皮革の基本!合成皮革と人工皮革の違いは?


『 合成皮革と人工皮革について理解してみよう 』


お店で革のジャケットのタグを見ると、


  • 合成皮革 ( ごうせいひかく )
  • 人造皮革 ( じんぞうひかく )


といった表記を目にすることがあります。

でも、これって一体何だと思います?


一般的に 「 本革 」 と呼ばれているものは天然皮革のことを指します。

一方、「 レザー 」 と呼ばれるものの中には、人工的に革に似せて作られた合成皮革や人造皮革などがあります。

レザーと聞いただけで本革と勘違いしてしまうことのないよう、きちんと違いを把握しておくと買い物のときにも役立つと思います。


そこで今回は、合成皮革 と 人造皮革 についてまとめました。


合成皮革ってなに?


合成皮革とは


布地をベースにして、その上に合成樹脂を塗り、表面層のみを天然の革に似せた人工素材


のことをいいます。

合成樹脂はポリウレタン樹脂や塩化ビニールを使っているので、簡単に言うと 「 プラスチック製 」 や 「 ビニール製 」 ということになります。

この樹脂を表面に塗って型押しをすることで、革らしく見せる方法をとっています。見た目は革に似ていますが、革独特の匂いや手触りまでは十分再現することはできません。

ちなみに、合成皮革は 合皮 とも呼ばれていて、ソファー や 車・バイク のシートなどに使われています。


人造皮革ってなに?


合成皮革は表面のみを革に似せたものですが、人造皮革は天然皮革の


機能 と 構造 を人工的に再現した人工素材


です。

人工的に革に近い風合を持つ素材を目指して作られているので、感触も天然の革に近いです。また、天然皮革と同じように起毛させる スエード加工 や 銀付き革 に加工することもできます。

加工方法は、合成皮革では布をベースにしていましたが、人造皮革では布に合成樹脂を染み込ませて加工したり、それをベースに上から合成樹脂を塗ることで天然皮革に似せて加工しています。

合成樹脂は、染みこませるのにポリウレタンを使い、上から塗るのにはポリウレタンやポリ塩化ビニルがよく使われています。

耐水性に優れているのが特徴で、靴や衣服などに多く使われています。


人工素材の特徴は?


先程少し触れましたが、天然皮革に比べて水に強い性質があります。

その分 お手入れも簡単で、薄めた洗剤で洗ったり、製品によってはドライクリーニングもできるものもあります。また、本皮と違って表面に傷が少ないのも特徴です。


ただし、素材がビニールやプラスチックなので劣化が早いという弱点があります。ひっかき傷をつけたり、長く使うことで擦れてくると基布部分の繊維が表面に出てくるので、本革ではないということが すぐに分かってしまいます。

また、天然皮革であれば長く使えば使うほど風合いが出てきますが、合成皮革や人造皮革は丁寧に使っても 2 ~ 3 年で劣化してしまいます。長持ちはしないので、天然皮革のような風合を楽しむ使い方はできません。

ちなみに、時間や環境によって品物が劣化することを


経時劣化経年劣化


と言います。

ジャケットなどで経時劣化が目立つのは、ポリウレタンを樹脂やコーティングで使っている製品なので、購入する際には素材に注意してみましょう。


ポリウレタンは劣化するとどうなるの?


人造皮革や合成皮革ではポリウレタン樹脂や、見た目を本物のレザーに近づけるための


ポリウレタン・コーティング


という加工を施します。

このポリウレタンという素材は、体脂 や空気中の 水分・熱・紫外線・大気ガス などの影響を受けて、時間と共に少しずつ分解されていきます。これが先ほど上で説明した経時劣化です。

この分解が進んだときにクリーニングに出すと、コーティングが ひび割れてボロボロになってしまいます。この他にも経時劣化で見られる事例をいくつか紹介します。


  • ジャケットの表面がベタベタする
  • ジャケットの表面がひび割れて剥がれる
  • 伸縮性のあるパンツや靴下がヨレヨレになる
  • 表面から白い繊維状のものが出てくる


これはポリウレタンが悪いということではなく、ポリウレタンの性質を きちんと理解して購入すべきということです。

こうした劣化に関する注意書きはタグに書かれていますが、多くの人はこの表示に気付かずに購入してしまいます。お店側も


「 本革と違い寿命は短いですよ 」


などと いちいち説明することはありません。もちろん、聞かれたら答えてくれると思いますが、経験の少ない販売員だと知識がないこともあるので、十分な説明を受けられないことも考慮しておく必要があります。もし長く着られるものが欲しいのであれば、購入する際には注意しましょう。

特にバーゲンセールなどで安売りをしているものは注意が必要です。なぜなら、経年劣化が進んだものがバーゲン品として売られていることがあるからです。

そう考えると、長持ちさせたいのであれば、多少高くても新しいものを選んだ方がいいと判断ができるようになります。


合成皮革製品のお手入れ方法は?


上述でも説明しましたが、人工素材のものは天然皮革と比べて水に強いので、水を使ったお手入れも可能です。ちょっとした汚れであれば、濡らして固く絞った布などで水拭きするようにします。


劣化させない方法は?


合成皮革や人造皮革は劣化を防ぐことはできません。劣化が心配であれば本物の革を選ぶようにしましょう。

でも、一口に革と言ってもいろいろな種類のものがあります。それぞれの特徴を把握してから買うようにすると、納得した買い方ができるので良いかもしれません。それぞれの革の特徴については以下の記事でまとめましたので、こちらを参考にしてください。




合成皮革と人工皮革の違いについてはこんな感じです。特徴を把握して賢く買い物をしてみると良いかもしれません。



スポンサーリンク