知らないと恥をかく一般常識の壁

セキュリティ対策入門!スパイウェアの種類と特徴は?


『 スパイウェアの種類を把握してみよう 』


前回の 「 スパイウェアってなに? 」 で、スパイウェアには いくつかの種類があり、特徴 や 被害の内容 も変わるといったことを説明しました。

どのようなものがあり、感染すると どんな被害に遭うかを理解しておけば、普段から注意するようにもなりますし、対策もしやすくなると思います。


そこで今回は、スパイウェアの種類と違いについて詳しくまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


スパイウェアの種類と違いは?


一口にスパイウェアと言っても、いくつかの種類があります。代表的なものは以下のようなもです。


  1. マーケティング型
  2. キーロガー
  3. ダウンローダー
  4. ブラウザ ハイジャッカー
  5. ファイル転送型
  6. スケアウェア
  7. ダイヤラー
  8. アドウェア
  9. トラッキングクッキー


名前だけ聞いても何のことだかわからないと思うので、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.マーケティング型


マーケティング型は 前回の記事でも説明しましたが、


企業がマーケティングの目的で情報収集するタイプ


のものです。

一般的に フリーソフト や シェアウェア、市販のソフト などに組み込まれているプログラムを指します。


基本的に悪意のないものが多く、アクセス先 や 利用時間 などの情報を収集して、企業 ・ 団体 ・ 個人 に送信します。

この情報はマーケティング調査などに利用されるので、一般的に害になるようなこともなく、収集する際は使用許諾契約書にきちんと記載もされていることが多いのが特徴です。

しかし、中には悪質なものもあるので注意が必要です。


2.キーロガー( Key Logger )


キーロガーとは、あなたが


キーボードを使って何をタイプしたものを記録して情報を収集し、第三者に送信する ソフトウェア や ハードウェア


のことです。

記入した全ての情報を記録されるので、ID や パスワード なども盗まれてしまう危険があります。


個人のパソコンに仕掛けられることもありますが、効率よく情報を収集するために、不特定多数の人が利用する ネットカフェ などの公共施設のパソコンに仕込まれていることが多いようです。

パソコンに セキュリティソフト を入れておけば、ソフトウェアキーロガー はトロイの木馬と認識されるので、侵入を防御したり発見して駆除してくれます。( トロイの木馬ってなに?


一方、ハードウェアキーロガー はウイルス対策ソフトでは検知できないので、自分で確認する必要があります。

たとえば、パソコンにキーボードのコードを差し込む箇所にキーロガーがないかを確認するといった具合です。もっと具体的に言うと、USB端子 や PS/2端子 が差し込まれているところに、見たことのない部品が差し込まれていないかをチェックします。


キーロガーは、ネット銀行の ID や パスワード の入力を盗んだりするのもこのタイプで、非常に危険なスパイウエアの一種です。


3.ダウンローダ


ダウンローダとは、あなたに確認を取らずに


プログラムなどを勝手にダウンロードして導入させるソフトウェア


のことです。

ハッキングソフトなどをダウンロードさせられたら、パソコンを乗っ取られてしまうので危険なスパイウエアの一種です。


4.ブラウザ ハイジャッカー( Browser High Jacker )


ブラウザ ハイジャッカーとは、


あなたの Webブラウザ を乗っ取ってしまうプログラム


のことです。

たとえば、あなたの意志とは関係なく、特定のサイトを勝手に表示させたり、ツールバーを勝手に追加したり、閲覧履歴を勝手に外部に送信したりします。

また、いつも使っている検索サイトを別のものに変えるなど、あなたの望まない設定に変えられてしまいます。

こちらも危険なスパイウエアの一種です。


5.ファイル転送型


ファイル転送型は、


パソコン内の特定のファイルなど探し出し、勝手に転送するタイプのプログラム


のことです。こちらも同様に危険なスパイウエアの一種です。


6.スケアウェア( Scareware )


スケアウェアとは、「 あなたのパソコンはウイルスに感染しています 」などとポップアップなどで


嘘のメッセージを表示して脅かすことで、偽のセキュリティソフトを購入させる


というものです。

脅かしたり怯えさせることで購入させるので、こう名づけられているわけですね。

無視すれば問題ありませんが、もし騙されて購入してしまうと、個人情報 や クレジットカード情報 なども盗まれてしまいます。

インストールされたソフトウェアはタイプした内容を監視したり、パソコン内のファイルを盗むことがあります。

また、削除しようとしてもアンインストールできなかったり、PC そのものが使えなくなることもあります。


7.ダイヤラー( Dialer )


昔はダイヤルアップでインターネットに接続するのが一般的でしたが、その際に


接続設定を勝手に書き換えて 国際電話 や ダイヤルQ2 ( 情報料代理徴収サービス ) へ接続させ、高額な請求が来るようにするプログラム


のことです。

現在はブローバンド接続 ( 光回線など ) が一般的なので、仮に設定が変えられても問題ありません。


8.アドウェア( Ad-ware )


アドウェアとは、


ポップアップなどで広告を強制的に表示させるプログラム


のことです。

その人に合った広告を表示させるというもので、広告効果を狙っているだけなので害は少ないようです。


9.トラッキングクッキー ( TrackingCookie )


トラッキングクッキーとは、


広告バナーのクリック状況や表示した広告内容を記録し、所定の場所に送信して悪用するスパイウエア


のことです。


以上、代表的なものを 9 つ 紹介しました。

それぞれ特徴や被害の内容も違いますが、共通して言えるのは情報を盗み出したり、その情報を悪用するプログラムであるという点です。

最近は企業や組織のサーバが不正アクセスされて情報が漏れるのを耳にしますが、個人のパソコンも例外ではありません。これらのプログラムがパソコンの中に仕掛けられることで情報が盗まれてしまうということをきちんと理解して、セキュリティ対策をしておきましょう。( セキュリティソフトの選び方と注意点は?


スパイウェアの 種類 と 特徴 についてはこんな感じです。

もっと詳しく知りたい方は、前回の記事の 「 スパイウェアってなに? 」 を参考にしてください。


ウイルスを理解して、しっかり対策をしてみよう


  1. ウイルスってなに? お勧め
  2. ウイルスの 種類 と 症状、その対策は?
  3. ウイルスに感染すると どうなるの?
  4. ウイルス感染を防ぐ 対策方法は?
  5. マルウェアに絶対感染しない方法は?
  6. マルウェアに感染した時の対処法は?
  7. セキュリティソフトってなに?
  8. セキュリティソフトの選び方と注意点は? お勧め
  9. データを守るバックアップ方法は? お勧め

パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め




スポンサーリンク



プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク