新品の価格ではなく、事故直前の マーケット価格 ( 時価 ) で評価されるからです。

たとえば、あなたが中古車を 50 万円で買ったとしましょう。3 年ほど乗ってから、事故に遭い修理するとなった場合は、現在その車が市場で どれくらいの価値があるのか という基準で賠償額が決められます。

ここでは 3 年という時間が経過しているわけですから、購入時の 50 万円という価値が 5 年分減ってしまうことになります。

もっとわかりやすく言うと、たとえば家を買って 10 年後に売ったら、買ったときよりも価格が下がってしまいますよね。つまり、10 年という期間が家の価値を下げたということが言えるわけです。

同様に 車 も買った時から時間が経つと、市場価格は下がってしまうわけですね。これは衣類やバッグなどについても同じです。

そのため、実際に払ってもらえる損害賠償額は思っていたよりも少ないことが多いと思います。


もし相手の不注意によって事故に巻き込まれたのであれば、あなたは少ない賠償額を目にして 「 事故に巻き込んでおいて不誠実な対応だ 」 と憤慨されるかもしれませんが、そういうものだと割り切るしかありません。

もしかしたら相手の方が、本当に申し訳ないと思って相場よりも少し多めに払ってくれることもあるかもしれませんが、こうしたことはあまり期待しない方がいいと思います。その方が腹も立たないですし精神衛生上よいと考えるからです。

でも、もし相手の提示した額に納得がいかないときは、交通事故の無料相談窓口などもあるので、こうしたところで質問されてみるといいかもしれません。相談員の方が何かしら良いアドバイスをしてくれると思います。( 全国無料相談窓口一覧表


また、この他に加害者に対して請求できる 慰謝料 や 治療費 などについては、『 加害者に請求できる損害賠償と損害賠償額は? 』 でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


それと、乗っていた車が古くて事故後はもう乗れないといった場合や、大破してしまって修理するのは難しいといった際は、自動車を手放すことになると思います。

この場合は 『 事故車の 修理 と 買い替え の判断基準は? 』 の記事を参考にされてください。動かなくなった事故車でも買い取ってくれる業者があるので、少しでも値が付く可能性があります。


物損の 慰謝料 と 損害賠償 についてはこんな感じです。

事故後の処理はいろいろと大変ですが、諦めずにきちんと対応しておくと 後々後悔することも少ないと思います。

参考にしてください。


交通事故で賢く対処するために


  1. はじめての交通事故!Q&A形式でわかりやすく解説!
  2. 事故発生時の正しい対処法は?
  3. はじめての示談、確認すべき注意点は? お勧め
  4. 過失割合は どうやって決まるの?
  5. 過失割合ゼロだと保険会社は交渉しないの? お勧め
  6. 示談が上手くいかないときの対処方法は? お勧め
  7. 自賠責保険 と 労災保険 はどちらを使えばいいの? お勧め
  8. 自賠責保険 と 労災保険 の両方に請求できるの? お勧め
  9. 治療で 健康保険 や 労災保険 は使うべき?
  10. 任意保険に入らないとどうなるの? お勧め
  11. 法律相談の基本!弁護士の 探し方と 選び方は? お勧め
  12. 水没車の 「 修理 」 と 「 買い替え 」 の判断基準は?




スポンサーリンク



交通事故の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク