知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者のPC入門!録画用ハードディスクの選び方は?


『 テレビの録画で使える 外付け HDD を理解してみよう 』


これまで いろいろな種類の 外付けハードディスク を紹介してきましたが、その一つに テレビの録画 に対応したものがあります。

特徴などを把握して区別できるようにしておくと、選ぶ際にも困らないと思います。


そこで今回は、この 録画用ハードディスク についてまとめます。( 最終更新:2017年4月 )


録画用ハードディスクってなに?


録画用ハードディスク とは、


デジタル放送番組の 録画 に対応した 外付けHDD


のことです。

一般的に、テレビ内蔵のハードディスク が容量不足になると


レコーダー


を使うことになります。たとえば以下のようなものです。




昔のビデオデッキのようなものですね。高画質で録画できたり、機能も豊富でテレビを楽しむには欠かせない機器です。

こちらも 外付けハードディスク の一種なので、こうしたものを選んでもいいのですが、簡単に移動できなかったり、配線が増えるなど面倒な点もあります。

他にどのような種類の 録画用ハードディスク ( 録画用HDD ) があるのかを把握すれば、もっと費用を抑えて自分の使い方に合ったものを選べるようになると思います。

コンパクトで場所をとらないタイプや、配線も USBケーブル 1本 を差し込むだけで使えるものもあります。こうしたものを選べばより簡単に設置できますし、持ち運びも楽になるはずです。

テレビのリモコンで扱えるものもあるので、そうしたものを選べば余計なリモコンも増えずシンプルに使えると思います。

また、テレビ はもちろん、先ほど紹介した ブルーレイレコーダー などの


増設用HDD


として使えるものもあるので、大まかに一通り選択肢を把握しておけば、こうしたことも考慮しながら選べるようになると思います。


なお、録画用HDD を選ぶ際は注意しなければならないこともあります。

たとえば、デジタル放送を録画した場合、基本的にその録画したテレビでしか観ることはできません。つまり、録画したテレビが壊れてしまうと、 外付けHDD に保存してある録画データは観られなくなるということです。

これは 著作権保護 のためデータが暗号化されて、他の機器では観られないようになっていることが原因です。


もし、録画した番組を他のテレビや観たいときは、


DTCP-IP 規格


という著作権保護に対応したハードディスクを選んでおく必要があります。この場合は、テレビも DTCP-IP規格 に対応していなければなりません。


この他にも、今あなたが使っているテレビに 録画用HDD が対応しているかの確認も必要です。

わかりやすく言えば、あなたが 東芝の レグザ のテレビを使っているのなら、購入する 録画用HDD が レグザ に対応しているかを確認してから購入するということです。これは 外付けHDD を販売している メーカーの公式サイト から確認することができます。


録画用ハードディスク を選ぶ際は、これらの点も考慮して選ばなければならないので注意しましょう。


※ 2016年9月に確認したところ、最近は SeeQVault ( シーキューボルト:SQV ) という技術も使われるようになっています。SeeQVault 対応機器間であれば、これまでのように 「 録画の際に使用したテレビが壊れたら、買い換えたテレビでは観られない 」 といったことはありません。

ですので、こうした使い方を好まれるのであれば SeeQVault 対応の製品を選ばれるといいかもしれません。対応機器は テレビ や HDD に限らず、マイクロSDカード、マイクロSDHCメモリーカード、カードリーダー、ソフトウェア などにも広がっています。( 参考:SeeQVault の概要

なお、DTCP-IP規格 の製品もこれまで通り売られているので、あなたの使い方に合わせて選ばれるといいかもしれません。


では次に、録画用ハードディスク にはどのような 種類 のものがあるのかについて見ていきましょう。


録画用ハードディスクの種類は?


一口に録画用ハードディスクと言ってもいくつかの種類に分かれますが、大きく以下の 4つ に分類されます。


  1. シンプルな USB 接続型 ( PC と TV で使う )
  2. ネットワーク接続型 ( 外出先からも観られる )
  3. 録画特化型 ( 高品質の録画ができる )
  4. USM 型 ( カセットの差し替えができる )


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.シンプルな USB 接続型 ( PC と TV で使える )


USB 接続型は、外付け HDD と テレビ を


USB ケーブル をつなぐだけで使えるシンプルなタイプ


のものです。

外見も通常の 外付け HDD と同じような形のものが多いです。たとえば 以下のようなものがあります。( ※ 外付けHDDの容量は選択できるので、好みの容量を選んでみましょう。 )




一つ目は、テレビの録画 と パソコンのデータ保存 の両方を行えるタイプのものです。日本製で 高速性 ・ 静音性 ・ デザイン性 が高く、容量のラインナップも豊富に用意されています。( 公式サイト:EX-HDCZシリーズ

二つ目は、SeeQVault 対応製品です。ポータブルタイプなので持ち運びも楽です。( 公式サイト:AVHD-PUTSQシリーズ


冒頭で紹介したシンプルな使い方をされるのであれば、こうしたものを選ぶようにするといいかもしれません。初めてでも簡単に使えると思います。

Amazon などで 「 テレビ録画対応 HDD 」 といったキーワードで検索してみると、同様の製品が たくさん表示されるので、その中から選んでもいいと思います。

ただし、冒頭で説明したように、テレビが壊れた後も録画した内容を新しいテレビで継続して観たいのであれば、「 SeeQVault 」 や 「 DTCP-IP規格 」 に対応しているかを一緒に確認しておきましょう。

たとえば、先ほど紹介した一つ目の機器は どちらにも対応していませんね。こうした点を考慮して選ぶようにすると失敗も少ないと思います。( その代わり、対応しているテレビの種類は豊富です。 )

でも、肝心のテレビが どちらにも対応していなければ意味がないので、個人的にはあまり気にせずに選んでいるのですが、今後統一されていく予定であれば、こうした点も頭に入れておくといいかもしれません。


また、繰り返しになりますが、購入する際はメーカーの公式サイトで、いま使っているテレビに対応しているかの確認も忘れずに行いましょう。つまり、パナソニックの ビエラ のテレビを使っているなら、ビエラに対応しているかを確認し、東芝の レグザ のテレビを使っているのなら、レグザに対応しているかの確認をするということです。

それと、各メーカーの公式サイトでは 録画用HDD にどのような機能が備わっているのかも丁寧に説明されているので、確認しておくと使い方を一通り把握できると思います。


では次に、ネットワーク接続型 のものについて見ていきましょう。


2.ネットワーク接続型 ( 外出先からも観られる )


ネットワーク接続型とは、外付け HDD と テレビ を USB ケーブルで繋げるのではなく、


LAN で繋げるタイプ


のものです。

特徴は、LAN 接続 をしているので インターネットを介して外出先からも データにアクセスできる点です。

たとえば、録画した番組を パソコン や スマートフォン を使って、外出先からでもスムーズに再生することができるわけですね。

この ネットワーク接続型 のものには以下のようなものがあります。




一つ目は I-O DATA の DTCP-IP対応 の NAS で、二つ目は BUFFALO の DTCP-IP対応 の NAS です。( I-O DATA 公式サイト:HVL-DRシリーズ )( BUFFALO 公式サイト:LS210DCシリーズ

それぞれ豊富な機能が備わっていますが、各メーカーの公式サイトでわかりやすく解説されているのでそちらを確認してみましょう。テレビの対応機種の確認も忘れずに。


ちなみに、ネットワーク接続 について もっと知りたい方は、




で わかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

では次に、録画特化型 のものについて見ていきましょう。


3.録画特化型 ( 高品質の録画ができる )


録画特化型の特徴は、


映像と音に特化した高音質ハードディスクを用いている


という点です。

部品の品質にも厳格な規定を設けているので、長時間の 連続録画 にも耐えられるような作りになっていますし、録画の失敗も少ないなど、高品質 で 信頼性も高い のが特徴です。

また、ハードディスクの故障のリスクを下げられるよう冷却ファンも搭載されていますが、静音性に優れているので音も気になりませんし、快適に鑑賞できるのも特徴です。

この録画特化型には以下のようなものがあります。




長時間録画 や 高品質録画 にこだわりたければ、こうしたものを選ばれるといいかもしれません。

上記の製品は、デジタルハイビジョン映像を高画質のまま長時間安定して録画できます。24 時間連続録画が可能で、この使用に耐えられる高基準の品質検査に合格したハードディスクを厳選して採用しています。パナソニックの ディーガ ( ブルーレイディスクレコーダー ) に搭載されている HDD と同等品を採用しているようです。( 公式サイト:AVHD-URSQシリーズ )。

逆の見方をすれば、これまで紹介した 録画用HDD では 録画特化型 のような使い方には適していないということになりますね。


ちなみに、冒頭で パナソニック の ブルーレイレコーダー を紹介しましたが、あちらも 録画特化型 に含まれます。記憶媒体として HDD の他に ブルーレイ も使えるというだけで、基本的には同じようなものと考えていいと思います。DVDレコーダー なども同様ですね。「 内蔵HDD容量 」 などの表記で容量が記載されているので確認してみましょう。

もし、HDD しか使えない製品であれば、HDD が壊れたら中のデータも一緒に失われてしまいますが、外部メディア ( ブルーレイなど ) に保存できる機器であれば、それに保存することも可能です。こうした使い方を望まれるのであれば、機能 や 性能、価格、使い方 などを総合的に考慮して、目的に合ったものを選んでみましょう。

光学ディスクや光学ドライブについて知りたい方は、『 光学ドライブってなに? 』 を参考にしてください。


録画に特化した使い方を希望される際は、こちらのタイプを選ばれると良いかもしれません。


では次に、USM 型 について見ていきましょう。


4.USM 型 ( カセットの差し替えができる )


USM 型 とは、昔あった ビデオテープ と同じように、


カセット HDD ( USM ) を入れ替えて使えるタイプ


のものです。

容量が不足したら、カセット HDD を取り換えることで簡単に増設できるのが特徴です。

この USM 型 には以下のようなものがあります。




カセットごとに分類して録画していきたい方は、こうしたものを選ばれると良いかもしれません。


以上、録画用のハードディスクの種類は、これら 4つ に分類されます。

目的に合わせて選んでみると良いかもしれません。


しつこいようですが、メーカー側でテレビの動作確認が取れていないものだと正常に動作しないことがあります。

必ず 対応機種 を確認してから決めるようにするのを忘れずに。


録画用ハードディスク の選び方についてはこんな感じです。

この他の 外付け HDD については、




で詳しくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


外付け HDD を賢く選んでみよう


  1. 外付けハードディスク ってなに?
  2. 外付けハードディスク の選び方は?

パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク