初心者のPC購入!購入方法を選んで賢く買ってみよう


『 注文の選択肢を増やしてみよう 』


前回は 『 各メーカーの特徴 』 について詳しく説明しましたが、それぞれの特徴がつかめたら、次は注文方法を選んでみましょう。選択肢を広げることで、納得のいく買い物ができるようになると思います。

そこで今回は、どのような買い方があるのかについてまとめました。( 最終更新: 2017年4月 )


パソコンの買い方にも種類があるの?


パソコンの購入方法には、家電量販店で買ったり、インターネットで買ったりと いろいろな方法がありますが、視点を変えて分類すると以下の 2つ に分けることができます。


  1. カタログモデル を選ぶ
  2. カスタマイズモデル を選ぶ


こう書かれてもよくわからないと思うので、これら 2つ の違いについて詳しく見ていきましょう。


1.カタログモデル から選んでみよう


家電量販店に行くとパソコンがたくさん並んでいて、その中から自分が一番良いと思ったパソコンを選んで購入しますが、これと同じ買い方が カタログモデル の買い方です。

つまり、カタログモデルとは、


メーカー側が考えて組み立てたパソコンから選ぶ買い方


ということです。

たとえば、家電量販店で買うと、すべてカタログモデルになるので、その日のうちに家に持ち帰って使うことができます。

Amazon や 楽天 などの Webショップで注文をする場合も同じです。完成した商品を購入するので、お店に在庫があれば すぐに発送してもらえることが多く、だいたい 2~3日 ほどで手元に届きます。


気になる性能についてですが、カタログモデルの PC は、ある程度メーカー側でユーザーの使い方を想定して組み立てられています。


  • 「 これくらいの性能で、こういった機能を付けておこう 」
  • 「 この価格帯で売るから、この部品を使おう 」


と、いろいろと気を利かせて作ってくれています。

なので、自分の用途に合わせて部品を選ぶ手間が省けますし、メモリ や 光学ドライブ が何なのかわからないといった初心者の方でも気軽に購入できるメリットがあります。


一方、自分の好みでスペック ( 性能 ) を変えることはできません。ハードディスクの容量が少なかったり、CPU の性能が低いと感じても、それらの部品を変えることはできないわけです。

たとえば、パソコンの中に たくさんのデータを入れておきたければ、ハードディスクの容量が大きいものを選ぶ必要がありますし、動画編集 や 3D を使った製図など、PC に負荷のかかる作業を行うのであれば、高性能のパソコンでなければ動きが遅くなってしまうので使いづらくなります。

そのため、容量の大きいハードディスクや、高性能の部品を搭載させる必要があるのですが、もし 家電量販店 や Amazon などのネットショップで


理想の性能を備えたパソコン希望の価格帯


見つからなければ購入できなくなってしまいます。

性能は納得のいくものなのに、安価な DVD ドライブではなく、高価な Blu-ray ドライブが搭載されていて高くなっていたり、Office は必要ないのに既にインストールされてるなど、自分の希望に合った製品が見つからないことがあるわけです。

また、せっかく 性能 ・ 機能 ・ 価格 で満足できても、色が好みでなければ諦めるか、見つかるまで延々と探すことになります。

もし、部品を替えることができれば助かるのですが、それができないのが カタログモデル の弱点でもあります。なので、


時間がなくて今すぐに必要


という方や、


パソコンにあまり詳しくない


という方は、カタログモデルを選ぶようにすると良いかもしれません。

前述で少し触れましたが、この買い方は 家電量販店 やインターネットのショッピングサイト から購入することができます。

Web ショップで購入する際は、Amazon のようにラインナップが豊富なところで比較すると、効率的に選ぶことができますし、失敗が少ないと思います。以下に Amazon のサイトを紹介します。


  • 世界最大手の通販サイト ・・・ Amazon


では次に、カタログモデルの弱点を補った 「 カスタマイズモデル 」 について見てみましょう。


2.カスタマイズモデル から選んでみよう


カタログモデルでは全てのパーツ ( 部品 ) をメーカーが選んでくれていましたが、自分で部品を選んで注文することもできます。

それが カスタマイズモデル のパソコンです。

わかりやすく言うと、


オーダーメイドで買えるパソコン


です。オーダーメイドと聞くと


「 高いんじゃないの? 」


と思われるかもしれませんが、安くなることもあります。これは必要な性能と機能を自分で選べるので、無駄を省いて価格を抑えることができるからです。

部品を選ぶとなると、なんだか難しそうでハードルが一気に高くなった気がするかもしれませんが、そんなこともありません。パソコンに詳しくない方でも結構簡単に選べます。

たとえば、ノートパソコンを購入するときに選ぶものは、


  • ディスプレイのサイズや種類
  • メモリやハードディスク ( HDD ) の容量
  • 光学ドライブの種類 ( DVD か Blu-ray )
  • 本体のカラー
  • マウスの有無
  • Office の有無
  • セキュリティソフトの有無
  • 長期保証の有無


などを選びます。

家電量販店に行くとパソコンの前に値札がありますが、あそこに書いてあるものを自分の好みで選べるわけです。つまり、


スペック ( 性能 ) ・ ソフト ・ 保証 ・ 価格


を自由に変えられるので納得した買い物ができるようになります。

もし、マウス や Office が必要ないのであれば、これらを省くことで値段を下げられますし、保証内容も複数用意されているので、自分の希望に合ったものを選べます。

また、オーダーメイドでメーカーに直接注文するので、メーカー と 消費者 の間に電器屋さんが入りません。すると、その分の マージン ( 販売手数料 ) も必要なくなります。

部品の選び方も、注文ページに 2 ~ 3つ ほどの選択肢が用意されているので、その中から選んでいきます。性能の高いものを選ぶと価格は上がりますが、逆に、性能の低いものを選べば価格は下がります。

つまり、あなたが高性能パソコンを必要としているのであれば、必要に合わせてレベルを上げることができますし、できるだけ費用を抑えたいのであれば、必要最低限のスペックに抑えることで購入費用を節約することも可能になるわけです。


もちろん、長期保証も充実していて、家電量販店で購入すると 3年 や 5年 の長期保証を有償で付けられますが、カスタマイズモデルも同様の保証を付けることができます。

家電量販店で買っても、修理の際はメーカーに送られるので、自宅から直接メーカーに送ることができる直販サイトのサポートの方が時間もかからずに早く対応してもらうことができます。

エプソンのように、到着してから 1日で修理 して返してくれるメーカーもあるので、直販サイトの方がサポートは充実しています。

さらに、キャンペーン期間中であれば長期保証や、高機能の部品を安価に選べることもあるので、タイミングが合えば お得に購入することも可能です。また、


アウトレット ・ セール品 ・ わけあり品


なども販売しているので、高スペックのパソコンを非常に安く購入できるメリットもあります。


一方、デメリットもあります。

カスタマイズモデルは注文を受けてから製造するので、手元に届くまで時間がかかります。

エプソンのように製造して手元に届くまで 最短2日 と早いところもありますが、ごく稀です。通常は 1 ~ 3週間 ほどかかります。

そのため、今すぐにパソコンが必要という方には向いていません。この場合は、1のカタログモデルを選ぶようにしましょう。

もし、カスタマイズして購入したいのであれば、なるべく早めに注文しておくと良いと思います。

以下に各メーカーの直販サイトを紹介します。




各メーカーのパソコンには特徴があるので、違いを理解して選んでみるともっと楽しいと思います。

特徴については各記事でまとめましたので、そちらを参考にしてください。




一般的に、購入後は数年間は使うことになると思います。せっかく買うのであれば、愛着の持てるパソコンを選ぶと楽しみながら使うことができると思います。

カタログモデルカスタマイズモデル の違いを把握して、用途に合わせて最適なパソコンを選んでみてください。

次回は 『 オーダーメイド PC を注文してみよう 』 です。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク