知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者の外付けHDD入門!その他のRAID技術は?


『 あまり使われない RAID についても理解してみよう 』


これまで RAID 技術 の基本について説明してきました。RAID がどういうものなのか、だいぶ分かってきたのではないでしょうか?

でも、『 RAID ってなに? ( 基本編 ) 』 で、「 RAID レベル は 7 つ ある 」 と書きました。

「 RAID 0 / 1 / 5 」 の 3 つ は既に説明したので、今回は残りの 「 RAID 2 / 3 / 4 / 6 」 についてまとめます。

少し難しいですが、あまり使われることのないものなので、なんとなく把握する程度で大丈夫です。( 最終更新:2016年9月 )


「 RAID 2 / 3 / 4 / 6 」 の特徴は?


「 RAID 0 / 1 / 5 」 は RAID 技術 の基本的となるものなのでよく見ますが、残りの 「 RAID 2 / 3 / 4 / 6 」 はあまり目にすることはありません。


 な ん で ?


動作がより複雑であったり、コストがかかり過ぎてしまうためです。

なので、実際にこれらの RAID 技術 が使われていることは少ないです。

ですが、大まかなことを把握しておくと、実際に目にした時も違いがわかるので簡単に理解しておくと良いかもしれません。

では、一つずつ詳しく見ていきましょう。


RAID 2 ってなに?


RAID 2 ( レイド・ツー ) とは、


冗長コードを複数のハードディスクにまたがって記録する技術


のことです。

RAID 5 で パリティ について説明しましたが、あれと似たようなものだと考えると わかりやすいと思います。

つまり、耐障害性 が非常に高く、HDD が 2 台 同時に壊れてもデータを修復できるといった メリット があるわけです。


ただし、データを分割するときの容量単位は、セクタ単位ではなく 「 bit 」 「 byte 」 などの単位が使われます。

また、RAID 2 で使われる 冗長コード は、多ビットの誤り訂正符号と呼ばれるものが使われます。これは


エラー検出訂正 とか ECC ( Error Correcting Code )


とも呼ばれるのですが、動作が遅くて実用的ではありません。

ECC の計算は、パリティ に比べて 冗長コード を生成する計算が複雑で時間がかかってしまうので、データの書き込み速度が遅くなってしまうわけです。


さらに、容量も効率的ではありません。

RAID 2 で生成された 冗長コード は専用の HDD に保存されるのですが、元データよりもサイズが大きくなりがちなので、たくさんの HDD を用意しなければならなくなります。

たとえば、データ用の HDD が 2 台 必要な場合、冗長コード用の HDD は 3 台 必要になります。

つまり、最低 5 台 の HDD が必要になるわけです。わかりやすく、これまで説明してきた倉庫に例えると、


  • 倉庫 1 → (  A  )(  C  )...
  • 倉庫 2 → (  B  )(  D  )...
  • 倉庫 3 → (ECC-AB  )(ECC-CD  )...
  • 倉庫 4 → (ECC-'AB )(ECC-'CD )...
  • 倉庫 5 → (ECC-''AB )(ECC-''CD )...


となります。

こうした デメリット があるので、RAID 製品 で RAID 2 が使われることは ほとんどありません。

では次に、RAID 3 について見ていきましょう。


RAID 3 ってなに?


RAID 3 ( レイド・スリー ) も、


冗長コードを複数のハードディスクにまたがって記録する技術


です。

RAID 2 では 冗長コード に ECC が使われていましたが、RAID 3 では パリティ が使われています。

そのため、冗長コード は RAID 5 と同じです。


RAID 5 との違いは、データを分割するときの 容量単位 がセクタ単位 ではなく 「 bit 」 「 byte 」 単位が使われる点と、パリティ が複数の HDD にまたがって記録されずに、特定の HDD に保存される点です。

倉庫で例えると、


  • 倉庫 1 → (  A  )(  C  )...
  • 倉庫 2 → (  B  )(  D  )...
  • 倉庫 3 → (Pari-AB)(Pari-CD)...


といった感じです。

冗長コード に パリティ が使われ、データの書き込みも複数の HDD にまたがって行われるので、データ転送速度は高速になります。

最低 3 台 の HDD から使うことができ、冗長コード用に必要な HDD は 1 台 だけなので RAID 2 に比べると使用効率も高いと言えます。


ただし、複数の HDD に同時に書き込むためには 同期機能 を持ったディスクが必要なので、コストがかかるといったデメリットがあります。

また、冗長コード が一つの HDD に書き込まれるので処理速度が遅くなってしまいます。

さらに、データの分割単位も bit や byte 単位 なので、RIDE 5 に比べると高速ではありません。

そのため、RAID 製品 に RAID 3 が使われることはほとんどないわけです。

では次に、RAID 4 について見ていきましょう。


RAID 4 ってなに?


RAID 4 ( レイド・フォー ) も、


冗長コードを複数のハードディスクにまたがって記録する技術


です。

RAID 3 とほぼ同じですが、違いはデータを分割するときの 容量単位 が 「 bit 」 や 「 byte 」 が使われず、セクタ単位 で行われるという点です。

なので、RAID 3 に比べると書き込みが高速になります。


しかし、パリティは特定の HDD だけに書き込まれるので、分散して書き込みが行われません。

そのため、RAID 5 に比べると速度は遅くなってしまいます。

一方、パリティを分散して複数の HDD に書き込めるようにしたものが RAID 5 です。

現在は RAID 5 が使われているので、RAID 4 が製品に使われていることはほとんどありません。

最後に、RAID 6 についても見てみましょう。


RAID 6 ってなに?


RAID 6 ( レイド・シックス / レイド・ロク ) とは、


RAID 5 の改良版


です。

RAID 5 では パリティ が 1 つ しか存在しませんでしたが、RAID 6 では 2 つ 存在します。

つまり、同じ内容のパリティを 2 個 作るわけですね。そして、各パリティは別々の HDD に保存されます。

倉庫で例えると、


  • 倉庫 1 → (  A  )(  C  )...
  • 倉庫 2 → (  B  )(Pari-CD )...
  • 倉庫 3 → (Pari-AB )(Pari'-CD )...
  • 倉庫 4 → (Pari'-AB )(  D  )...


といった形になります。

そのため、RAID 5 に比べると 耐障害性 は高いと言えます。なぜなら、HDD が 2 台 同時に壊れても修復が可能になるからですね。


しかし、パリティ を 2 つ 作らないといけないので書き込み速度は RAID 5 よりも時間がかかってしまいますし、その分 オーバーヘッド ( 負荷 ) も増加してしまいます。

また、パリティ を保存する容量も、RAID 5 は 1 台分 で済みましたが、RAID 6 では 2 台分 必要になるので 容量効率が落ちてしまうといったデメリットもあります。

必要となる HDD の数も、RAID 5 より一つ増えて最低 4 台 となります。

そのため、基本的に RAID 5 が使われている製品が多いのですが、RAID 6 が使えるものもあります。たとえば、以下のようなものです。




用途に合わせて選んでみると良いかもしれません。

NAS については




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


その他の RAID 技術 についてはこんな感じです。

今回は ちょっと難しかったかもしれませんが、何が言いたいのかというと、RAID 製品を選ぶ際は、


  • RAID 0
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 10
  • RAID 50


の中から選べばいいということです。

「 RAID 2 / 3 / 4 / 6 」 を目にすることは ほとんどないので、わからなくても特に問題はありません。

でも、たまに目にすると


「 なにこれ・・・? 」


と 私のように戸惑ってしまう方もいると思うので、知識として 頭の隅に入れておくと良いと思います。


RAID の種類について一通り理解できたところで、もう少しだけ詳しく学んでみましょう。

次回は、『 RAID ってなに? ( 応用編 ) 』 です。


RAID を理解してみよう


  1. RAID ってなに? ( 基本編 )
  2. RAID の種類の違いと特徴は?
  3. RAID ってなに? ( 応用編 )

外付け HDD を賢く選んでみよう


  1. 外付けハードディスク ってなに?
  2. 外付けハードディスク の選び方は? お勧め




スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク