知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者のPC入門!外付けハードディスクってなに?


『 外付け HDD について理解してみよう 』


家電量販店 に行くと、ハードディスク ( HDD ) を売っているコーナーを目にすると思います。

小さな箱に入っていて大容量のものでも比較的安価に購入でき、一つ持っていると便利そうに感じるかもしれません。

でも、一体どのように使えばいいのか わからない方も多いと思います。


そこで今回は、外付けハードディスク とはどのようなものなのかについてまとめます。( 最終更新:2016年9月 )


外付けHDD ってなに?


まず、パソコンには


データ を保存するための部品


が内蔵されています。

わかりやすく言うと、パソコンの中に本棚が備え付けてあるようなものです。

写真 や 動画、 音楽、 Exel ・ Word ・ PowerPoint などの文書ファイルを保存すると、パソコンの 本棚 に保管されます。

この 本棚 のことを


ハ ー ド デ ィ ス ク ド ラ イ ブ ( HDD )


と言います。パソコンに内蔵されているので、


内蔵 ハードディスクドライブ ( 内臓HDD )


とも言います。


この本棚には 大きさ があるのですが、この大きさのことを


デ ィ ス ク 容 量


と言い、容量を表す単位として


「 GB ( ギガバイト ) 」 「 TB ( テラバイト ) 」


といったものが使われます。

家電量販店の パソコンコーナー に行くと値札に


「 HDD : 500 GB 」 とか 「 HDD : 1 TB 」


などと書かれていますが、これが HDD の容量を表しているわけですね。( 言い換えると、本棚 の大きさを表しているわけです。 )

ちなみに、1 TB は 1 GB の 約 1,000倍 です。正確には、


1 TB = 1024 GB


となります。なので、


2 TB  だと  2048 GB


ですね。

容量が大きければ大きいほど、本棚のサイズも大きくなるので、たくさんのデータを保存したければ、この数字が大きいものを選べばいいわけです。


でも、どんなに大きくても 容量 には限界があるので、あまりにも たくさんの 動画 や 音楽 などを保存してしまうと、いつかはいっぱいになって入れることができなくなります。

これだと困りますよね。


そこで本棚をもう一つ追加して、さらにデータを保存できるようにするわけです。

この追加できる本棚のことを


外付け ハードディスクドライブ ( 外付けHDD )


と言います。

外付け HDD は PC 本体に内蔵するのではなく、USB ケーブルを差し込むだけで追加できるので、パソコンに詳しくない方でも簡単に扱えます。

予備として一つ手元に置いておくと良いかもしれません。


いっぱいになった 内臓 HDD のデータを 外付け HDD に移せばパソコンの本棚も軽くなりますし、万が一、PC が壊れたときもデータを失う心配がないので安心です。


では、パソコン内臓のHDD と 外付けHDD には違いがあると思いますか?

次は、このことについて少し見ていきましょう。


「 パソコン内臓 HDD 」 と 「 外付け HDD 」 の違いは?


基本的に ハードディスク そのものは同じです。

違うのは 取り付け方 です。


パソコン内臓の ハードディスク は PC 本体に組み込む形で取り付けられているので、いわば裸の状態で入っているのと同じです。

取り付けるのにも それなりの知識が必要となります。電源はパソコン本体のものを使うので、電源コードは必要ありません。


一方、外付け HDD は 裸の状態のものを 金属 や 樹脂 のケース ( 筐体 ) で覆って、パソコンの外でも使えるようにしたものです。

取り付け方も簡単で、USB ケーブルを差し込むだけですぐに使えるので、パソコンに詳しくない方でも手軽に HDD を増設できるのが特徴です。


この外付け HDD は大きく 2種類 に分かれていて、


据え置き型 と ポータブル型


があります。

ポータブルであれば USB ケーブルで繋ぐだけで使えるので電源コードは必要ありません。

一方、据え置き型 は電源コードが必要になります。( 下で詳しく説明します。 )


では次に、どのような使い方ができるのかについて見ていきましょう。


外付けHDD の使い方は?


外付け HDD の使い方には以下のようなものがあります。


  1. パソコン内臓 HDD の容量を補助 ( 本棚の追加 )
  2. 大切なデータのバックアップ先 ( データの倉庫 )
  3. 大容量データの移動 ( データの移動 )
  4. 新規パソコンへのデータ移行 ( データの移動 )


といったものがあります。

特に多いのは 1 と 2 の使い方です。

でも、これだけだとよくわからないと思うので、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.パソコン内臓 HDD の容量を補助 ( 本棚の追加 )


まず 1つ目は、パソコン内臓 HDD の空き容量が不足したときに補助 として使う方法です。

先ほど上で説明した使い方と同じですね。

使い方もパソコンの C ドライブ や D ドライブ と同じ感覚で使えるので迷うこともありません。


備え付けた後は、パソコンに入りきらないデータを 外付け HDD に追加で保存していってもいいのですが、パソコン内部のデータを外付け HDD に移動させた方が メリットは大きいと思います。

なぜなら、内臓 HDD の容量を少なくしておくと、パソコンの動作が重くなりにくく、その分 快適に使えるようにもなるからです。


また、外付け HDD を上手く使えば、パソコンの購入費用を抑えるのにも役立ちます。

たとえば、内臓ハードディスク の容量が大きい パソコン だと価格も上がってしまいますが、少ない容量のものを選べばコストを抑えることができます。

大容量のものを購入しても、全ての容量を使うか わからないので、最初は少ない容量の 内臓 HDD のものを選び、必要に合わせて外付け HDD で補うようにすれば無駄もなくなります。

これが容量を補助する使い方です。

では、2つ目 の使い方について見ていきましょう。


2.大切なデータのバックアップ先 ( データの倉庫 )


データのバックアップ先 として使う方法は、万が一に備えて データを コピーしておくという使い方です。

たとえば、パソコンの故障 や ウィルス感染、あるいは ソフトウェアの不具合 によってパソコン内部のデータが突然削除されてしまったとしましょう。

もし、バックアップ を用意していなければデータを元に戻すことは困難となり、最悪の場合は全ての情報を失ってしまうかもしれません。

思い出の詰まった 写真 や 動画 はもちろん、仕事で使う大切なデータも全て消えてしまいます。

これでは困りますよね。


もし、定期的に データを コピーして、外付け HDD に保存しておけば、こうしたトラブルの際も 短時間 で スムーズ に元の状態に戻すことができるわけです。

つまり、予備のデータを保存する 倉庫 として使うわけですね。


今の時代は仕事で使う データ はもちろん、プライベートで撮影した 写真 や 動画、 購入した音楽 などのほとんどをデジタルデータ として保存しています。

そして、その多くは パソコン や スマートフォン などのデジタル機器 に蓄積している方も多いと思います。


予期せぬトラブルによって、一瞬にして大切なデータを失わないためにもバックアップは取っておくと安心です。

その際に主に便利なのが 外付け HDD というわけです。

ちなみに、バックアップについては




でわかりやすくまとめたので、こちらを参考にしてください。


3.大容量データの移動


大容量データの移動 の際にも役立ちます。

たとえば、メールで送ることのできない大容量のデータであれば別の媒体を使って渡すことになります。

その際は USBメモリ や DVD ・ ブルーレイ などを使いますが、これらの容量は あまり大きくはないので、たくさんのデータを一度に渡すことはできません。

こうしたときに役立つのが 外付け HDD です。

大容量のものだと 4 TB など非常に大きなものも選べるので、たくさんのデータを一度に渡すときも困らないわけです。


4.新規パソコンへの データ移行


4つ目の 新規パソコンへの データ移行 は、パソコンを購入した際に、古いパソコンから 新しいパソコンへ データを移動させる使い方です。

大量のデータを移動させることになるので、外付け HDD があるとパソコンに詳しくない方でも、短時間で効率よく移動できるメリットがあります。


このように、外付け HDD はいろいろな使い方ができるので便利なのですが、どのように選んだらいいかわからない方も多いと思います。

これについては、次回の 『 外付けハードディスクの選び方は? 』 でわかりやすくまとめます。


外付け HDD を賢く選んでみよう


  1. 外付けハードディスク ってなに?
  2. 外付けハードディスク の選び方は? お勧め

パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク