知らないと恥をかく一般常識の壁

その単身パック、ホントに一番安いですか?


『 あなたの単身パックの選び方、間違っていませんか? 』


入学 や 卒業、就職 や 転勤、あるいは住み替えなどの際に必要となるのが 引越し業者 です。

私もよく引越しをするのですが、単身パックにはよくお世話になっていました。結構便利なサービスなのですが、初めてだと どのように選んだらいいのかよくわからない人も多いかもしれません。


そこで今回は、単身パックを選ぶ際の ポイント や 注意点 などについて、体験談を交えてまとめました。( 最終更新:2017年2月 )


単身パックってなに? 使うときのコツは?


引越会社のサイトを見てみると、単身パック というサービスがあります。


「 単身引越しパックって、単身者のパック? 」
「 なにが得なの? 」


と思って、いろいろと調べてみると こんなの文言が出てきます。

単身パックとは、


決められた荷物の量に収まることを条件に、手軽な料金 で引越しができる コース のこと


です。

つまり、あらかじめ運べる 量 が決まっているので、どれだけ コンパクト にまとめるか がポイントになります。

引越し料金は基本的に


荷物の量 と 移動距離


で決まります。

移動距離 は変えることはできませんが、荷物の量 は減らすことはできるので、引越しの際は できるだけ少なくすることが大切です。

もし、荷物の量が決められたサイズを オーバー してしまうと、こんな言葉が返って来ます。


引:「 お客様は、単身用のコンテナが 2つ必要です 」
私:「 えっ!! 2つですか? 」
引:「 2つで ○万円 になります。 」
私:「 んー・・・ 」


つまり、


「 入りきらなかった余った荷物も、とりあえずコンテナに入れちゃうよっ 」


というわけです。

スゴイことしてくれるじゃない・・・。


 な の で、


不要な荷物は できる限り処分して、コンパクトにまとめなければなりません。

ちなみに、不用品を賢く処分する方法については、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


その単身パック、ホントに一番安いですか?


実際に 引っ越し を経験してみるとわかりますが、評判 や 口コミ では見えてこなかったものが見えてきます。

まず 単身パック の相場は、だいたい


2 万 ~ 6 万円


です。先程も説明しましたが、これは距離によって変わります。

私は結婚してないので、ついついこれを使いたくなってしまうのですが、このコースは業者によって サービス や 料金 に違いがあります。

そのため、頼む前には必ず いくつかの点を確認するようにしなければなりません。

まず一つ目は、


単身パックで運べる量


です。

荷物の量が、業者の指定している コンテナ に入るかをチェックするわけですね。

二つ目は、その際にかかる


引越し費用


です。

「 単身パック = 安い 」 と思われるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

先程のように荷物の量が オーバー してしまうと、コンテナ 2 個 になってしまいます。

あまりにも荷物の量が オーバー すると、通常の引越し扱いになることもあります。

私も何度か同じことを言われた経験があるんですけど、事前に 数社 から 見積もり を取るようにしているので、そこから 値引き交渉 を始めます。

どのように交渉を行うかについては、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。

見積りの際に重要なのは、


今回のあなたの引越しに、単身引越しパックが最善の選択なのか?


という点です。まず、


「 単身の引越し 」 だから 「 単身パックが安い 」


というのは思い込みです。必ず パック が安くなるわけではありません。

単身パック でなくても、交渉次第で かなり安く引越しを請け負ってくれる業者もいます。

つまり、ホントに一番安い引越しをする コツ は、


最初から専用パックが一番安いと決めつけないこと


です。

まずは 複数の業者 から 見積もり を取って、比較をして、やっぱり 単身パック が安いということであれば選ぶようにします。

でも、仕事が忙しくて時間が取れない中で、複数の業者を何度も家に呼んで 見積り を取ってもらうのは大変だと思います。

現在は昔と違ってインターネット を使えば、複数の会社の見積りを一回で まとめて取り寄せることができるので利用すると便利です。

一括見積もりで 複数 の会社の料金を同時に手に入れておけば、荷物の量を確認するために業者が家へ訪れた際に


値段交渉 の カード


として使うことができます。

ポイントを押さえて 交渉 ができれば、驚くほど 安い料金 で引越しを引き受けてくれる業者もいるので、こうした業者を交渉によって探し出すことが 引越し料金 を安く抑えるコツだと思います。


何社くらい見積もってもらえばいいの?


見積もりしてもらうのは


6 社 ~ 7 社


くらいがベストです。

少なくても 4 社 ~ 5 社 くらいには見積もり を取ってもらうようにしましょう。

多ければ多いほど 比較 することができるので、それをもとに値引き交渉すれば楽に値下げすることができます。

以下に簡単に見積りができるサイトを紹介します。無料 で使えるので、引越し予定のある方は使ってみると便利ですよ。




一つ目は、全国220社の引越し業者の中から 最大10社 が自動で選ばれて、それらを 無料 で比較できるサイトです。費用の最大 50%割引が期待でき、時期によっては豪華特典が用意されていることもあります。比較サイトの中でも充実しているのが特徴なので、迷った際はこちらを選ばれるといいかもしれません。

二つ目は、日本最大級の住宅情報サイト HOME'S が運営しているのですが、こちらは全国100社の中から、あなたの条件に合った引越し業者を 何社でも無料で 比較できるサイトです。一つ目のサイトでは自分で業者を選ぶことはできませんが、こちらは自分で選んで比較することができます。もちろん、費用の最大 50%割引が期待できますし、時期によってはキャッシュバック等のキャンペーンが行われていることもあります。女性の方でも安心して利用できるのが特徴なので、上記サイトと一緒に利用してみるといいかもしれません。


どちらも企業規模が大きく、初めての方でも簡単に見積りを出せるので、どこが一番安いのかチェックしてみましょう。割引などのメリットを活かせば、費用を極力抑えることができますよ。

ちなみに、近距離の引越しであれば、地元の中小企業の方が他の業者よりも安くなることもあります。

この見積りをもとに 地元密着型 の業者に交渉すると、大手よりも安く引き受けてくれることもあるので試してみましょう。


単身パックが利用できる引越し会社は?


以下に、単身パックを扱っている会社を紹介するので参考にしてください。

大手企業であれば先ほど上で紹介した一括見積もりに含まれているので、「 単身 」 や 「 1 人 」 を選択して見積もりを取ってみましょう。

ちなみに、単身パックの利用が決まっている際も、料金を抑えるために必ず事前に見積りを取ることをお勧めします。


日本通運


日通の 単身パック です。オンラインで 梱包・解梱費、運賃などが全て含まれた金額を算出してくれます。料金表もあるので引越料金 の見積もりを自分で把握することができます。 ( 日本通運 - 単身のお引越し


クロネコヤマト


クロネコヤマト の 単身パック です。日通と同様に単身用の 引越しパック を利用できます。 ( クロネコヤマト - 単身引越サービス


ハート引越センター


ハート引越しセンター のサイトです。こちらはオンラインでの見積もりはできないようです。見積もりフォーム を送って確認する方法になります。 ( ハート引越センター - 単身者用お見積フォーム


アート引越しセンター


アート引越しセンターのサイトです。家電製品 を 特別価格で提供してくれたり、カーテンの無料サービスなど他社とは違ったサービスが特徴です。 ( アート引越センター - 学割パック


赤帽


梱包 や 荷造り まで行ってくれて、日時の指定も可能です。さまざまな要望に応えてくれます。また引越だけでなく、荷物 や 器材 の運搬も行っているようです。 ( 赤帽


ミニ引越サービスセンター ( 関西地区 )


関西を中心とした 単身 や 小家族 をターゲットにした引越業者です。単身パックでは入らないくらいの荷物で、掃除などのサービスを希望されている方には お勧めです。 ( ミニ引越サービスセンター


単身パックの費用を抑える方法についてはこんな感じです。

ポイントを押さえて引越しをすると、費用も抑えられて気持ち良く新居へ移ることができると思います。

参考にしてください。


引越し費用を抑えるコツ



効率よく部屋を探してみよう



引越しの作業をスムーズにしてみよう



引越し先でイライラしないために



新居の防犯対策をする前に






スポンサーリンク



引越し入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク