知らないと恥をかく一般常識の壁

PC入門!ネットワーク接続ハードディスクの選び方は?


『 データ管理を もっと簡単で便利にしてみよう 』


外付けハードディスク に たくさんのデータを保存している方も多いと思いますが、これらの データ を誰かに渡したいと思ったとき容量が大きかったりすると困ってしまうことがあります。

頻繁にやり取りしないといけなかったらなおさら面倒ですよね。

でも、もし


グループ間で簡単にデータを共有できる


ものがあると助かると思います。

また、外出先から ノート PC や スマートフォン、あるいは タブレット などを使って、自宅やオフィスにある 外付け HDD にアクセスできたら、もっと便利ですよね。


実は、こんな使い方ができる 外付け HDD があります。それが、


ネットワーク接続 ハードディスク


と呼ばれるものです。

使ってみたいと思われたかもしれませんが、どんなものか よくわからないという方も多いと思います。 ← 私


そこで今回は、この ハードディスク についてまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


ネットワーク接続ハードディスク ってなに?


まずはネットワーク接続 について理解しましょう。

一般的な 外付け HDD は、USB ケーブルを使ってパソコンに接続しますよね。

しかし、ネットワーク接続 では、有線 LAN や 無線 LAN などの


LAN ( Local Area Network )


を使って 外付け HDD に接続します。これが


ネットワーク接続


と呼ばれるものです。


実は、この ネットワーク接続 には いろいろなメリットがあります。

たとえば、外付け HDD を USB ケーブル でパソコンにつないで使うと、一台の パソコン からしかアクセスできませんよね。

もし、もう一台パソコンを持ってきて、それでアクセスしたいときは USBケーブル をつなぎ換える必要があります。

でも、ネットワーク接続 を使っていたら、パソコン や タブレット、スマートフォン などの


複数の機器 から同時にアクセスできる


ようになります。

つまり、有線 LAN や 無線 LAN を使って、家庭 や オフィス で


誰もが簡単に 一つの 外付け HDD にアクセスできる環境を作れる


というわけです。

別の言い方をすると、外付け HDD を ファイルサーバ のように使うわけですね。

これができるのが


ネットワーク接続 ( 対応 ) ハードディスクNAS [ ナス ] : Network Attached Storage )


と呼ばれるものです。( 以下、NAS と記載します。)

接続方法も簡単で、ルーター や ハブ に接続して簡単に使えます。


では、どのような使い方が できるのかを見ていきましょう。


NAS はどのような使い方ができるの?


簡単に言うと、家族専用 や 会社専用、あるいは 自分専用 のクラウドスペース として利用できます。

もっとわかりやすく言うと、以下のようなことができます。


  • 家族 や 社員同士 で簡単にファイル共有ができる
  • 遠方の祖父母や両親 と 写真や動画を共有できる
  • 複数の PC や スマートフォン から同時にアクセスできる

  • 外出先からも自宅の NAS にアクセスできる
  • 音楽や動画を、どの端末からでも楽しめる
  • 容量の重い 動画 や 画像 も手軽に共有できる

  • メールで送れない大容量のものも簡単に共有できる
  • ポータブル HDD を持ち歩く必要がない
  • データを忘れても外出先からアクセスして取り出せる

  • スマートフォン のデータも保存できる
  • NAS にプリンタを繋げば、複数のパソコンから使える
  • テレビの 録画 や ダビング もできる


といったことが できるようになります。

つまり、家族 や 会社、あるいは遠方の 祖父母 や 両親 などで小さなグループを作って、そのグループ内でファイルを一緒に使えるようにするわけですね。


使い方も簡単で、パソコンの 「 C ドライブ 」 や 「 D ドライブ 」 に 写真 や 動画 を保存するのと同じ感覚で使えます。

では、以下に具体的な例を挙げてみたいと思います。


家族間で使ってみる


NAS を使えば 文書ファイル や 写真 はもちろん、サイズの大きい 音楽 や 動画ファイル なども手軽に共有できるので、


家族間での データ交換 が容易


になります。

たとえば、あなたが一階のリビングにある デスクトップ PC で、家族旅行の 動画 や 画像 を編集して NAS に保存したとしましょう。

すると、子供が自分の部屋で使っている ノートPC や スマートフォン からも、すぐに再生できるようになるわけです。

もちろん、インターネット が繋がれば、外出先からも NAS にアクセスすることもできます。

あなたの スマートフォン や タブレット を使って、職場 や カフェ から NAS に保存してある 写真 や 動画 を 同僚 や 友人 に見せることもできますし、たくさんの音楽を NAS に保存しておけば、持ち歩く必要もなくなります。


逆に、旅行で スマートフォン を使って撮影した 動画 や 画像 もインターネットを介して NAS にアップロードすれば保存も可能です。

これにより、旅先で 容量不足 を気にすることもなくなります。

つまり、


スマートフォン や タブレット などの ストレージ ( データを蓄積する機器 )


としても使えるわけです。


また、プリンタなどの USB 機器を USB ケーブル で NAS に接続すれば、1台のプリンターを 複数のパソコンで使うこともできるようになります。

たとえば、リビングにあるプリンターを 2階のノートパソコンから使えるといった具合ですね。


さらに、録画対応テレビ から地デジ番組のダビングもできますし、録画した番組をパソコンで見ることも可能です。

レコーダーがあれば、ブルーレイ や DVD に書き出すこともできます。


仕事でも使ってみる


もちろん、ビジネスにも応用できます。

小規模オフィス で社員同士がファイルを共有したいときも簡単に行えるようになりますし、社内はもちろん、外出先からも ファイル交換 や 更新の作業 がスムーズに行えるのでストレスの低減にも繋がります。


たとえば、外出先で気が付いたときに PowerPoint や Excel などの文書ファイルを呼び出して修正したり、部下が作成した資料を確認して外出先から細かな指示を出すことも可能なわけです。

また、プレゼンテーション で使う 動画 や ファイル も取引先でインターネットが繋がれば、その場で呼び出すといった使い方もできます。


離れた人たちとも使ってみる


他にも、


大学のサークル や 趣味のグループ 間での情報共有


にも役立ちますし、離れた土地に住んでいる


祖父母 や 両親 に、孫の 写真 や 動画 を手軽にアクセスして見てもらう


ことも可能です。

メールに添付できないような 大容量の動画 も簡単に共有できるのは助かります。


この他にも用途に合わせて いろいろな使い方ができるので、生活 や ビジネス をより充実したものに変えられると思います。

NAS にはこうした魅力がある点からも、他の ハードディスク とは一線を画します。

試しに使ってみると、これまでの 生活 や ビジネススタイル が大きく変わるはずです。


でも、どれを選んだらいいかわからない方も多いと思います。

そこで、個人向けの製品でよさそうだと感じたものを以下にいくつか紹介したいと思います。




上記 2つ のモデルは I-O DATA ( アイ・オー・データ ) というメーカーが作っている 個人向けの NAS です。機能が充実している割に使い方も簡単なので、NAS に詳しくない方でも手軽に始められるのが特徴です。

「 Remote Link 3 」 というものを搭載しているのですが、これにより接続設定からファイル整理まで一つのアプリで直感的に操作できるのも特徴です。写真・動画・音楽のストリーム再生にも対応していて クラウドストレージのように使えます

また上記の製品は 2つ とも「 HDL-Tシリーズ 」 なのですが、「 Remote Link Cloud Sync 機能 」 を使うことで 複数台を自動同期 することができます。これにより自動でバックアップを取ることができるので、1台 が故障したときも安心です。

この他にも様々な機能を搭載しているので、以下の I-O DATA 公式サイトで確認してみてください。




初めて使うのであれば、いきなり高額なものから始めるよりも、まずは試しに安価なタイプのものから使ってみて、良さそうであれば他の製品にも手を広げるといった方法をとると安心だと思います。

先ほど上で紹介した 2つ はこうした使い方にピッタリなので、初めてであれば上の 2つ のタイプの中から選んでみるといいかもしれません。

容量の目安としては、個人で使うのであれば 2TB でも十分だと思うので、よほどたくさんの 画像 や 動画 などを入れない限りは容量不足の心配はないと思います。

なお、もし事業で使うのであれば法人向けの NAS を考慮しましょう。


それと、テレビの録画に関してはテレビの種類によって正常に動作しないものもあるので注意しなければなりません。各メーカーサイトで動作確認が できているかを確認してから選ぶことも大切です。

これは ネットワーク接続ハードディスク に限らず、テレビ録画が可能な HDD 全てに言えることです。

録画用 HDD に関しては 『 録画用ハードディスクの選び方は? 』 も一緒に参考にされてください。


最後に、NAS はとても便利なものなのですが、使う際は設定やセキュリティ面なども考慮して使う必要があります。つまり、とても便利な使い方ができる反面、他の 外付けHDD とは使い方が大きく異なるので、それなりの知識を要するということです。

もし、こうした面で不安を感じるのであれば NAS は選ばずに、一般的に使われている USB接続タイプの外付けHDD を選ばれた方が使い方も簡単なので安心だと思います。

一方、こうした点も考慮したうえで NAS を実際に使ってみたいというときは、先ほど紹介した初心者向けの製品を選択肢に入れておくと良いかもしれません。


ネットワーク接続ハードディスク についてはこんな感じです。

この他にも 外付け HDD には いろいろな種類があります。用途に合わせて選んでみると、納得のいくものを見つけられると思いますよ。

詳しくは、




で わかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

また、外出先での インターネット の接続方法や、プロバイダーの選び方について知りたい方は、




を参照してください。


身の回りのインターネットの環境をより快適なものに変えていくと、仕事 や プライベート も効率的なものに変えられると思います。

参考にしてください。


外付け HDD を賢く選んでみよう


  1. 外付けハードディスク ってなに?
  2. 外付けハードディスク の選び方は? お勧め

パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め




スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク