知らないと恥をかく一般常識の壁

ウイルス感染入門!スパイウェアってなに?


『 スパイウェアからパソコンやスマートフォンを守ってみよう 』
( 最終更新:2016年9月 )


スパイウェアってなに?


スパイウェア ( Spyware ) とは、トロイの木馬の一種なのですが、あなたのコンピューターにソフトウェアを潜り込ませて、


あなたの行動や個人情報を監視・調査しながら、それをインターネットで外部の企業・団体・個人に漏らす


ソフトウェアのことを言います。( トロイの木馬ってなに?

わかりやすくパソコンを家にたとえると、あなたの家の中に入り込んで大切な情報をあなたの許可を得ずに収集し、段ボールに詰めて外部の人に向けて勝手に送る不審者のことです。


この不審者は、一見あなたを助けてくれそうな人 ( ソフトやアプリなど ) と一緒にやってくることが多く見られます。大丈夫だろうと安易に家に招き入れてしまうと、スパイウェアも一緒に家に上がり込んでくるので注意が必要です。( 詳しくは下で説明します。 )


情報を集めて送る際も こっそりと行うので、あなたは個人情報が送られたことすら気づきません。

きちんと対処して出て行ってもらわない限り、ずっと居座り続けて情報を外に流し続けるので とても厄介です。


ちなみに、コンピュータウイルス はパソコンの中を破壊したり、増殖して次々に他のパソコンへと感染していくものだと説明しました。( ウイルスとワームってなに?

しかし、スパイウェアはこのようなことはせず、情報を集めて外部に送るだけのものが多いようです。いわばパソコンの盗聴器のようなものですね。

中にはハードディスクを 初期化 ( フォーマット ) するといった悪質なものもありますが、基本的には気づかれずに情報を収集することを目的としています。

では、一体どのような情報を収集するのか見てみましょう。


スパイウェアはどんな情報を集めるの?


スパイウェアが収集する情報には以下のようなものがあります。


  • 自宅の住所・氏名・電話番号 など
  • 勤務先の住所・名称・電話番号 など
  • クレジットカード情報
  • ネット銀行などのログイン情報
  • 企業内の機密情報
  • キー入力の記録
  • コンピュータ操作の記録
  • メールアドレスの情報
  • 利用しているサービスの ID や パスワード
  • コンピュータ内のデータファイル
  • パソコンの 起動時間 や 構成情報
  • Webサイトの閲覧履歴
  • パソコンで視聴した 音楽 や 動画
  • 使っているソフトウェアの情報


といったものがあります。

ただし、どのような動作をするかは開発者の意図によって変わるので、上記のものは あくまで一例です。

繰り返しになりますが、これはスパイウェアがコンピューター内に存在する限り情報を流出し続けるので、削除されるまで止まりません。

情報を転送すると言っても何か画面が表示されることもなく、裏でこっそり行われるので気づきにくいのも特徴です。

なので、感染しないように注意する必要があります。


では、どのように感染してしまうのかについて見てみましょう。


スパイウェアの感染経路は?


一般的な感染経路は以下の 3 つ に分けられます。


  1. あなたが自分で仕掛けてしまう
  2. ネットワークを介して仕掛けられる
  3. 直接コンピュータに仕掛けられる


それでは、一つずつ見ていきましょう。


1.あなたが自分で仕掛けてしまう


これは、あなたがアプリケーションソフトをインストールする際に、自分でスパイウェアも一緒にパソコン内に入れてしまうケースです。

たとえば、フリーソフト や シェアウェア などは、「 無料で利用できる代わりに自分の個人情報を提供する 」 という仕組みになっていることがあります。


わかりやすく例を挙げると、動画を見るためにフリーの ソフトウェアA をインストールするとしましょう。

このとき、ソフトウェアA と一緒にスパイウェアもインストールされることがあるわけです。

インストール時には 使用許諾契約書 や 利用条件 の承諾を求められますが、実はその文章の中にスパイウェアの活動内容が記載されていることがあります。

どんな内容かというと、


「 無料で使えるけどスパイウェアでマーケティング活動もする。それを承諾するときだけインストールしてね。 」


といった内容です。

でも、使用許諾契約書をきちんと読まなかったり、小さい文字や英語でわかりにくく書かれていたりすることがあるので、気づかずに承諾してしまうことがあります。

あるいはオプションでインストールを促してくるものもありますが、それに気づかずに入れてしまうこともあります。

もし、気づかずにインストールしてしまうと、知らないうちに個人情報を垂れ流すことになるので注意が必要です。


ただし、こうしたケースでは企業が


「 消費者は何に興味があるのか? 」


といったことを知るために、趣味嗜好の情報を収集してマーケティングに役立て、あなたの興味に合った商品やサービスをソフトウェアの広告欄に表示させるものを指しているので、全てのスパイウェアが非常に悪質なものというわけではありません。

市販のソフトウェアでもマーケティング調査の目的で、スパイウェアが一緒にインストールされているものもあります。

この場合は、Web サイトの閲覧履歴など軽い内容のものが収集されることが多く、同意の下で利用されるのでスパイウェアとして扱われないことも多いです。

でも、望んでいない情報漏洩を起こす点では同じなので、有料・無料を問わずに使用許諾契約書をきちん読んで内容を把握し、不安なら使わないようにすることが大切です。


また、「 便利だから 」 といった理由で、安易にフリーソフトをたくさんインストールするのもよくありません。

信頼できる ソフトウェア を、必要最低限のものだけに絞り込んで使うことが安全面で大切だと言えます。


念のため繰り返しますが、スマートフォンに入れるアプリをインストールする際は細心の注意を払いましょう。「 面白そう 」 「 便利そう 」 といった理由で不用心に何でもインストールしてしまうと、知らないうちに個人情報を抜き取られるといったことにもなりかねないので気を付けましょう。


2.ネットワークを介して仕掛けられる


これはホームページの閲覧や、何かをダウンロードした際に仕掛けられるというケースです。

たとえば、IE ( インターネット・エクスプローラー ) を使ってサイト閲覧中していると、ActiveX をダウンロードすることがあります。

その際、IE のセキュリティ設定が低いままだと、悪意のある Web サイトを閲覧したときに勝手にスパイウェアがインストールされてしまうことがあります。

また、ホームページを閲覧している際に、プラグイン や コーデック が必要だと表示してダウンロードさせるものもあります。

この他にも、Java や JavaScript、VBScript、Flash Player などでスパイウェアを仕掛けられたり、スパムメールによって送られてきたファイルを開いてしまうことで感染したり、セキュリティホール ( 安全性の欠陥 ) から感染してしまうなど、感染経路は さまざまです。


3.直接コンピュータに仕掛けられる


これは オフィス や 公共の端末 ( パソコンなど ) に、誰かが直接スパイウェアをインストールしたり、物理的に仕掛けるというものです。

たとえば、ネットカフェのパソコンは不特定多数の人が自由にパソコンを使える環境にありますよね。

このようなパソコンにはスパイウェアが仕掛けられていることがあるので、その端末を利用して Webメール にログインしたり、ネットショッピングをしたりすると、ID や パスワード、クレジットカード情報 などの大切な情報を盗まれてしまう危険があります。

そのため、不特定多数の人が使うパソコンでは大切な情報は扱わないことが重要です。

使うとしたら検索程度にとどめておくと良いかもしれません。


感染経路は この 3 つ に分類されますが、感染した後の被害はスパイウェアの種類によって変わってきます。詳しくは




を参照して下さい。


スパイウエアの予防と対策方法は?


対策は状況ごとに理解した方が実行しやすいので




で わかりやすくまとめました。こちらを参考意してください。


スパイウェア についてはこんな感じです。

インターネットの危険も きちんと理解して対策をとることで、より安心したネットライフを楽しめるようになると思います。

参考にしてください。


ウイルスを理解して、しっかり対策をしてみよう


  1. ウイルスってなに? お勧め
  2. ウイルスの 種類 と 症状、その対策は?
  3. ウイルスに感染すると どうなるの?
  4. ウイルス感染を防ぐ 対策方法は?
  5. マルウェアに絶対感染しない方法は?
  6. マルウェアに感染した時の対処法は?
  7. セキュリティソフトってなに?
  8. セキュリティソフトの選び方と注意点は? お勧め
  9. データを守るバックアップ方法は? お勧め

パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め




スポンサーリンク



プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク