知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の株式投資入門!買うタイミングを見極めて選んでみよう


『 買うタイミングを見極めて銘柄を選んでみよう 』


これまで銘柄選びの方法として、三つ の方法を紹介してきましたが、今回は 四つ目 の


買うタイミングを見極めて選ぶ方法


についてまとめます。

理解しておくと、どのタイミングで売買したらいいのか目安を付けられるので便利ですよ。

それでは、早速 見ていきましょう。( 最終更新:2016年10月 )


買うタイミングを見極めて選んでみよう


早速ですが、株を売買するときの基本はなんだったでしょう?


安く買って、高く売る


でしたよね。

となると、今あなたが買おうとしている銘柄が


安いのか、それとも高いのか?


を見極めなければなりません。

見極めるには何かの基準が必要ですよね。

この見極め方には いろいろな方法があるのですが、ここでは初心者でもわかりやすい方法をひとつ紹介します。以下の手順を参考にしてください。


1.指標を使ってみよう


まず、Yahoo!ファイナンス を開いてみましょう。ここでは無料で チャート や 指標 を使うことができます。

ちなみに、チャート とは株価の推移を表したグラフのことで、指標 とは株を売買するタイミングを表したもののことです。


2.銘柄を探してみよう


検索窓に 「 銘柄やコード、キーワードを入力 」 とあるので、ここに興味のある企業名を書いて検索をします。

ここでは例として 「 トヨタ自動車 」 と入力して検索をすると、いくつか企業名が表示されると思います。

そこで、銘柄番号 7203 の 「 トヨタ自動車 (株) 」 を選びます。すると、画面が表示され、「 詳細情報 」 のタブが選択されていると思います。


3.チャートを表示してみよう


上のタブ欄に 「 チャート 」 と書かれたタブがあるので、そこをクリックします。

するとグラフが出てくると思います。なんだか難しそうなグラフですね。これは株価の動きを表したものです。

グラフの下に 「 期間 」 というのがあります。ここで 1 日 ~ 10 年 の範囲で株価の動きを見ることができます。

試しに 「 3 ヶ月 」 というところをクリックしてください。株価の推移を過去 3 ヶ月 の期間で見ることができるようになります。


4.指標を表示してみよう


その下に、「 追加指標 」 という欄があると思います。そこの欄の 「 RSI 」 と 「 ファースト・ストキャスティクス 」 というのをクリックしてください。

すると、さっきのチャートの下に 2 つ の 線グラフ が追加されていると思います。

これらのグラフは、株価が割高なのか、それとも割安なのかの判断を助けてくれる ひとつの材料です。これらを使って売買タイミングを探すことができます。

株を売買する際は、この動きを見ながら買うようにすると、株価が安いのか、それとも高いのかの おおよその判断ができます。


5.指標を使って判断してみよう


たとえば、ファースト・ストキャスティクス のグラフの線が


  • 20 以下 に来ていたら 「 安そう 」
  • 80 以上 に来ていたら 「 高いかも 」


と判断します。 RSI も同じように見ていきます。

この グラフの動き と チャートの動き を比べてみると、だいたい同じような動きをしているのがわかると思います。

ファースト・ストキャスティクス の数値が低くなると、その後株価は上昇に転じます。逆に高くなると、その後の株価は下降に転じます。

基本的に株価は上がったり下がったりを繰り返するので、この規則性を読み取ることで買い時や売り時を判断するわけです。

その動きをわかりやすく図で表したものが、


  • チャート
  • RSI
  • ファースト・ストキャスティクス


などの指標です。

ちなみに、結果を早く出したいのであれば、値動きが大きくて流動性が高い銘柄を選ぶようにするといいかもしれません。


 た だ し 、


これらはあくまで 目安 に過ぎません。

数値が低いから次は必ず上がるというものでもありませんし、その逆もありません。そのため、


「 安そう 」 とか 「 高そう 」


という表現が適当だと思います。

安そうだから買ったけど、さらに安くなったり、高そうと思って売ってしまったけど、さらに高くなることはよくあります。

なので、そういった面も考慮して判断しましょう。


また、チャートや指標と一緒に 会社四季報 を使うことも大切です。




業績の良い銘柄を選んで売買した方が、値動きの推移は比較的いいことが多いです。

はじめは 1 ~ 2 万円 くらいの少額で投資をして、グラフを使って売買の練習をしてみると、基本的な感覚を養えると思いますよ。

ちなみに、少額投資で株式投資を始められる証券口座については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


念のためですが、この方法が絶対に正しいというわけではありません。あくまでも銘柄を選ぶ際の ひとつの方法として捉えてください。

株で損をするかしないかは誰にもわかりません。銘柄を選ぶ際は自分で考えて判断して自己責任で選びましょう。

100 人 いたら 100 通り の選び方があるわけなので、少しずつ慣れて自分なりの選び方を見つけみてください。

買うタイミングを見極めて選ぶ方法についてはこんな感じです。

銘柄選びの考え方が理解できたら、今度は株を売買する方法について一通り理解してみましょう。次回は、『 株の注文方法と取引の流れは? 』 です。


初心者の株式投資入門


  1. 株をはじめる前に、株ってなに?
  2. 株はどこで買えるの?
  3. 株で儲ける仕組みと方法は?
  4. 株のリスクと注意点は?
  5. 株を始めるには、いくら必要なの?
  6. 株で儲けるには、いくら必要なの?
  7. 銘柄の選び方と考え方は?
  8. 株の注文方法と取引の流れは?
  9. 少額投資向けの証券口座の選び方は?

パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク



株式投資の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク