知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の株式投資入門!企業の業績や将来性で選んでみよう


『 業績 と 将来性 から銘柄を選んでみよう 』


銘柄を選ぶ方法には、いろいろな点を考慮して選ぶ必要があります。前回は 『 興味のある業界や会社から選ぶ方法 』 について紹介しましたが、今回は二つ目の方法を紹介したいと思います。それが、


企業の業績や将来性から選ぶ方法


です。

では、早速この方法について詳しく見ていきましょう。( 最終更新:2016年10月 )


企業の 業績 や 将来性 で銘柄を選んでみよう


まず、株で利益を出すための、基本的なポイントは何だったでしょう?


安く買って、 高く売る


でしたね。

そのためには、企業の 業績 や 将来性 を考慮して、「 今の時点で安い 」 と思われるものを買うのがポイントです。

たとえば、デパートで バッグ や 洋服 を買うときも、夏 や 年末年始 に値下げをして売っている時期の方が お得ですよね。株もこれと同じで、


「 この企業は本当ならもっと株価が高いはずなのに、今は安くなってる 」


といったものがあります。

もし、話題性 や 将来性 もあるのに株価が低ければ、その銘柄は お買い得ということです。


では、株を お得に買える時期は いつだと思いますか? 気になりますよね。

次は、この時期について見ていきましょう。


株を買うのに お得な時期は?


株を買うのに お得だと言われる時期は 2 つ あります。


  1. 不景気のとき
  2. みんなが欲しがっていないとき


です。

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


1.不景気のときに買ってみる


株を買うのに お得な時期の一つが 不景気 のときです。

たとえ企業の業績が良かったとしても、多くの人が


「 不景気だし、下がるかもしれないから今はやめとこう… 」


と思っているときは、市場が活性化しないので株価は下がる傾向にあります。

本当なら、もっと株価は高いはずなのに下がっているのであれば、いわゆるデパートで年末年始の売り出しをしているのと似たような状況なので、安く買えることがあります。なので、


不景気のときに優良企業の株をチェックしておく


のが最初のポイントです。


2.人気がないときに買ってみる


もう一つの お得な時期は、需要と供給のバランスが崩れている時です。

たとえば、スーパーで野菜が値上がりしているとしましょう。

なぜ値上がりしていると思います?


いろいろな理由が考えられると思いますが、その一つに 「 野菜が予定通り生産できなかったから 」 というものがあります。

天候不順などの理由で、例年通りに野菜が育たなかったりすると、市場に出回る野菜が少なくなりますよね。

でも、スーパーの店主は買いたいわけです。


「 今日は寒いから、鍋用の白菜を店頭に並べたい 」


とか思うわけです。

でも、もし青果市場に白菜が少ししか出回っていないのに、たくさんの店長が買いたいと思ったら、青果市場の人は高く買ってくれる人へ優先的に売ると思います。

すると、店長は他の人たちよりも高い値段を付けて買うしかないわけです。その結果、店頭に並ぶ白菜の値段も上がります。

これがいわゆる 株価 が高くなっているときです。みんなが 「 欲しい! 」 と思っているから高くなるんですね。

でも、株 は高いときに買う必要はありません。なぜなら、上がった後は下がることが予想されるからです。それなら、この逆を考えれば、どの株を買えばいいのかがわかるはずです。つまり、


「 これから値上がりする 株 は何だろう? 」


と考えるようにすると、自然と


「 この会社の株は買っておいた方がいいかも 」


と思える銘柄が見つかります。そのためにも、いろいろと情報を集めましょう。そして、人気のない時に企業の株を買うようにするのが 二つ目 のポイントです。


でも、安ければ何でもいいというわけでもありません。ちゃんと企業の 業績 や 将来性 についても考えて選ぶ必要があります。

それでは、この選び方についてもう少し詳しく見ていきましょう。


業績 や 将来性 で選ぶ際の注意点は?


先ほど、株を買う お得な時期は不景気のときと、人気がないときだと説明しました。

でも、この 2 つ の条件が揃っていても、他の要素も一緒に確認しなければなりません。

たとえば、不景気のときに株を買うのであれば、


「 いつまで不景気が続きそうか? 」


とか、今は安くなっている企業を見つけても、


「 この会社の業績は良いのか? 」


といったことを見ていく必要があります。そこで考えておくべきことが以下の 4 つ です。


  • その企業の事業内容や業績
  • その企業の話題性や将来性
  • 過去の売上や利益の状況
  • 今後の景気


です。

業績 や 将来性、財務状況を知るには、書店に 「 会社四季報 」 や 「 会社情報 」 という本が売っているので、これで知ることができます。




どのような事業をしていて、どのような戦略で事業を行なっているのかといったことから、財務状況なども一緒に載せているので、今後の 見通し や 将来性 などの判断に使えますよ。これは銘柄選びの基本です。

私が銘柄を選ぶ際は、長期投資をしたいときに 四季報 を活用しています。今後、業績が伸びていきそうな事業をしてるかどうかを、財務状況を踏まえながら考えるわけです。

一方、短期投資だと 「 倒産する可能性があるか? 」 くらいしか考えません。使い方は人それぞれですが、持っていて損はないと思います。

ちなみに、インターネット証券口座 のなかには無料で使えるところもあるので、そうしたところの口座を利用すると良いかもしれません。

発行される度に買う必要もありませんし、いちいち本を開いて調べる面倒もないので簡単にチェックできますよ。

四季報を無料で使える口座については、




の記事を参考にされてください。

景気について知るには、ニュースやインターネットの情報などを参考にしています。

では、ニュースをチェックする際の 例 を一つ紹介したいと思います。インターネットでニュースを確認していると、以下のような内容が報じられることがあります。


「 東証 1 部の上昇銘柄は 33%、下落は 55%。出来高は 27億 5641万株、売買代金は 1兆 5434億円。業種別株価指数( 33業種 )では、不動産業、石油・石炭製品、銀行業が上昇し、金属製品、空運業、ゴム製品、ガラス・土石製品が下落した。 」( Yahoo!ファイナンスより抜粋 )


この内容を どのように読めば株式投資に活かせると思いますか?

株取り引きに少し慣れてくると、以下のような見方ができるようになると思います。


“上昇した銘柄の中には 明日も上昇し続けるものもあれば、利益を確定しようと売られて下がるものもあるかもしれない。逆に、下落した銘柄の中には、そのまま下がり続けるものもあれば、株価が下がり過ぎたから明日は買われて上昇する銘柄もあるかもしれない”


初心者の方はこんな感じで記事を読むようにすると、ちょっとだけわかりやすくなるかもしれません。

こうした情報をもとに、あなたが買いたいと思っている会社の株価が、どのように動くのかを予測するわけです。

もちろん、上がるのか下がるのかは誰にもわかりませんよ。あくまで、自分で予測していくわけです。その参考として様々なニュースを得るようにするということです。

あとは、


「 最近、多くの人は どんなものに興味を持っているのか? 」


といったことも知っておくと判断する際に役立ちます。たくさんの人が興味を示すということは、そこにお金が集まる可能性がありますからね。

また、株主優待 や 配当 が目的で株を買うのであれば、「 株主優待が魅力的な銘柄 」 や 「 配当利回りが高い銘柄 」 を選ぶのがポイントになりますが、この場合も企業の業績などを確認することが大切です。


 な ん で ?


業績が落ちると株価も下がって、結果的に損をしてしまうからです。そのため選ぶ際のポイントは、その企業が


  • どの業種か?その業種に将来性はあるのか?
  • 安定性はどうか?
  • 事業規模は?


といったことを中心に見ていくといいと思います。

業績が良くて将来性があれば、高い配当金や株式分割 ( 1 株 が 2 株 に増えるようなこと ) などが期待できます。加えて倒産のリスクも少ないとなると、多くの人が欲しがるので株価は上がりやすくなります。


企業の 業績 や 将来性 で選ぶ方法についてはこんな感じです。

株式市場には たくさんの企業が上場しているので選ぶのが大変ですが、こうした点を踏まえて銘柄を選んでみると、だいぶ絞り込むことができると思います。

念のためですが、この方法が絶対に正しいというわけではありません。あくまでも銘柄を選ぶ際の ひとつの方法として捉えてください。

株で損をするかしないかは誰にもわかりません。銘柄を選ぶ際は自分で考えて判断して自己責任で選びましょう。

100 人 いたら 100 通り の選び方があるわけなので、少しずつ慣れて自分なりの選び方を見つけみてください。

次回は、『 話題になっている会社を選んでみよう 』 です。


初心者の株式投資入門


  1. 株をはじめる前に、株ってなに?
  2. 株はどこで買えるの?
  3. 株で儲ける仕組みと方法は?
  4. 株のリスクと注意点は?
  5. 株を始めるには、いくら必要なの?
  6. 株で儲けるには、いくら必要なの?
  7. 銘柄の選び方と考え方は?
  8. 株の注文方法と取引の流れは?
  9. 少額投資向けの証券口座の選び方は?

パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



株式投資の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク