知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者のPC購入!DELL パソコンの特徴は?


『 高性能&低価格で選ぶなら DELL 』
( 最終更新:2016年12月 )


DELL PC の特徴は?


Dell は米国 テキサス州に本社があり、パソコン市場での世界シェアはトップクラスです。

1984年 の創業で、初級者から中上級者まで幅広く支持を集めているメーカーとしても知られています。

注文を受けてから製品を作り始める受注生産のことを


BTO ( built to order )


と言いますが、世界で初めて BTO パソコンを作ったのがこの会社です。

今ではどのメーカーでも行っていますが、お客さんから直接注文を受けて製造して、メーカーから直接配送するので家電量販店 や 代理店 などを通す必要がありません。

そのため、仲買手数料が不要になり、お客さんは低価格でパソコンを購入することができるようになります。


「 どこのメーカーも直接販売をやっているのであれば、価格はあまり変わらないんじゃないの? 」


と思われるかもしれませんが、このメーカーは世界中にパソコンを販売している 多国籍企業 なので、部品の仕入れも膨大になり、その分 仕入れ単価を下げて安く仕入れることが可能になります。

仕入れ単価を下げられるので、利用者に安価なパソコンを提供できるようになるわけですね。


さらに、在庫を抱えていないのもポイントです。

Dell は生産工場の周りに倉庫を用意して、そこに部品メーカーが製品を持て来てきて いつでも販売できるようにしています。

わかりやすく Dell を レストラン に例えると、お客さんが お店に来て料理を注文してから近所のスーパーで材料を買って、それから作り始めます。

この業界の技術は日進月歩なので、大量に部品を仕入れても半年後に新しいものが出れば 売れなくなってしまいます。

売れないと在庫分は損になり、損が出るとその分売上を上げてカバーしないといけないので価格を上げざるを得ません。

でも、最初から在庫がなければ損は出ないので安い価格を維持できるわけです。なので、


新鮮なものを安く お客さんに提供している


のが Dell の特徴と言えますし、実際に 高性能 で 高機能 のパソコンを安く購入できます。数ある海外企業の中で、個人的に一番気に入っているのがこちらのメーカーです。

Dell の PC ラインアップは豊富なので選ぶ際に迷ってしまうかもしれませんが、大きく以下の 3 つに分けると選びやすくなると思います。


  • Inspiron シリーズ ( 自宅とホームオフィス向け )
  • XPS シリーズ ( 最高を目指す設計 )
  • ALIENWARE シリーズ ( ハイパフォーマンスなゲーミングパソコン )


一般的な使い方をする Inspiron シリーズ から、高度な処理を行う XPS シリーズ、そして最高のパフォーマンスを発揮する ゲーミングパソコン まで幅広く用意されています。各シリーズはさらにいくつかに分かれていて豊富な機種が用意されているので、目的に合わせて自由に選ぶことができます。洗練された美しいデザインも特徴ですね。




また、ビジネス向けのパソコンも豊富で、前述の Inspironシリーズ や XPSシリーズ に加えて以下の製品が用意されています。


  • Vostro ( 信頼性の高いスモールビジネス向けPC )
  • Latitude ( ビジネスクラスの高性能モバイルPC )
  • OptiPlex ( 妥協のないデスクトップパフォーマンスを提供 )
  • Precision ( プロフェッショナルクリエーター向けワークステーション )


プロフェッショナルクリエーター向けの ワークステーション ( Workstation ) というのは、3D CAD や CG の制作など、高い処理能力と安定した動作環境が求められる作業に適した製品のことです。一般向けの ハイエンドPC よりもさらに高いパフォーマンスを発揮できるので、高度な処理や負荷をかける作業を行う際は、こうした製品を選ばれた方が快適に使えると思います。( 以下の法人向けページ内にあるメニュー欄から各シリーズを見ることができます。 )




数あるメーカーの中でも 高性能パソコン のラインアップが豊富で、かつ安価に購入できるのが Dell の魅力なので、パソコンを選ばれる際には必ず選択肢に入れておきたいメーカーです。


DELL パソコンの生産国は?


日本向けの製品は 2000年11月より中国東南部の福建省・厦門(アモイ)工場で生産されているようです。

この地域は Dell 以外にも 日本 や 米国 の多国籍企業が拠点を設立している地域として知られています。

ちなみに、アメリカ本土向けは テキサス州 オースティン工場 と テネシー州 ナッシュビル工場 の 2 ヶ所で生産され、南米向けは ブラジル、ヨーロッパ・アフリカ向けは ポーランド や アイルランド の リムリック工場、アジア向けは インド や マレーシア のペナン工場 で生産されているようです。

ただし、最近は自社工場だとコストがかかるので一旦売却して、その後も その工場で Dell PC の生産を続ける委託生産の方法に変わってきているようです。


DELL パソコンを買うなら?


Dell の直販サイトで購入すると納得した買い方ができると思います。

直販サイトでは デスクトップ PC や モニタ はもちろん、ノート PC や持ち歩きに便利な ウルトラブック など幅広く用意されています。

また、ゲーム好きの方は、高性能・高機能 で斬新なデザインの ゲーミングマシン も低価格で購入できます。


注文方法も 性能 や 機能 を希望に合わせてオーダーできる カスタマイズ注文 が可能なので、あなただけのオリジナルのパソコンを購入できるのも魅力です。

「 お買い得商品 」 などのキャンペーンも頻繁に行っているので、より お得に購入できるのも嬉しいですね。


購入後の保守サポートには、


  • 引き取り修理サービス
  • 訪問修理サービス ( リモート診断付き )
  • Premium Support ( 24時間 365日対応 )


の 3 つが用意されていて、期間も 1 年から最長 4 年まで選択できます。

また、落下・衝撃による破損や、液体こぼれ、盗難にも対応した 「 偶発損害保証 」 など、万一の時にも安心な保証も用意されています。

さらに、諸条件を満たしていれば、海外で PC が故障した場合でも、現地にてサポートおよび修理が受けられる 「 デルインターナショナルサービスプログラム 」 といったサービスを利用することもできます。海外出張や旅行の多い方には嬉しいサービスですね。

このように保証内容も他のメーカーと比べてかなり充実しているので、いざというときに備えて満足のいくものを選んでおくと安心だと思います。


ただし、「 各パソコン メーカー の特徴と選び方は? 」 でも書きましたが、海外メーカーの場合はコールセンターに電話をかけると海外にセンターがあって日本人ではない方が対応することがあります。

Dell の場合は、


  • 宮崎県宮崎市の 「 デル宮崎カスタマーセンター 」
  • 神奈川県川崎市の 「 本社ビル内 」
  • 中国大連市にある現地法人のコールセンター


の拠点でサポートを行っています。

法人向け製品とコンシューマー製品の一部は日本国内のコールセンターで対応していて、大部分のコンシューマー製品は大連市のコールセンターが対応しているようです。

以前、私も個人用で Dell PC を購入してサポートに電話をしたら、中国のサポートセンターに繋がりました。インターネットでの評判や口コミでは良くないものが多いので、正直私は あまり期待はしていなかったのですが、流暢な日本語で対応してもらえましたし、不具合についてもスムーズに解決してもらえたので特に不満に感じたことはありません。 至って普通です。

ただ、意思疎通の面で若干の不安は感じました。また、日本メーカーのような キメ細かい丁寧な表現や気遣いは期待できないので、普段外国の方と接する機会のない方だと、対応に違和感を感じ不満に思ってしまうかもしれません。

なので、サポート品質を重視されるのであれば日本メーカーのものを選ばれることをお勧めします。日本のサポートは世界でもトップレベルなので、これ以上のものはないと思います。


一方、サポートよりも価格を重視されるのであれば、Dell は良い選択肢だと思います。

特に法人で購入される方は国内のサポートセンターで対応してもらえるので、価格を考慮して選んでみるとコストの節約にもつながり、満足度は高いと思います。

ちなみに、納期は注文してから 2週間ほどです。

以下に Dell のパソコンを紹介します。種類もスペックも豊富なので比較してみるだけでも楽しめますよ。




Dell のパソコンについてはこんな感じです。低価格で 高機能・高性能 のパソコンを購入できるのが魅力のメーカーです。費用を節約してパソコンを購入されたいときは、こちらを選ばれると良いかもしれません。

なお、Dell パソコン購入後の感想については




でまとめましたので、こちらも参考にしてください。




パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク